店舗からのお知らせ

まじめに、愚直に。

新型コロナウイルス感染症による臨時休業から、営業再開して2カ月弱。 感染の再拡大が予想よりも早かったため、メディアでは今もコロナ関連が取り上げられている。

先日、観たテレビは、ペスト菌についての番組。 歴史を振り返ることができ、科学も進歩しているものの、人の行動はなかなか変わらないものなのだと思った。

ペストは世界的権威であった北里柴三郎博士がペスト菌を見つけ、 日本でも感染が拡大した際には撲滅に尽力されたというお話。 ペスト菌を特定し、菌の特性も分かったものの、大黒天の使いである「鼠」の駆除に抵抗する当時の人々や、職を失うことを恐れて感染を隠す人々など、人の意識や行動を変えることから地道に始める必要があったというもの。

以下のことは、今、東京ヒアリングケアセンターが取り組んでいることと、同じと思った。

「人々の意識を変えるために、冊子で予防法の啓蒙を行い、ライフスタイルを変える。抵抗性をなくすだけの知識・理解を根気強く訴えていく。成し遂げた時、感染症の撲滅に繋がる。」

「補聴器で困っている人をゼロにしたい」というのが東京ヒアリングケアセンターの目標。 補聴器はできれば使いたくないという、人々の気持ち。そして安易に手を出すだけでは、満足した音は得られないという、一癖も二癖もある、聴力を補正する難しさ。

これらの問題に対して、オリジナルのパンフレットやWebサイトで広告性のない情報を提供し、見て触れて体験する中で今の補聴器を学ぶことができる東急プラザ渋谷店の取組み。困っている方の気持ちが「やってみようかな」と次のステップに移行したら、補聴器の検証を4つのステップで行う専門の導入プログラム。

ただ、愚直に、まじめに、今のまま、仕事に邁進して方向性は間違ってないなと思った。

本日、朝日新聞で以前に受けた取材記事が掲載され、早速問い合わせの電話が鳴った。このようなところからでも、地道に取り組んでいきたいと思う。

東急プラザ渋谷のイベント情報と特徴あるテナントについて

今回のブログは、全て東急プラザ渋谷店に関する情報です。お得な情報と他のテナント情報の2部構成になります。

お得な情報

夏得チケット

東急プラザ渋谷は本日より、全館のSALEがスタートいたしました。当店もこのSALEを踏まえて、SALE商品をご用意いたしました。当店のSALEは全店で本日から7月末まで開催するものとしております。詳しくはお知らせページをご参照ください。東急プラザ渋谷はこのセールの他に、飲食店と物販店を相互にご利用いただくことでお得な、夏得チケットというキャンペーンも同時開催しています。是非ご利用ください。

このチケットは、物販店でお買い物をされた場合に、飲食店で3,000円以上ご利用された場合に使用できる500円チケットを差し上げるキャンペーンです。飲食店をご利用された場合に、物販店で 3,000円以上ご購入された場合に使用できる 同額のチケットもございます。スタッフの提案としましては、お一人での来店でお食事も考えられている場合は、3,000円分のお食事をお一人でされるのは、なかなかハードルが高いように思います。このため、まずは、飲食店を先にお立ち寄りになってから当店にご来店されることをお薦めしたいと思います。当店では消耗品などは、場合によっては3,000円を超える場合もございますので、お得に500円チケットをご利用いただくことが可能です。是非、ご来館ください。

特徴あるテナントについて

東急プラザ渋谷にお越しになられたことはございますか。開業から半年近くが経過しました。当店以外の店舗についても情報を収集しつつ来ましたが、先日元々当店を担当いただいていた施設スタッフから、嬉しいお言葉を共有いただきました。先週末に来店されたお客様から、「この東急プラザ渋谷はいい店がたくさん入っている。見る人が見ればわかるから、安心しなさい。」と、6月1日から営業を再開したばかりで来館状況をチェックしていた施設スタッフに対して、労いのお声をいただいたそうです。

何でこんなところに、この商品が置いているのだろう・・・。とずっと思っていたテナントが1店舗あるのですが、昨日のカンブリア宮殿を観て、解消しました。Achilles(アキレス)という会社、皆さんご存知と思いますが、そう、靴の会社ですね。自分の記憶をベースに小学生用のシューズメーカーと認知していましたが、番組を観終わって思ったのは、素材メーカーという姿。靴づくりには様々な素材開発が必要で、その技術が、耐久性の高いゴムボート等にも応用されているようでした。

話を戻しますと、このテナントは当店と同一フロアにあるため、目にする機会が多いのですが、靴のテナントの一角に、ベッドが展示されているのです。昨日のカンブリア宮殿を観て知りましたが、なんと、ベッド用のウレタンマットレスでトップシェアとのこと。そういうことだったのかと、やっと腑に落ちました。是非、東急プラザ渋谷店にお越しの際には、アキレスのウレタンマットレス、店内で試用してみてください。

営業再開から2週間が経ちました

東急プラザ渋谷店に合わせて、全店の営業を再開をしたのが6月1日。本日で2週間になります。色々な想いが皆さんにあると思いますが、いかがお過ごしでしょうか。当店のスタッフは皆元気に仕事に励んでいます。

この長期の休業期間では、基本的に店舗は臨時休業としていました。しかし、休業前日にご案内しました通り、補聴器の故障等、生活に大きく支障の出てしまうご相談もいただき、何度か応対いたしました。電話は転送にしていましたので、緊急の方とそうではない方を、いただいたお電話口にて分けさせていただき、後者の方は営業再開後の只今対応させていただいています。

まだ終わったわけではないものの、既に社会は大きく変わってしまいました。補聴器関係では医療機関の対応が気がかりです。先日、お客様のご自宅周辺の耳鼻咽喉科をご紹介したところ、「勝手に紹介しないでほしい」と医療機関よりクレームのお電話をいただいてしまいました。Withコロナの中では、突発性難聴などの緊急性の高い患者以外の聴力検査はしていないとのことでした。今までは、このようなケースは無く、他の医療機関がどのように診療しているのか、確認が必要な状況にあると思いました。

「補聴器はできれば使いたくない」そう思う方は多くいらっしゃいます。ご家族が何とかやる気になってもらうようにお話して、お連れになるケースが多々あります。そのような中で、「耳鼻咽喉科を受診してから来店してください」としてしまっては、重い腰がまた上がらなくなってしまうかもしれません。当店が対象としているお客様はそのような「無関心期」の方々です。このため、一旦は来店いただき、お会いしてお話をするところから始めることを基本方針にしています。その上で、受診いただくようにしています。

Withコロナの中では、この医療機関との連携方針も含め、色々と見直しが必要なことがあります。しかし変えてはいけないことは「補聴器で困っている方をゼロにする」というずっと続けてきた信念。東急プラザ渋谷店を作ったのも、新たな角度からその問題にアプローチするためです。

いい意味の方向にも変えることが出来る。そう思って、毎日課題の解決に取り組んでいます。一人ひとり、新たな日常の在り方を考えていきましょう。補聴器で困ったことがあれば、是非お声がけください。