メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

大学名誉教授への挨拶で実感した、私の相棒の成長。

現在、大学病院にて補聴器外来を担当しています。その主担当は私の妻であり、私の右腕である、菅野沙織。今日は、この菅野沙織に関するお話です。

本日ご挨拶に伺ったのは、某大学の名誉教授。補聴器の世界では誰もが知る、権威ある先生。半年前からこの先生の患者様を担当させていただいたのですが、今日、先生より直々に「補聴器の対応に感銘を受けた」との最高のお褒めのお言葉をいただくことができたことに、私は感動を覚えました。それは、先生から褒めていただけるような良い仕事ができたことに対してでもありますが、それよりも「私の相棒」が主担当として担当させていただいた患者様であったということが大きい。病院で仕事をするという長い経験を持っていたことも功を奏したのかもしれない。

彼女は、私と同じく「補聴器を売る」という販売者の立場ではなく、まず第一に「難聴でお困りの方を補聴器で助けたい」という想いの方が強いタイプと思っています。なぜかと言えば、認定補聴器技能者という補聴器フィッティング現場では最高レベルの資格を保有しつつも、実は臨床検査技師という国家資格を持ち、日々命にかかわる仕事に向き合ってきた、医療従事者の一人だからです。「救う」という使命で生きてきたため、根っこが「物売り」の人ではないのです。

このため、中々ここまでは大変だったと思いますが、今日の先生からのお褒めの一言で、今までの努力が相当に報われたのではないかな…そう思っています。これを糧に明日からも頑張ってほしいと思います。

そして、末端の我々一人ひとりに対して、「菅野さん、何か聞きたいことはありますか?」とおおらかな物腰でお声がけいただいた先生のお姿、上に立つ者としての心構えも学ばせていただくことができました。

非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛について

本日より始まりました、「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」というイベントに、補聴器メーカーのオーティコン社と共同にて協賛をしております。

青山店では、補聴器やJust earの展示コーナーに、ポスターの掲示とチラシの設置をしております。品川大井町店でも、ショーウィンドーにポスターを掲示しております。

世界で100万人以上が参加した、日本初開催のイベントです。詳細は、当Webサイトのお知らせページ「非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛のお知らせ」をご覧ください。私が協賛を決めた想いも一部述べています。

夏の外苑前といえば「高校野球東京大会」と「神宮外苑花火大会」。

外苑前駅最寄りにある神宮球場

外苑前の夏の風物詩といえば、神宮球場で行われる「高校野球東京大会」や「神宮外苑花火大会」。高校野球西東京大会は昨日決勝が神宮球場で行われ、早稲田実業の清宮選手が注目されていましたね。敗れはしたものの、清々しく、スポーツマンとして好印象でした。まだまだ続くこれからの活躍に期待したいですね。

8月のメインイベントは「神宮花火大会」。例年土曜日開催が多かったため、補聴器相談はきちんと定時で終了し、花火の帰宅ラッシュに巻き込まれないように帰宅しないと…と、いつも思っていましたが、ここ最近は日曜日に開催している気がします。今回も日曜日(8月20日)とのこと。

今年は国立競技場が建て替えのため、いつもよりは来場者が少ないのでしょうが、とても混雑すると思います。遊びに行かれる際には、お気を付けください。

工事中の国立競技場

工事中の国立競技場。いつも青山店から車で移動する際に、神宮球場の前から国立競技場の跡地を見ると、この工事現場になぜか大きな建物が見えます。「もう何かできたの?」と、遠目では錯覚してしまうのですが、実は国立競技場の奥にある前回の東京オリンピックで使用された「東京体育館」が見えているだけなのです。時々しか通らないため、毎回ドキッとしてしまいます。どのような建物になるのか、完成が待ち遠しいですね。

店主の休日ブログ(外苑前駅隣の表参道駅周辺を散策「COS~ヨックモック~TOBICHI」)

今日は補聴器業務とJust earのJapanツアーの、束の間の休息日。
休日ですが、南青山のショップ情報を入手したので、青山周辺を散策してきました。場所は青山店の隣駅の表参道駅(東京メトロ銀座線)からすぐ近くの南青山。青山通りを境に、表参道ヒルズ方面が北青山、反対側が南青山になります。

店長休日ブログ_表参道駅周辺1

最初のお店は、まだ日本に進出して数年の「COS」というファッションブランドのショップ。
H&Mグループのハイブランドとのこと。生地が良いという話を聞いていましたが、噂通り、低価格ながら、気持ちの良い肌触り。Just ear開発責任者の松尾さんも好きそうな雰囲気のお店だったので、Just earオーナーには青山店に来たついでに、ぜひお勧めしたいスポットだと思いました。

店長休日ブログ_表参道駅周辺2

特に今は50%OFFのバーゲンセール中。私には袖丈が合わないブランドのようで、気に入ったシャツは買えなかったのは残念。。。「青山でファッションの買い物」と考えると少しハードルが高く感じるかもしれませんが、入りやすい価格なのでお勧めです。若い世代からご年配の方まで幅広いお客様が来場していました。

店長休日ブログ_表参道駅_ヨックモック

休憩をしようと入ったカフェは、COSの向かいにある、有名店「ヨックモック」。
デパートの洋菓子コーナーではおなじみのあのブランドの本店です。青山繋がりで、補聴器のお客様から時々非売品のチョコをいただきます(とても美味)。あいにく、今日は満席のため休憩はできませんでしたが、代わりに食べ歩き用として買ったのは、定番商品「シガール」のアイスタイプ。

表参道駅_ヨックモックのシガールアイス
初めて食べましたが、暑い日には、とても良いお味でした。
息子もアイスを完食。

表参道駅周辺_tobichi

最後に向かったのは、最近スマホを入れ替えた際に、いつの間にかにインストールしていた「ほぼ日」のアプリで存在を知った「ほぼ日」のリアルショップである「TOBICHI」。表参道側を背にして、COSとヨックモックの道をそのまま進み、根津美術館を左折して少し歩くとあります。(ちなみに、左折せずに右折をすると、BLUE NOTE TOKYOがあります。)
事前に知らなければ、素通りしてしまいそうなところにありました。まるで私の店舗である青山店のような。

表参道駅周辺の路地
「TOBICHI」の横にある、路地が、絶妙に良い雰囲気を出しており、何もないかもしれないけれど、歩いてみたいそんな道でした。
そう、青山店も店前の一本道(熊野通り)に何とも言えない良い雰囲気を感じていたため、「マーケティング戦略」などビジネスライクな思想を抜きにして、誘われるように移転を決定した経緯があります。

最後の締めとしては、青山界隈はとても雰囲気が良いことを再認識したということ。
特に何もないかもしれないけれど、散策したい気にさせる路地を歩きに、また散策したいと思います。南青山は青山店最寄りの外苑前駅からでも歩ける距離に色々とショップがありますので、ぜひご来店の際に散策してみてください。

補聴器のお客様と長いお付き合いがしたい

今日一日の整理をするために、最近行きつけのカフェに今夜も立ち寄りました。同じカウンターに居た先客2組から「30年」という声が…。「やっと連れてきてくれたの。」と老夫婦のご婦人の声。マスター曰くご主人が30年通い詰めているそう。遠くの先客もまた帰り際に、「30年ぶりに来ました!」とのこと。30年前にアルバイトをしていた方が友人のお兄さんで当時通っていたのだとか。「30年」という偶然の繋がりで、このお店の良さを納得。

私の店である青山店はまだ12年目に入ったところ。まだまだではありますが、同じように補聴器の相談や点検などで通い詰めている方もいる一方、数年ぶりにお越しになる方、かなりしばらくお会いしていない方など色々なお客様がいらっしゃいます。

ライバルの良さをぼやかして市場を乗っ取るのは営利企業の常套手段であり、最近の補聴器業界でもそのような風潮を感じつつありますが、30年も通う常連さんがいるということは、きっとブレない哲学がこのお店にはあるのでしょう。
このお店のように、当店も貫いてきた「本質思考」を更に追求していきたいと思いました。

居心地の良い店。当店もそうなれたら嬉しい。

カフェ

これから先のことを見据えて、只今生活習慣の改善に挑戦しています。今年の誕生日に大好きなお酒とコーヒー、そしてその他諸々の余分なものを全て断ち、ちょうど今日で3か月になりました。考えごとをする時は決まって、一人で夜にバーでお酒を飲みながら…が常でした。お酒をやめてしまったことから、考えを整理する場所を探していたのですが、今日とても良いお店に巡りあいました。そのお店との出会いから、本日のお客様のことを考えてみました。

今日私が見つけたカフェは、こんな街に、こんなお店が…というものでした。正直なところ通過するだけのところとしか思っていなかった駅の近くに、偶然にも自分の感覚にピッタリとマッチするお店がありました。Webサイトでたまたま見つけて、何となく好きそうな予感がして…。

おそらく、当店に補聴器の相談で来店されるお客様も、きっとそういう「何かの予感」を感じて来店されるのかなと、ふと思いました。私が今夜のカフェで体感したように、「思った通り」そう思ってもらえたら、この上なく嬉しいです。

今日は補聴器相談のご要望で、難聴の若い女性がWebサイトを見てお越しになりました。女性どおしということで、私の右腕(私の妻)に応対を任せましたが、お客様の驚きの声や満面の笑みを時折拝見し、きっと「思った通り」、もしかしたら「それ以上」と感じていただけたのではないかと思いました。

全ての難聴の方ではなく、当店の補聴器を必要としているお客様に出会えるように、このWebサイトは運営していますが、明日もまた、そのようなお客様に出会えたら嬉しいです。

遺伝性難聴に対する補聴器フィッティングの検証

耳鼻咽喉科の先生からのご紹介で、現在、遺伝性難聴の患者様に対して、補聴器の装用効果を検証しています。

当初、聴力からは補聴器で効果を出すには、難しいとの見立てもありました。しかしながら、実際に補聴器を装用し、青山店の測定室にて詳細に分析をしてみたところ、聞き取りやすくなる可能性はあることが分かりました。

先日は補聴器をお貸出しし、本日はその補聴器の貸出し効果を確認するために、再度ご来店いただきました。長期間聞こえていなかったため、違和感はまだあるご様子。でも、補聴器の効果も感じていらっしゃるとのこと。補聴器の音の調整方法を見直しましたので、きっと上手く使いこなせるのではないかと思っています。

補聴器は購入するまでに、7年程度の期間を要するとも言われています。ご自分の難聴を受け入れることから始まり、補聴器を使うことを受け入れ、その補聴された音も受け入れる…いろいろなことを受け入れるまでには、どうしても時間がかかります。この方も、最初のきっかけからは、かなりの年数を要していました。

今回はお仕事のために至急、補聴器を必要とされているため、この患者様に「よし、使ってみよう!」と思ってもらえるように、サポートをさせていただきたいと思っています。

本日、青山店は11周年を迎えました。

先週の月曜日に会社創立22周年を迎え、本日は青山店開業11周年を迎えました。

22周年を両手で表現してみたら・・・何だか幸せな気分が増します。11周年を両手の親指で表現すると・・・気分が良いです。縁起の良い日を無事に迎えることができたのは、お客様、医療関係者様、ビジネスパートナーの皆様のご支援ご協力のおかげです。そして、良いスタッフと共に仕事ができているからでもあります。

日々様々なことが変化しておりますが、その変化を受け入れ、取り込み、楽しむようにしています。

今年は変化の年。テイラーメイドのイヤホン事業は、いち早く変化が始まりましたが、補聴器事業も今年は変えていきます。

「難聴と音楽」をテーマとした番組のご紹介

補聴器のことでお一つご紹介したい情報を入手しましたので、お知らせいたします。まず、お知らせの前置きとして一言、「イヤーサポーター」という名称のお話を。。。

当店では補聴器のことを「イヤーサポーター」と呼んでいます。難聴になっていても、「補聴器」を使うことに躊躇されている方はとても多くいらっしゃいますが、その原因の一つにネーミングもあるのではないかと以前から思っていました。そんな中、音楽家の宇崎竜童さんと知り合ったのが5年ほど前だったかと思います。無謀にも「補聴器のイメージを変えたいのですが、補聴器に変わる何かいい名前はないでしょうか…」と無茶なお願いをし、色々と考えていただいた後、「イヤーサポーター」という名称をいただきました。しかも、楽譜用の五線紙に筆でロゴもしたためていただきました。

宇崎竜童さんとは、ご自身の母校であり、総合プロデュースをされている明治大学の音楽祭「お茶の水JAZZ祭」に毎年協賛させていただくなど、今も親交があります。なぜ、イヤーサポーターや宇崎竜童さんのことをブログに書いているのかと言いますと、そんな宇崎さんが、「難聴」をテーマにしたテレビ番組に出演されることが分かったからです。本日18日(土)の夜です。

もしご自宅にいらっしゃれば、ぜひご視聴いただければと思います。30代からずっと難聴ととも生きてこられた宇崎さんのお話はきっと皆さんにも何かの参考になるかと思います。ちなみに、イヤーサポーターについてはこちらで写真付きでご紹介しています。

~以下、NHK ONLINE番組ホームページより抜粋~

  • 放送日時:3月18日(土)午後8時45分~9時 NHK Eテレ
  • 番組名:ろうを生きる 難聴を生きる
  • 今回の放送:僕の音楽は難聴とともに 宇崎竜童

歌詞が流行語になるほどのヒットをとばした宇崎竜童さん。妻の作詞家・阿木燿子さんとのコンビで数多くの歌手に楽曲を提供してきた。実は30代のころから両耳の難聴に悩んできた。テレビの生放送で司会者の質問が 聞き取れなかったり、俳優の仕事で相手のセリフが聞こえづらくなったりした。そのため、30代から補聴器を使い始めた。宇崎さんに難聴と長年つきあいながらも音楽とともに生きてきたその思いを聞く。

耳の日つながりの東京ヒアリングケアセンターのお話

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマーク

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマークに関するお話。

昨日は3月3日。補聴器業界では耳の日といいます。語呂合わせですね。実は日本だけではなく、海外でも耳の形が数字の3に似ていることから耳の日なのだそうです。WHO(世界保健医療機関)では、3月3日を”World Hearing Day”と制定しているとのこと。

そこで今日は昨日の耳の日にちなんで、東京ヒアリングケアセンターにまつわる、「耳」のお話を書いてみます。東京ヒアリングケアセンターにお越しになったことのあるお客様は、Etというシンボルマークを目にされていますね。「このマークはどういうものなのですか?」と時より質問を受けます。

これは「補聴器」という言葉が好きではない私が、日本を代表する著名なデザイン会社さんに制作いただいた当店を表すシンボルマークになります。かじられたリンゴのマークを見れば何の店かわかるような…というものです。

補聴器は必要ではあっても、なかなか率先してつけようという方は極少数派。それはデザイン云々ではなく、「補聴器を使う人=自分の理想としない高齢者像」というネガティブな印象に紐づけて捉えてしまうことに原因があります。そこで、私は青山店を開業してすぐに、大胆にも新たな試みを行いました。それは「補聴器」というキーワードを可能なまで最小限の使用に留めるという試みです。現在でもそうかもしれませんが、当時は「補・聴・器とおじいちゃん、おばあちゃん」という「The ご老人イメージ」を前面に宣伝活動をすることが日本ではスタンダードで大多数でしたので、補聴器メーカーさんからは、驚きと反発を買いました。

しかし、東京で青山以外に住む者としては、「青山」という地には格別な畏敬の念を抱きます。他の地域で行っている普通のことをやっては「青山」に失礼だなと。もう10年以上も青山にいるため、純粋な外の人の感覚は薄れてきていますが、青山店の開設時には、「あの青山に店を!?」とたじろいだものです。

「当店を必要とする困っている方々を救えるならば、いたずらに数は追わない。」そう切り替えることにしました。とはいえ、「補聴器」というキーワードを前面に出す他店の脅威が迫る中、この決断と継続には相当な覚悟を要します。

その代わりに、当店のことを知っていただいた方とは、きちんとコンタクトをとれるように共通の認識となるマークでコミュニケーションをすることにしました。それがEtというシンボルマークです。これは何かというと「&」のルーツになったラテン語で、人と人をつなぐための記号であったそうです。現在でもフランス語や研究論文などで使われているのを、よく見かけます。

当店が人と人を「つなぐ」ための仕事をしていること、対面で親身にご相談をお受けしていること。そして、Eが耳の形に似ていること、EarのEでもあること、tは活動の拠点となるTOKYOのtであること。さらに、Earにプラスになるものを付けるという意味の「+」が隠れていること。ネガティブな要素は一切排除しつつ、私の思い入れを具現化していただいた、大切なシンボルマークになります。社外から反発は買いましたが、あの時の決断は、今も青山の地で活動を続けていられる原動力になっています。

このブログをお読みいただいたあなたとも、言葉ではなくシンボルマークだけで繋がることができたならば、当初の目的は成就したことになります。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook