メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

ソニーストア名古屋に、Just earを語れる若きスタイリストを見つけた。

本日はソニーストア名古屋でのJust ear販売会。全国のソニーストアを巡る、夏のツアーが始まりました。

Just ear開発責任者であるソニーの松尾さんはすでに各ストアでのJust ear熱を上げるべく1か月前からトークショーを始めていたので、今回が折り返しになります。(松尾さん、まだまだ折り返し地点ですので、お身体お気をつけて!)

今回は耳型採取で応対させていただいたお客様とのトークにも力を入れることにした甲斐もあってか、特にカスタムIEMをお持ちの方や、知識の豊富なお客様からは、私の耳型採取時の応対について、とてもお喜びいただけた印象を持ちました。

Just earをきっかけに当店のことをお知りになったお客様には、当店は「Just earの販売と耳型採取をしている店」という認識が強いかなと、最近思う時がありました。そこで、本日のお客様には、「実はJust earに関わる前から多くのメーカーの耳型採取を担当していたんですよ…」、「他の国産メーカーの立ち上げにも関わっていたんですよ…」など、Just earが始まる以前の当店に関するお話もしました。この他、「Just earの耳型採取の専用器具の開発話」なども。

そんな中、営業終了後の終礼の際に、名古屋でJust earのことを任せられるJust ear愛にあふれる若きスタイリストさんが見つかりました。今日一日、Just earを担当いただいた、このスタイリストさんから、感動的な一言をいただけたこと、とても嬉しかったです。疲れが吹き飛びました。「松尾さんの音も素晴らしいのですが、実は菅野さんの耳型採取も素晴らしいのです。しかも耳型採取だけでなく…」。Just earの素晴らしさを皆さんに共有するためのリポートも作りたいとまで仰っていました。とてもお若いのに感心です。
なぜこんなにも熱く語れるのかという話は、また別の時にブログに書きます。

色々と関わっている業務があっても、一部の作業のみがクローズアップされてしまうことは、しばしばあります。しかし、きちんと全体を見てくれている人が近くにいると思うと、またやる気がみなぎってきますね。

明日から1週間青山店での業務に戻り、週末は次のツアー先であるソニーストア大阪へ移動します。
高いモチベーションを維持して、ツアーを乗り切りたいと思います。

居心地の良い店。当店もそうなれたら嬉しい。

カフェ

これから先のことを見据えて、只今生活習慣の改善に挑戦しています。今年の誕生日に大好きなお酒とコーヒー、そしてその他諸々の余分なものを全て断ち、ちょうど今日で3か月になりました。考えごとをする時は決まって、一人で夜にバーでお酒を飲みながら…が常でした。お酒をやめてしまったことから、考えを整理する場所を探していたのですが、今日とても良いお店に巡りあいました。そのお店との出会いから、本日のお客様のことを考えてみました。

今日私が見つけたカフェは、こんな街に、こんなお店が…というものでした。正直なところ通過するだけのところとしか思っていなかった駅の近くに、偶然にも自分の感覚にピッタリとマッチするお店がありました。Webサイトでたまたま見つけて、何となく好きそうな予感がして…。

おそらく、当店に補聴器の相談で来店されるお客様も、きっとそういう「何かの予感」を感じて来店されるのかなと、ふと思いました。私が今夜のカフェで体感したように、「思った通り」そう思ってもらえたら、この上なく嬉しいです。

今日は補聴器相談のご要望で、難聴の若い女性がWebサイトを見てお越しになりました。女性どおしということで、私の右腕(私の妻)に応対を任せましたが、お客様の驚きの声や満面の笑みを時折拝見し、きっと「思った通り」、もしかしたら「それ以上」と感じていただけたのではないかと思いました。

全ての難聴の方ではなく、当店の補聴器を必要としているお客様に出会えるように、このWebサイトは運営していますが、明日もまた、そのようなお客様に出会えたら嬉しいです。

遺伝性難聴に対する補聴器フィッティングの検証

耳鼻咽喉科の先生からのご紹介で、現在、遺伝性難聴の患者様に対して、補聴器の装用効果を検証しています。

当初、聴力からは補聴器で効果を出すには、難しいとの見立てもありました。しかしながら、実際に補聴器を装用し、青山店の測定室にて詳細に分析をしてみたところ、聞き取りやすくなる可能性はあることが分かりました。

先日は補聴器をお貸出しし、本日はその補聴器の貸出し効果を確認するために、再度ご来店いただきました。長期間聞こえていなかったため、違和感はまだあるご様子。でも、補聴器の効果も感じていらっしゃるとのこと。補聴器の音の調整方法を見直しましたので、きっと上手く使いこなせるのではないかと思っています。

補聴器は購入するまでに、7年程度の期間を要するとも言われています。ご自分の難聴を受け入れることから始まり、補聴器を使うことを受け入れ、その補聴された音も受け入れる…いろいろなことを受け入れるまでには、どうしても時間がかかります。この方も、最初のきっかけからは、かなりの年数を要していました。

今回はお仕事のために至急、補聴器を必要とされているため、この患者様に「よし、使ってみよう!」と思ってもらえるように、サポートをさせていただきたいと思っています。

本日はJust ear記念日

本日はJust earの発売を開始して、2周年の記念日。

「会社の牽引役となるブランドにする」、「そうなれば面白い」という昨日のMH1でのお客様とのやり取りは、今後のJust earを象徴する会話だったなと思いました。

当社が補聴器事業とは別にカスタムイヤホンの事業を始めたのは、青山店開業当時に耳周りのオーダーメイドビジネスとして興味を持ったのが最初ですが、実際に開始したのは、開発者をサポートしてあげたいという想いから。補聴器事業で困っている人を助けたいという想いがあり、その流れで始めました。プロの方々もイヤホンではお困りのことが分かり、そちらにも事業を増やしていき、最終的には松尾さんからオファーをいただき、現在のJust earの全面サポートに至っています。

本日のイベント開始前に、松尾さんから「今日で2周年ですね。」とお声をいただきスタッフ一同2年前を振り返りながら、色々と考えました。2年前は発売開始から8月の夏休みが来るまで、一日も休まずJust earの仕事ばかりしていたなぁ、フジヤエービックさんに賞をいただいた時は、受賞記念イベントとして松尾さんと一緒に店頭に立たせていただいたなぁ…などなど。これもやらねば、あれもやらねば…と、疲労困憊気味であった気がします。

本日は限定モデルのない、2年前の今日と同じ商品ラインナップ。

唯一刻印サービスのみが当時には無かったものです。中々、他のメーカーさんとはアプローチの仕方が違いますが、本日もJust earは長蛇の列が途切れなかったようで、皆さんから今も変わらず注目いただいていることを実感いたしました。まだまだ2年の若いブランドで、伸びしろが沢山あります。

刻印サービスは明日のイベントで終了となります。もし刻印をご希望の場合は、明日もヘッドフォン祭にてお待ちしておりますので、Just earブースでご相談ください。そして、「こういうものがほしいんですよ、松尾さん!」など、青山店の開発者トークショーでお声を出していただいたことで、開発者の商品化への後押しに繋げたように、直接ご意見を伝えていただければと思います。松尾さんも色々と構想を練られていると思います。メーカーの方々が多く参加されているので、その構想実現に繋がるように、ほしいものがございましたら、ぜひお声を!Just earは、ユーザーの声が開発元に届く風通しの良いブランドですから。

本日、青山店は11周年を迎えました。

先週の月曜日に会社創立22周年を迎え、本日は青山店開業11周年を迎えました。

22周年を両手で表現してみたら・・・何だか幸せな気分が増します。11周年を両手の親指で表現すると・・・気分が良いです。縁起の良い日を無事に迎えることができたのは、お客様、医療関係者様、ビジネスパートナーの皆様のご支援ご協力のおかげです。そして、良いスタッフと共に仕事ができているからでもあります。

日々様々なことが変化しておりますが、その変化を受け入れ、取り込み、楽しむようにしています。

今年は変化の年。テイラーメイドのイヤホン事業は、いち早く変化が始まりましたが、補聴器事業も今年は変えていきます。

「難聴と音楽」をテーマとした番組のご紹介

補聴器のことでお一つご紹介したい情報を入手しましたので、お知らせいたします。まず、お知らせの前置きとして一言、「イヤーサポーター」という名称のお話を。。。

当店では補聴器のことを「イヤーサポーター」と呼んでいます。難聴になっていても、「補聴器」を使うことに躊躇されている方はとても多くいらっしゃいますが、その原因の一つにネーミングもあるのではないかと以前から思っていました。そんな中、音楽家の宇崎竜童さんと知り合ったのが5年ほど前だったかと思います。無謀にも「補聴器のイメージを変えたいのですが、補聴器に変わる何かいい名前はないでしょうか…」と無茶なお願いをし、色々と考えていただいた後、「イヤーサポーター」という名称をいただきました。しかも、楽譜用の五線紙に筆でロゴもしたためていただきました。

宇崎竜童さんとは、ご自身の母校であり、総合プロデュースをされている明治大学の音楽祭「お茶の水JAZZ祭」に毎年協賛させていただくなど、今も親交があります。なぜ、イヤーサポーターや宇崎竜童さんのことをブログに書いているのかと言いますと、そんな宇崎さんが、「難聴」をテーマにしたテレビ番組に出演されることが分かったからです。本日18日(土)の夜です。

もしご自宅にいらっしゃれば、ぜひご視聴いただければと思います。30代からずっと難聴ととも生きてこられた宇崎さんのお話はきっと皆さんにも何かの参考になるかと思います。ちなみに、イヤーサポーターについてはこちらで写真付きでご紹介しています。

~以下、NHK ONLINE番組ホームページより抜粋~

  • 放送日時:3月18日(土)午後8時45分~9時 NHK Eテレ
  • 番組名:ろうを生きる 難聴を生きる
  • 今回の放送:僕の音楽は難聴とともに 宇崎竜童

歌詞が流行語になるほどのヒットをとばした宇崎竜童さん。妻の作詞家・阿木燿子さんとのコンビで数多くの歌手に楽曲を提供してきた。実は30代のころから両耳の難聴に悩んできた。テレビの生放送で司会者の質問が 聞き取れなかったり、俳優の仕事で相手のセリフが聞こえづらくなったりした。そのため、30代から補聴器を使い始めた。宇崎さんに難聴と長年つきあいながらも音楽とともに生きてきたその思いを聞く。

耳の日つながりの東京ヒアリングケアセンターのお話

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマーク

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマークに関するお話。

昨日は3月3日。補聴器業界では耳の日といいます。語呂合わせですね。実は日本だけではなく、海外でも耳の形が数字の3に似ていることから耳の日なのだそうです。WHO(世界保健医療機関)では、3月3日を”World Hearing Day”と制定しているとのこと。

そこで今日は昨日の耳の日にちなんで、東京ヒアリングケアセンターにまつわる、「耳」のお話を書いてみます。東京ヒアリングケアセンターにお越しになったことのあるお客様は、Etというシンボルマークを目にされていますね。「このマークはどういうものなのですか?」と時より質問を受けます。

これは「補聴器」という言葉が好きではない私が、日本を代表する著名なデザイン会社さんに制作いただいた当店を表すシンボルマークになります。かじられたリンゴのマークを見れば何の店かわかるような…というものです。

補聴器は必要ではあっても、なかなか率先してつけようという方は極少数派。それはデザイン云々ではなく、「補聴器を使う人=自分の理想としない高齢者像」というネガティブな印象に紐づけて捉えてしまうことに原因があります。そこで、私は青山店を開業してすぐに、大胆にも新たな試みを行いました。それは「補聴器」というキーワードを可能なまで最小限の使用に留めるという試みです。現在でもそうかもしれませんが、当時は「補・聴・器とおじいちゃん、おばあちゃん」という「The ご老人イメージ」を前面に宣伝活動をすることが日本ではスタンダードで大多数でしたので、補聴器メーカーさんからは、驚きと反発を買いました。

しかし、東京で青山以外に住む者としては、「青山」という地には格別な畏敬の念を抱きます。他の地域で行っている普通のことをやっては「青山」に失礼だなと。もう10年以上も青山にいるため、純粋な外の人の感覚は薄れてきていますが、青山店の開設時には、「あの青山に店を!?」とたじろいだものです。

「当店を必要とする困っている方々を救えるならば、いたずらに数は追わない。」そう切り替えることにしました。とはいえ、「補聴器」というキーワードを前面に出す他店の脅威が迫る中、この決断と継続には相当な覚悟を要します。

その代わりに、当店のことを知っていただいた方とは、きちんとコンタクトをとれるように共通の認識となるマークでコミュニケーションをすることにしました。それがEtというシンボルマークです。これは何かというと「&」のルーツになったラテン語で、人と人をつなぐための記号であったそうです。現在でもフランス語や研究論文などで使われているのを、よく見かけます。

当店が人と人を「つなぐ」ための仕事をしていること、対面で親身にご相談をお受けしていること。そして、Eが耳の形に似ていること、EarのEでもあること、tは活動の拠点となるTOKYOのtであること。さらに、Earにプラスになるものを付けるという意味の「+」が隠れていること。ネガティブな要素は一切排除しつつ、私の思い入れを具現化していただいた、大切なシンボルマークになります。社外から反発は買いましたが、あの時の決断は、今も青山の地で活動を続けていられる原動力になっています。

このブログをお読みいただいたあなたとも、言葉ではなくシンボルマークだけで繋がることができたならば、当初の目的は成就したことになります。

Just ear XJE-MH1の存在理由

テイラーメイドイヤホン、Just ear開発責任者の松尾さんと私についてのお話。

なぜ音質調整モデルのXJE-MH1を続けているのかというお客様との会話に、昨日松尾さんからこんなお話がありました。「一つのビジネスとしてだけでは、採算は合っていないかもしれません。私は設計の時間として来ているのです。」とのこと。要は一台の販売のためだけではなく、今後の開発のためにも来ているということ。すなわちこれは、店舗は「開発現場の最前線」という私の考えに完全にシンクロしたもの。松尾さんの口から、そのようなお話があり、感慨深いものがありました。

松尾さんは私を通して耳を知り、私は松尾さんを介して音を知る。二人とも「耳」と「音」について専門的な知識はあるものの、お客様一人ひとり異なる「音へのこだわり」に対して、店舗という開発現場で経験に磨きをかけ、自身の研究に生かしている。そういう私達の好循環な連携を通して、Just earは支えられており、XJE-MH1がJust earの聖地青山のみで今も展開している所以でもあるのです。

Just earのブランドを孤高の存在に高めるXJE-MH1。なかなか予約が取りにくい状況ではありますが、ご興味あればぜひご相談ください。

補聴器には仕事の現役年数を延ばす役割がある

今日は補聴器のお話。本日応対したお客様のこと。

「補聴器を使っても、どうしても聞き取りにくい場面があり、仕事を引退するか悩んでいる。」とのお話を先日伺いました。お悩みが重大であったため、聴力の測定から見直し、様々な調整を行い、これぐらいで大丈夫という評価をしてから、お帰りいただきました。1週間経過して本日お会いしたところ、かなり改善されたとのこと。音を強くしたことで、ハウリングが起きやすくなってしまったことが分かり、音を下げずに音漏れを抑制する当店独自のフィッティング調整を実施。これで問題が解決するものと確信し、おかえりいただきました。Just earなどにも応用している技術です。

リタイヤされている方々もいらっしゃるご年齢ではあるものの、その道では第一線で活躍されておられる著名な方。もしかするとそんな方だからこそ、引き際をお考えになられたのかもしれません。このような場面に遭遇すると、ただ聞こえにくいということが、どれほど人生に影響を及ぼすのか、毎回考えさせられます。
おこがましく映るかもしれませんが、それらのお悩みに対して、自分の腕でどこまで救うことができるのかと、日々限界を設けず挑戦し続けています。使命感のある重要な仕事です。

今日はJust earに春一番が吹いた日

本日のブログはJust earのお話。

Just earはもうすぐ3年目の春を迎えようとしています。昨日の強い風は春二番と言われましたが、今日はJust earにとっては春一番とも思える、すごい強風が吹き付けました。もちろん、向かい風ではなく、暖かく心地よい追い風の強風です。

まだまだ1歳と8か月のJust ear。育てなければいけないこと、守ってあげなければいけないこと、色々と色々と…あります。

でも今日の吉報はJust earが2歳になってから、きっと大きくグーンと成長をしていくきっかけになるだろうな。そんな予感を得ました。暖かく見守ってほしく、とりあえず漠然とした状態のままですが、嬉しい気持ちのみご報告です。たまたまMH1の音質調整でJustear開発責任者の松尾さんもその場にいらっしゃいました。今日時点でこの吉報は私と松尾さんのみが知る、秘密のお話。松尾さんもきっと感極まったのでは…と思いました。生みの苦しみと育ての苦しみ、私もその一部を共有してはいますが、それ以上に多くの苦難があったと思うので。

私がJust earで大きく貢献できるところは、Just earを価値あるブランドに育てるための乳母的役割と、その土台にあるフィッティング精度の評価。フィッティングが良くなければ、何もかもが実現しないテイラーメイド商品には欠かせない仕事とはいえ、どんなに頑張っても日の目を見ることがない、黒子的仕事…。
でも日を浴びる松尾さんを始めとしたJust earのメーカーさんから評価が得られれば、それでOK、と最近思うようにもなりました。
また明日から頑張れる活力をいただいた、そんな一日になりました。

1  2  3  4  5    
イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook