メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

頼られる仕事に、やりがいを感じる。

東京ヒアリングケアセンターの補聴器のお客様は、とても困って来店される方が多い。ほとんど「広告」というものをしていないため、なかなか簡単には、お店に辿り着きません。大体がご紹介によるものです。

今日のブログは、最近いただいた、この「ご紹介」に関するお話です。

今日お電話いただいたお客様からのご紹介

最初にお会いしたのは、もう8年以上前ではないかと思います。この方も、青山店開業前より担当させていただいているお客様からのご紹介でご来店されました。「奥様」繋がりのネットワークです。

このお客様から、本日電話が入ったのは資料を一式送ってほしいというものでした。「知り合いのご家族が補聴器を買ったものの、合わなくて外出しないようになってしまった。あなたの補聴器は調子良さそうだから、紹介してほしいと言われて…。」とのこと。少し遠方になるため、通うのは大変になることをお話しても、行きたいと仰られたそうで、まずは資料をお渡しするということになりました。

ある方には良い効果が出ても、別の方にも同じ効果が出るとは限らないのが、補聴器の難しいところ。でも、何らかの理由で、補聴器の効果を正しく感じられていなかっただけで、良い効果を得る可能性がある方が多くいることも事実。遠くても補聴器の相談に伺いたいと仰っていただいているこの方が、後者であることを願いつつ、万全の状態でご相談に臨みたいと思いました。

先週ご紹介いただいたお客様は、経済界で要職を務められた方。

以前にも、ビジネスマンであれば誰もが知る程の人をご紹介いただいたこともあります。今回もそのような方をご紹介いただくこととなりました。著名な方を担当させていただくことも多く、以前はそのこと自体に喜びを感じる時もありましたが、現在は著名な方を担当すること自体には、特段の喜びはありません。

それよりも、そのような方々は一流の仕事に普段から触れており、独自の物差しをお持ちです。紹介をする場合、万が一には相手に迷惑をかけることもあります。このため紹介をするに値すると判断しない限り、闇雲には紹介いただけるものではないと思っています。特に、補聴器のように効果が不確かな製品の場合には…。厳しい審美眼をお持ちの方に、「紹介するに値する相談先である」と、信頼をいただけていることに、今は喜びを感じます。

このような困っている方々の役に立つ仕事ができることに、とてつもなく、日々、やりがいを感じるのです。

今年一番の小型補聴器が完成

本日最後のお客様は超小型の耳穴型補聴器のフィッティング。結果は想定通りの仕上がりで今年一番の小型補聴器になりました。
このお客様には一度補聴器を納品済みでしたが、気になる点が数点あり、作り直しをさせていただくこととしました。「この機能を省くことで、もっと小型にしてほしい。」、「取っ手の位置は目立たないように、こちらの場所に…。」

メーカーの製作担当者には、きちんと状況を伝え、改善してほしいポイントを伝える。当たり前のことですが、修理依頼書という「一枚の紙」だけでは、お客様と接する技能者が感じとる「肌感覚」を製作担当者に伝えることはできません。特にギリギリの限界まで追い込んだものを作らなければならない時は…。

結果はこれ以上は不可能と断言できる、目立たなさに補聴器が仕上がりました。最後に店舗ならではの、私のフィッティングノウハウで二つの手間をかけ、更に完成度を高めて、納品完了。

なぜここまで手間暇をかけたかと言いますと、撮影にご使用されるお客様のため、目立つことはNGだからです。著名人を担当させていただく場合は、納品後はテレビ越しに見えるお耳を、ついつい観察してしまいます。今回は、全く撮影に影響が出ない仕上がりになっていると、確信できる補聴器になりました。お客様には営業時間外に、長時間お付き合いいただくことになりましたが、私個人としては大満足の結果となりました。

お客様に笑顔で喜んでもらえると、とても励みになります。

補聴器のプロフェッショナルとして

今夜は久しぶりに映画を観た。とても良いプロフェッショナルな仕事に、感動した。

なぜ久しぶりに映画を観たのかと言えば、今日の仕事の出来がとても良い…といえる結果にはならなかったから。そんな日には、プロとしての自分を見つめ直すために、プロの技を感じるようにしている。いつも間違いのない仕事をし続ける料理人の仕事を見る、食す。前例のないことにチャレンジしている事業家の本を読む…など。これらは、今日満足できなかった仕事に対して(もちろん満足できた仕事に対しても)もっと更に良いことができたのではと、思索する手助けになってくれる。
もちろん、今日もできうる限りのことを行い、最善は尽くした。しかし、結果としては大きく満足のいく効果を出すことはできなかった。なぜかと言えば、補聴器は万能ではないため、その効果はお客様ご本人の聞き取る能力に大きく依存するから。お客様の能力に大きな限界が生じている場合、どうしようもないのが現実。
でも補聴器をお客様のお耳に的確にフィッティングするのは天職であり、使命であると考えているため、明日もまた更に良いプロフェッショナルの仕事をしたいと思う。
ここ最近は特に、多くの方を救うことができていると大きな実感を感じているため、更なる技能の研究に邁進したい。

大学名誉教授への挨拶で実感した、私の相棒の成長。

現在、大学病院にて補聴器外来を担当しています。その主担当は私の妻であり、私の右腕である、菅野沙織。今日は、この菅野沙織に関するお話です。

本日ご挨拶に伺ったのは、某大学の名誉教授。補聴器の世界では誰もが知る、権威ある先生。半年前からこの先生の患者様を担当させていただいたのですが、今日、先生より直々に「補聴器の対応に感銘を受けた」との最高のお褒めのお言葉をいただくことができたことに、私は感動を覚えました。それは、先生から褒めていただけるような良い仕事ができたことに対してでもありますが、それよりも「私の相棒」が主担当として担当させていただいた患者様であったということが大きい。病院で仕事をするという長い経験を持っていたことも功を奏したのかもしれない。

彼女は、私と同じく「補聴器を売る」という販売者の立場ではなく、まず第一に「難聴でお困りの方を補聴器で助けたい」という想いの方が強いタイプと思っています。なぜかと言えば、認定補聴器技能者という補聴器フィッティング現場では最高レベルの資格を保有しつつも、実は臨床検査技師という国家資格を持ち、日々命にかかわる仕事に向き合ってきた、医療従事者の一人だからです。「救う」という使命で生きてきたため、根っこが「物売り」の人ではないのです。

このため、中々ここまでは大変だったと思いますが、今日の先生からのお褒めの一言で、今までの努力が相当に報われたのではないかな…そう思っています。これを糧に明日からも頑張ってほしいと思います。

そして、末端の我々一人ひとりに対して、「菅野さん、何か聞きたいことはありますか?」とおおらかな物腰でお声がけいただいた先生のお姿、上に立つ者としての心構えも学ばせていただくことができました。

非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛について

本日より始まりました、「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」というイベントに、補聴器メーカーのオーティコン社と共同にて協賛をしております。

青山店では、補聴器やJust earの展示コーナーに、ポスターの掲示とチラシの設置をしております。品川大井町店でも、ショーウィンドーにポスターを掲示しております。

世界で100万人以上が参加した、日本初開催のイベントです。詳細は、当Webサイトのお知らせページ「非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛のお知らせ」をご覧ください。私が協賛を決めた想いも一部述べています。

夏の外苑前といえば「高校野球東京大会」と「神宮外苑花火大会」。

外苑前駅最寄りにある神宮球場

外苑前の夏の風物詩といえば、神宮球場で行われる「高校野球東京大会」や「神宮外苑花火大会」。高校野球西東京大会は昨日決勝が神宮球場で行われ、早稲田実業の清宮選手が注目されていましたね。敗れはしたものの、清々しく、スポーツマンとして好印象でした。まだまだ続くこれからの活躍に期待したいですね。

8月のメインイベントは「神宮花火大会」。例年土曜日開催が多かったため、補聴器相談はきちんと定時で終了し、花火の帰宅ラッシュに巻き込まれないように帰宅しないと…と、いつも思っていましたが、ここ最近は日曜日に開催している気がします。今回も日曜日(8月20日)とのこと。

今年は国立競技場が建て替えのため、いつもよりは来場者が少ないのでしょうが、とても混雑すると思います。遊びに行かれる際には、お気を付けください。

工事中の国立競技場

工事中の国立競技場。いつも青山店から車で移動する際に、神宮球場の前から国立競技場の跡地を見ると、この工事現場になぜか大きな建物が見えます。「もう何かできたの?」と、遠目では錯覚してしまうのですが、実は国立競技場の奥にある前回の東京オリンピックで使用された「東京体育館」が見えているだけなのです。時々しか通らないため、毎回ドキッとしてしまいます。どのような建物になるのか、完成が待ち遠しいですね。

店主の休日ブログ(外苑前駅隣の表参道駅周辺を散策「COS~ヨックモック~TOBICHI」)

今日は補聴器業務とJust earのJapanツアーの、束の間の休息日。
休日ですが、南青山のショップ情報を入手したので、青山周辺を散策してきました。場所は青山店の隣駅の表参道駅(東京メトロ銀座線)からすぐ近くの南青山。青山通りを境に、表参道ヒルズ方面が北青山、反対側が南青山になります。

店長休日ブログ_表参道駅周辺1

最初のお店は、まだ日本に進出して数年の「COS」というファッションブランドのショップ。
H&Mグループのハイブランドとのこと。生地が良いという話を聞いていましたが、噂通り、低価格ながら、気持ちの良い肌触り。Just ear開発責任者の松尾さんも好きそうな雰囲気のお店だったので、Just earオーナーには青山店に来たついでに、ぜひお勧めしたいスポットだと思いました。

店長休日ブログ_表参道駅周辺2

特に今は50%OFFのバーゲンセール中。私には袖丈が合わないブランドのようで、気に入ったシャツは買えなかったのは残念。。。「青山でファッションの買い物」と考えると少しハードルが高く感じるかもしれませんが、入りやすい価格なのでお勧めです。若い世代からご年配の方まで幅広いお客様が来場していました。

店長休日ブログ_表参道駅_ヨックモック

休憩をしようと入ったカフェは、COSの向かいにある、有名店「ヨックモック」。
デパートの洋菓子コーナーではおなじみのあのブランドの本店です。青山繋がりで、補聴器のお客様から時々非売品のチョコをいただきます(とても美味)。あいにく、今日は満席のため休憩はできませんでしたが、代わりに食べ歩き用として買ったのは、定番商品「シガール」のアイスタイプ。

表参道駅_ヨックモックのシガールアイス
初めて食べましたが、暑い日には、とても良いお味でした。
息子もアイスを完食。

表参道駅周辺_tobichi

最後に向かったのは、最近スマホを入れ替えた際に、いつの間にかにインストールしていた「ほぼ日」のアプリで存在を知った「ほぼ日」のリアルショップである「TOBICHI」。表参道側を背にして、COSとヨックモックの道をそのまま進み、根津美術館を左折して少し歩くとあります。(ちなみに、左折せずに右折をすると、BLUE NOTE TOKYOがあります。)
事前に知らなければ、素通りしてしまいそうなところにありました。まるで私の店舗である青山店のような。

表参道駅周辺の路地
「TOBICHI」の横にある、路地が、絶妙に良い雰囲気を出しており、何もないかもしれないけれど、歩いてみたいそんな道でした。
そう、青山店も店前の一本道(熊野通り)に何とも言えない良い雰囲気を感じていたため、「マーケティング戦略」などビジネスライクな思想を抜きにして、誘われるように移転を決定した経緯があります。

最後の締めとしては、青山界隈はとても雰囲気が良いことを再認識したということ。
特に何もないかもしれないけれど、散策したい気にさせる路地を歩きに、また散策したいと思います。南青山は青山店最寄りの外苑前駅からでも歩ける距離に色々とショップがありますので、ぜひご来店の際に散策してみてください。

補聴器のお客様と長いお付き合いがしたい

今日一日の整理をするために、最近行きつけのカフェに今夜も立ち寄りました。同じカウンターに居た先客2組から「30年」という声が…。「やっと連れてきてくれたの。」と老夫婦のご婦人の声。マスター曰くご主人が30年通い詰めているそう。遠くの先客もまた帰り際に、「30年ぶりに来ました!」とのこと。30年前にアルバイトをしていた方が友人のお兄さんで当時通っていたのだとか。「30年」という偶然の繋がりで、このお店の良さを納得。

私の店である青山店はまだ12年目に入ったところ。まだまだではありますが、同じように補聴器の相談や点検などで通い詰めている方もいる一方、数年ぶりにお越しになる方、かなりしばらくお会いしていない方など色々なお客様がいらっしゃいます。

ライバルの良さをぼやかして市場を乗っ取るのは営利企業の常套手段であり、最近の補聴器業界でもそのような風潮を感じつつありますが、30年も通う常連さんがいるということは、きっとブレない哲学がこのお店にはあるのでしょう。
このお店のように、当店も貫いてきた「本質思考」を更に追求していきたいと思いました。

居心地の良い店。当店もそうなれたら嬉しい。

カフェ

これから先のことを見据えて、只今生活習慣の改善に挑戦しています。今年の誕生日に大好きなお酒とコーヒー、そしてその他諸々の余分なものを全て断ち、ちょうど今日で3か月になりました。考えごとをする時は決まって、一人で夜にバーでお酒を飲みながら…が常でした。お酒をやめてしまったことから、考えを整理する場所を探していたのですが、今日とても良いお店に巡りあいました。そのお店との出会いから、本日のお客様のことを考えてみました。

今日私が見つけたカフェは、こんな街に、こんなお店が…というものでした。正直なところ通過するだけのところとしか思っていなかった駅の近くに、偶然にも自分の感覚にピッタリとマッチするお店がありました。Webサイトでたまたま見つけて、何となく好きそうな予感がして…。

おそらく、当店に補聴器の相談で来店されるお客様も、きっとそういう「何かの予感」を感じて来店されるのかなと、ふと思いました。私が今夜のカフェで体感したように、「思った通り」そう思ってもらえたら、この上なく嬉しいです。

今日は補聴器相談のご要望で、難聴の若い女性がWebサイトを見てお越しになりました。女性どおしということで、私の右腕(私の妻)に応対を任せましたが、お客様の驚きの声や満面の笑みを時折拝見し、きっと「思った通り」、もしかしたら「それ以上」と感じていただけたのではないかと思いました。

全ての難聴の方ではなく、当店の補聴器を必要としているお客様に出会えるように、このWebサイトは運営していますが、明日もまた、そのようなお客様に出会えたら嬉しいです。

遺伝性難聴に対する補聴器フィッティングの検証

耳鼻咽喉科の先生からのご紹介で、現在、遺伝性難聴の患者様に対して、補聴器の装用効果を検証しています。

当初、聴力からは補聴器で効果を出すには、難しいとの見立てもありました。しかしながら、実際に補聴器を装用し、青山店の測定室にて詳細に分析をしてみたところ、聞き取りやすくなる可能性はあることが分かりました。

先日は補聴器をお貸出しし、本日はその補聴器の貸出し効果を確認するために、再度ご来店いただきました。長期間聞こえていなかったため、違和感はまだあるご様子。でも、補聴器の効果も感じていらっしゃるとのこと。補聴器の音の調整方法を見直しましたので、きっと上手く使いこなせるのではないかと思っています。

補聴器は購入するまでに、7年程度の期間を要するとも言われています。ご自分の難聴を受け入れることから始まり、補聴器を使うことを受け入れ、その補聴された音も受け入れる…いろいろなことを受け入れるまでには、どうしても時間がかかります。この方も、最初のきっかけからは、かなりの年数を要していました。

今回はお仕事のために至急、補聴器を必要とされているため、この患者様に「よし、使ってみよう!」と思ってもらえるように、サポートをさせていただきたいと思っています。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook