メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

日本の補聴器技能者に対する私見と、自らのプロフェッショナリズム

IHS10年のお祝い

アメリカの聴覚団体の海外会員となって10年。お祝いの賞状が届き、なぜ入会したのだったかなと、その経緯を振り返ることにしました。

10年前…青山店を立ち上げて2年の年。色々な課題を抱え、その克服に挑戦をしていた頃になります。少しでも先進の情報を取り入れたいと、海外情報の入手に積極的になっていた頃でした。やりたいことはあっても、日本ではできない、医療行為とのグレーゾーンでやらない方が…色々なしがらみを感じている頃でした。…

「補聴器の満足度が海外に比べてとても低い」…その原因を一緒くたに「販売店の対応の悪さ」とまとめられてしまうのは、今も昔も変わりありません。確かに、お客様が正しく使えるかを別にして、販売することに主眼を置いた販売店があるのは現在も同じです。街のお店で購入された補聴器が全く調整不足である補聴器使用者を目にすることもあります。それが、適当にあしらわれてしまっているケースであることも多分にあります。先日、大学の補聴器外来を担当している中では、対応はきちんとしているものの知識がないために、的外れなサポートをし続けてしまっている兼業店の患者様の対応をしました。全て一から再設定をしたのですが、おそらく、私が対応した後に購入店に戻っても適切な対応は受けられないと判断し、この患者様については、外来で私が以後も継続してサポートすることにしました。…

しかし、これらの問題の根幹にあるのは、販売店ではなく、どこでも販売できてしまう日本の技能者のポジションの低さが原因と考えています。その職業の権限も、その権限を基に生まれる責任も、どちらもあいまいです。日本で補聴器を扱う主たる者は、販売店に在籍する補聴器技能者です。その技能者の調整のさじ加減一つで、全く別物の補聴器になってしまうのが補聴器の怖いところ。しかし、そのような大変な責任のある職業でありながら、適切な技能を学ぶ場もなく、学位も、国家資格もありません。認知度が高いとは言えない業界資格のみが唯一の資格となり、その習得過程でのわずかな学びの場が唯一確立されている教育課程となっています。しかし、その資格が無くても、販売が出来てしまうのが日本の現状です。アメリカにおいては、日本の補聴器供給システムが「適切に販売が行われないことで満足度が低い例」として、紹介されてしまう程です。

意識の高い人が個人で積極的に学びに出かけ、日々の応対から研鑽を積む以外には道がない。基礎や応用力をしっかりと学ぶ場が無いのです。そして頑張ったとしても、職業的地位は低い。真に困っている人の助けになりたいプロフェッショナリズムのある人や店でしか、プロの観点から補聴器による聴覚ケアは受けられません。

この数十年、業界の幹部の方々が、積極的に国家資格化に向けて努力されていますが、それは未だ、日の目を見ていません。しかし、医療界からは統制による抑圧を年々感じています。これは不適切な業者の排除という面の底上げにはとても効果的ですが、更にもう一歩先の可能性の追求という点においては、難しさを感じます。医療界からの統制を考慮すると、どうしても医師の顔色を考えなければならず、やりたいことでも、やるべきではない…という考えが生まれてしまうためです。やはり、真にプロフェッショナリズムのある技能者を増やすには、外部からの統制を受けるばかりで規律するのではなく、独立した権限と責任のある地位を獲得、技能資格の地位向上、そして自浄作用の働く組織等を確立することが欠かせないと考えます。

この秋から新しい試みとして、全国のソニーストア(直営店)にて「イヤホン装着感トークショー」というものを私が行っています。医師によるメディア露出は多くあれども、認定補聴器技能者が業界外で表に出る機会はそう多くありません。「イヤホン」主体のため、補聴器について語ることは多くないのですが、資格を話し、プロフェッショナリズムを核として壇上に立つようにはしています。明日のソニーストア銀座での公演が今年の最終回。気を引き締めて、補聴器技能者として恥じない振る舞いをしてきます。

現在は、業界の関連団体が行う講習や指針が増えてきていますが、まだあまり情報の少なかった10年前に、何らかの参考にしたいと思い入会したのが、このアメリカの団体。今も昔も問題に変わりはありませんが、自らは変わらず襟を正して、プロフェッショナルとしての仕事に邁進していくことを、改めてここに記しておきたいと思います。

補聴器技術を高めさせてもらった、あなたとの出会い。そして別れ…。

一般的には、補聴器は買い替えを続けて、長いお付き合いになるのですが、その期間は短くあるべきというのが、補聴器業界のごく当たり前の常識。「どんどん買い替えを提案していかないと」と良く勧められるのですが、性格上、そういうことはできず、一度お作りさせていただいた補聴器を長く大切に使っていただきたい、そう思っています。

補聴器技能者という仕事の宿命、それはご高齢の方が、主なお客様のため、年単位でお付き合いを重ねる中で、良い関係を築けて良かったと思っていた矢先に、その方の天命が来てしまい、突然の別れを迎えるというもの。すごく、辛いです。

昨日も、突然の訃報に、肩を落としました。何となくお元気が無いように見えてはいたものの、まさかと…。

このお客様はかなり特別な方。聴力データやお耳の状態、客観的に考えれば、この一択。そういう選択肢しかないお耳でした。しかし、それを選んだ場合、その方のお仕事でその補聴器は使えないことを意味しており、総合的に考えれば、何とか別の方法を模索したいというものでした。そんな中、当店のお客様からのご紹介で来店されました。

医療機関から紹介された補聴器専門店での試聴結果や提案された補聴器は、特におかしくはありませんでした。前述の通り、客観的に考えれば、適切。でも・・・その方のお仕事を考えれば、私としては「あり得ない」選択でした。

とはいえ、他の提案を模索できるほど、選択肢のあるお耳でもなく…。

今になって思えば、良くひらめいたなと思いますが、「この手法を実現すれば、不可能を可能にできる。」ピーンと、アイデアが頭に浮かんだのですね。通常の補聴器技能者ではありえない方法を編み出して、補聴器を製作しました。かなりトリッキーな作り方になるため、ご本人に説明し製作意図へ同意いただき、メーカーの設計者にも頼み込み製作に漕ぎ着けました(一度は跳ね返された記憶がありますが…)。

どうして、あんなトリッキーな手法を思いついたのだろうと、想いを巡らせてみると、それは、私が補聴器だけでなく、テイラーメイドのイヤホンの仕事に、かなり、のめり込んでいたからだと思います。一般のお客様から、著名アーティストまで、年間最高1,000人の耳型を採取したりして、耳の特徴が嫌でも体に刻み込まれました。たった一度の結果のみが求められる言い訳が通用しない現場も経験しました。そんな経験が活かされ、「この方法を使えば、いいんじゃないか」と、後にも先にも、このお客様のために考案した技法を実施しました。

「小さい耳に小さな耳あな型補聴器を作る。」これは、かなり非現実的ですね。でも、それをこのお客様では実現できた。私の経験を総動員したからこそ、できた。そして、喜んでいただけた。一般的な医療機関を通したルートでは解決できなかった課題を、プライベートで紹介を受けて、対応できた。…痛快でした。

後にも先にも、この方だけのために行った技法により、出来上がった世界に一つの目立たない補聴器。広告宣伝で活用される「小型」や「目立たない補聴器」などが一蹴できるほどの、完成度。自分にとっては「作品」と呼んでも過言ではない出来上がりであったため、もっと使っていただきたかった…。でも天命には抗えませんね。

故人には…、どうぞ安らかに…、そして、私に技術を高める機会を与えてくださったことに感謝し、今夜のお酒は、献杯です。

一人ではない

先週末、数カ月ぶりにお会いしたのは突発性難聴で担当させていただいていたお客様。片耳のみ、聞こえにくくなり、その支えとなる補聴器の作成を担当しました。

使い始めは、仕事の間に使用していると、疲れてしまい、夜はバタンキューになっていたとのこと。音が入ってくることに脳が慣れるまで、時間がかかったのかもしれません。今では、突発性難聴になる前と同じくらいの感覚になったとお聞きできたこと、とても嬉しかったです。なぜかと言えば、私も突発性難聴の経験者だから。同じ境遇の人を救えてよかったなと。

私の場合は2度、突発性難聴になりましたが、幸いなことに、どちらの時も元通りに近い状態に戻ることが出来ました。私の突発性難聴では、片耳から入る全ての音が、扇風機の前で声を発した時のような、震える音に聞こえてしまう症状でした。この仕事をしていたからこそ、初期症状に、とっさに気づいたのかもしれません。なんとも言えない状態でした。
一度目は翌日すぐに耳鼻科の先生に診てもらったので、すぐに復活しましたが、二度目は新規事業の立上げ等も重なり全く自分を優先することが出来ず、治療を開始出来たのは少し時間が経ってからでした。
その結果、一度目のようにすぐに治ることは無く、時間を要しました。耳鳴りは残ってしまいましたが、何とか聴力は元通りに戻りました。この時も、耳鼻科の先生が支えとなってくれました。

治るのが一番ですが、そうならない方が多いのかもしれません。私の所にいらっしゃるのは治らなかった方だけなので正確な数値は分かりませんが。そういう時に一番に頼りになるのは、私達、補聴器技能者。そう胸を張って言いたいところですが、なかなか補聴器では救えないことも多いのが現状です。悪くなりすぎては補聴器では意味を成さないこともあるからです。

しかし、先週末のお客様は救うことができた。しかも、突発性難聴になる前と遜色ない状態に。彼にとっては、きっと私達のの存在が大きな支えになったのではないかと、もしくは、そうであればよいなと、そう思いました。

困ったときは相談してほしい。万が一かもしれないけれど、私たちがあなたの助けになることができるかもしれないから。

補聴器からJust earまで、ドラマチックな1週間

先週は前半部分で今年のテーマに合致する解決すべき課題が見えてきた反面、後半は今まで取り組んできたことへの良い効果が感じ取れた、そんな1週間でした。

本当に色々なことが起きましたが、1つ挙げるとすれば、補聴器メーカーを退職された方から、補聴器相談を希望されている方をご紹介いただけたことです。あり得ないこともないお話…かもしれません。しかし、メーカーの方々は、全国の補聴器専門店のことを、良い面も悪い面も理解されています。特に、長年業界にいて、何メーカーもの所属経験があり、上層部にもいた業界の重鎮の方であれば…。今回はそのような「重鎮」の方からのご紹介でした。

現役中であれば、「自社のものを販売してほしいから…」など、ご紹介いただける理由は理解できます。しかし、引退された今であれば、そのような必要はありません。むしろ、以前ブログで書きましたが、紹介する場合は、デメリットも生じます。そのため、「売ってくれるだけの店」にはご自分の信用に傷がついてしまうリスクもあり、安易には紹介はされないと思います。

現役中に深い親交があったのであれば、紹介しやすいという理由で、ご紹介もあり得ると思います。しかし、退職後にお会いする機会はあったものの、現役当時に深い交流があったという間柄ではありませんでした。そのため、カルテに書いていただいたご紹介者名には、驚きを隠せませんでした…。

ご近所のお客様であれば理由は分かるのですが、ご来店には1時間以上もかかる遠方のお客様であったので、こちらも普通ではありません(青山店のお客様という点では、高速道路や新幹線をご利用されるお客様もおり、割と「近距離」のお客様ではありますが…)。お住まいと青山店の間には、いくつもの補聴器専門店がある中、そこを飛び越えて、わざわざご紹介いただいたわけです。

理由がわからなかったので、「ご紹介者の方は当店について何かお話されていましたか?」とお聞きしたところ、「補聴器は調整次第。この店には腕のいい人がいるから。」と紹介理由をお話されたとのことでした。

その一言を聞き、真摯に難聴と補聴器に向き合ってきてよかったなぁ…と思いました。最近はお酒をまた飲むようになりましたが、その日のお酒が格別に美味しかったのは、言うまでもありません。このところ、信頼していた方々が相次いで引退や転職をされてしまったのですが、この方々ともこのような良い再開が出来ればと思いました。

補聴器とJust earとノーマライゼーション

「ヒアラブルからノーマライゼーションの実現へ…」
今回はイヤホンやJust ear、補聴器にまつわるお話です。

このところ、イヤホン周辺で起きている変化について、補聴器屋として感じるところは、イヤホンが段々と「補聴器に近づいている」ということです。
「ケーブルレスの充電式イヤホンを耳に入れるだけ」「イヤホンと同じ形の集音機が大手メーカーから登場」など、行きつく先は、耳に何かを入れている「ヒアラブル社会」ではないかと思っています。
補聴器はかなりの変革を遂げているものの、「障害や老いを認める器具」として見られてしまい、補聴器を必要とする難聴者が使うには、なかなかのハードルがあります。
しかし、音楽用イヤホンの力で「ヒアラブルな時代」に社会が変われば、補聴器を入れることへの抵抗が、ぐんと低くなるのでは…そう思っています。
「イヤホンが補聴器に似た機能を持ってしまったら、菅野さんには脅威では?」と、時々質問されるのですが、むしろ歓迎だと答えるようにしています。
補聴する器具を使う方が増えれば、「医療機器の補聴器」を使う方も必然的に増えていくのですから…。

障害を持つ人と持たない人が平等に生活する社会を実現する「ノーマライゼーション」という考え方が福祉の分野にはあります。
Just ear事業を青山店で始めるにあたり、開発責任者の松尾さんからは「補聴器のお客様に迷惑にならないか」とご心配いただきましたが、私にはこのノーマライゼーションの考えがあったので、むしろ歓迎であることを伝えた経緯があります。実際には色々なハードルがまだあるのですが、解決方法をつかめているので大丈夫だと思っています。

今回のブログは、先日配信のメルマガにて書いたものです。カスタムイヤホン(カスタムIEM)という新しい事業に取り組んでいるのは、ヒアリングケアに関わる事業領域の拡大という側面もありますが、根底にはこの「ノーマライゼーションへの挑戦」という想いがあることを知っていただきたく、ブログにも転載することにしました。「安く販売する」という安直な方法ではなく、どうしたら補聴器をもっと使ってみよう、補聴器の相談に行ってみようと思ってもらえるのか…根本を変えるために、日々試行錯誤をしながら、挑戦し続けています。

頼られる仕事に、やりがいを感じる。

東京ヒアリングケアセンターの補聴器のお客様は、とても困って来店される方が多い。ほとんど「広告」というものをしていないため、なかなか簡単には、お店に辿り着きません。大体がご紹介によるものです。

今日のブログは、最近いただいた、この「ご紹介」に関するお話です。

今日お電話いただいたお客様からのご紹介

最初にお会いしたのは、もう8年以上前ではないかと思います。この方も、青山店開業前より担当させていただいているお客様からのご紹介でご来店されました。「奥様」繋がりのネットワークです。

このお客様から、本日電話が入ったのは資料を一式送ってほしいというものでした。「知り合いのご家族が補聴器を買ったものの、合わなくて外出しないようになってしまった。あなたの補聴器は調子良さそうだから、紹介してほしいと言われて…。」とのこと。少し遠方になるため、通うのは大変になることをお話しても、行きたいと仰られたそうで、まずは資料をお渡しするということになりました。

ある方には良い効果が出ても、別の方にも同じ効果が出るとは限らないのが、補聴器の難しいところ。でも、何らかの理由で、補聴器の効果を正しく感じられていなかっただけで、良い効果を得る可能性がある方が多くいることも事実。遠くても補聴器の相談に伺いたいと仰っていただいているこの方が、後者であることを願いつつ、万全の状態でご相談に臨みたいと思いました。

先週ご紹介いただいたお客様は、経済界で要職を務められた方。

以前にも、ビジネスマンであれば誰もが知る程の人をご紹介いただいたこともあります。今回もそのような方をご紹介いただくこととなりました。著名な方を担当させていただくことも多く、以前はそのこと自体に喜びを感じる時もありましたが、現在は著名な方を担当すること自体には、特段の喜びはありません。

それよりも、そのような方々は一流の仕事に普段から触れており、独自の物差しをお持ちです。紹介をする場合、万が一には相手に迷惑をかけることもあります。このため紹介をするに値すると判断しない限り、闇雲には紹介いただけるものではないと思っています。特に、補聴器のように効果が不確かな製品の場合には…。厳しい審美眼をお持ちの方に、「紹介するに値する相談先である」と、信頼をいただけていることに、今は喜びを感じます。

このような困っている方々の役に立つ仕事ができることに、とてつもなく、日々、やりがいを感じるのです。

今年一番の小型補聴器が完成

本日最後のお客様は超小型の耳穴型補聴器のフィッティング。結果は想定通りの仕上がりで今年一番の小型補聴器になりました。
このお客様には一度補聴器を納品済みでしたが、気になる点が数点あり、作り直しをさせていただくこととしました。「この機能を省くことで、もっと小型にしてほしい。」、「取っ手の位置は目立たないように、こちらの場所に…。」

メーカーの製作担当者には、きちんと状況を伝え、改善してほしいポイントを伝える。当たり前のことですが、修理依頼書という「一枚の紙」だけでは、お客様と接する技能者が感じとる「肌感覚」を製作担当者に伝えることはできません。特にギリギリの限界まで追い込んだものを作らなければならない時は…。

結果はこれ以上は不可能と断言できる、目立たなさに補聴器が仕上がりました。最後に店舗ならではの、私のフィッティングノウハウで二つの手間をかけ、更に完成度を高めて、納品完了。

なぜここまで手間暇をかけたかと言いますと、撮影にご使用されるお客様のため、目立つことはNGだからです。著名人を担当させていただく場合は、納品後はテレビ越しに見えるお耳を、ついつい観察してしまいます。今回は、全く撮影に影響が出ない仕上がりになっていると、確信できる補聴器になりました。お客様には営業時間外に、長時間お付き合いいただくことになりましたが、私個人としては大満足の結果となりました。

お客様に笑顔で喜んでもらえると、とても励みになります。

補聴器のプロフェッショナルとして

今夜は久しぶりに映画を観た。とても良いプロフェッショナルな仕事に、感動した。

なぜ久しぶりに映画を観たのかと言えば、今日の仕事の出来がとても良い…といえる結果にはならなかったから。そんな日には、プロとしての自分を見つめ直すために、プロの技を感じるようにしている。いつも間違いのない仕事をし続ける料理人の仕事を見る、食す。前例のないことにチャレンジしている事業家の本を読む…など。これらは、今日満足できなかった仕事に対して(もちろん満足できた仕事に対しても)もっと更に良いことができたのではと、思索する手助けになってくれる。
もちろん、今日もできうる限りのことを行い、最善は尽くした。しかし、結果としては大きく満足のいく効果を出すことはできなかった。なぜかと言えば、補聴器は万能ではないため、その効果はお客様ご本人の聞き取る能力に大きく依存するから。お客様の能力に大きな限界が生じている場合、どうしようもないのが現実。
でも補聴器をお客様のお耳に的確にフィッティングするのは天職であり、使命であると考えているため、明日もまた更に良いプロフェッショナルの仕事をしたいと思う。
ここ最近は特に、多くの方を救うことができていると大きな実感を感じているため、更なる技能の研究に邁進したい。

大学名誉教授への挨拶で実感した、私の相棒の成長。

現在、大学病院にて補聴器外来を担当しています。その主担当は私の妻であり、私の右腕である、菅野沙織。今日は、この菅野沙織に関するお話です。

本日ご挨拶に伺ったのは、某大学の名誉教授。補聴器の世界では誰もが知る、権威ある先生。半年前からこの先生の患者様を担当させていただいたのですが、今日、先生より直々に「補聴器の対応に感銘を受けた」との最高のお褒めのお言葉をいただくことができたことに、私は感動を覚えました。それは、先生から褒めていただけるような良い仕事ができたことに対してでもありますが、それよりも「私の相棒」が主担当として担当させていただいた患者様であったということが大きい。病院で仕事をするという長い経験を持っていたことも功を奏したのかもしれない。

彼女は、私と同じく「補聴器を売る」という販売者の立場ではなく、まず第一に「難聴でお困りの方を補聴器で助けたい」という想いの方が強いタイプと思っています。なぜかと言えば、認定補聴器技能者という補聴器フィッティング現場では最高レベルの資格を保有しつつも、実は臨床検査技師という国家資格を持ち、日々命にかかわる仕事に向き合ってきた、医療従事者の一人だからです。「救う」という使命で生きてきたため、根っこが「物売り」の人ではないのです。

このため、中々ここまでは大変だったと思いますが、今日の先生からのお褒めの一言で、今までの努力が相当に報われたのではないかな…そう思っています。これを糧に明日からも頑張ってほしいと思います。

そして、末端の我々一人ひとりに対して、「菅野さん、何か聞きたいことはありますか?」とおおらかな物腰でお声がけいただいた先生のお姿、上に立つ者としての心構えも学ばせていただくことができました。

非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛について

本日より始まりました、「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」というイベントに、補聴器メーカーのオーティコン社と共同にて協賛をしております。

青山店では、補聴器やJust earの展示コーナーに、ポスターの掲示とチラシの設置をしております。品川大井町店でも、ショーウィンドーにポスターを掲示しております。

世界で100万人以上が参加した、日本初開催のイベントです。詳細は、当Webサイトのお知らせページ「非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛のお知らせ」をご覧ください。私が協賛を決めた想いも一部述べています。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook