専務 菅野聡のブログ

専務 菅野聡のブログ

コロナ禍に思うこと

不安や不満そして疑問など、なかなかもどかしい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。高齢期のお客様が中心となる補聴器業務を生業とする専門店を運営する者として、なかなか色々と考えることが多い日々を過ごしております。

今年の大河ドラマの主人公は渋沢栄一。当社の渋谷の店舗がある商業施設は東急プラザになりますが、その東急の祖となる会社の創立に関わっていたのも、この渋沢栄一。明治期に数百もの企業の立上げに関わった渋沢は著書の中で「社会とは、そもそも矛盾しているものであり、正論を主張しすぎると、簡単に壊れてしまう」ということを述べているそうです。今のコロナ禍では、正論を主張したくなることばかりですが、渋沢のこの言葉に当てはめれば、それはそれで社会を壊しかねない…本日から一部の百貨店や商業施設が営業拡大に動かざるを得なかったことは、まさにこのようなことが当てはまるのかもしれません。個人個人のレベルで、どうすべきなのかを真剣に考えて行動することが、必要ですね。

青山本店は路面店であるため、本日より営業を再開いたしましたが、今現在の私個人の行動指針としては、無理をしすぎず、考えすぎず、余力をもつこと。その余力を研究の時間や次の準備に当てる。悲観も楽観もせず、立場の異なる人とは議論はしても対立はせず、コロナの先にある社会のみを、ただ見据えて、実直に行動する。自分には、これしかないかなと思っています。

外出の自粛はとても大切なことですが、しすぎてしまうと精神的にも認知機能にも、影響があります。コロナのことも考えつつ、適度な運動やコミュニケーションの時間もとるようにしてください。日光浴をして、体内でビタミンDを生成することも、実はとても大切。窓辺で5~15分程度でも日光浴をされることでもよいそうです(今お世話になっている医学研究者のお医者さんより教わりました)。

最後に1つだけ、このブログを読んでいただいた方へのプレゼントがあります。
この休業期間中に、散歩をしていたところ、公園で四つ葉のクローバーを見つけました。四つ葉のクローバー、見たことがありますか。私は初めてでした。良かったら、下の中から、探してみてください。

まずは、補聴器の体験をしませんか

新型コロナウィルス感染症もワクチン接種が始まり、少し明るい兆しが見えてきました。お客様にお話を伺うと、外出を極力控えている方が多く、心身に影響が出ているようにも見受けられます。今年は少しでも会話のしやすい世の中になっていければ…と思います。

3月1日より、耳の日を記念して東急プラザ渋谷店で館内のショッピングの際に補聴器を30分間体験いただける体験会を開催いたします。補聴器を購入される方がよくお話されるチェック項目を掲載したチェックリストも店頭に配置しますので、いくつ共感できるか、お悩み度チェックをされてみてはいかがでしょうか。

東急プラザ渋谷店は、お買い物のついでに立ち寄りやすい空間になっていますので、ぜひお越しください。

グッドデザイン賞2020の受賞について

本日、グッドデザイン賞2020を当社は受賞いたしました。受賞したものはプロダクトではなく、東急プラザ渋谷店を中心として行っている「コミュニケーションデザイン」という無形のプロジェクトに対するものです。

デザインという言葉を耳にすると、「見た目の美しさ」というビジュアルのデザインを想像されると思いますが、実際には「社会を変える仕組み」など、「目に見えない取組み」を表す言葉でもあります。

私たちのデザインプロジェクトは、青山に拠点を開設した2007年からスタートしました。まずは青山という情報発信地に拠点を置き、物の良さを発信していくこと。次に全く認知されていなかったプロフェッショナルのサービスを訴求するための企業の在り方や社会とのかかわり方を研究し実践してきました。それから約10年経過し、補聴器の今を「知り・学び・購入できる」日本初のオープン型補聴器専門店を、新生された東急プラザ渋谷に開設することに繋がりました。

そんな私たちの取組みは、補聴器のことをもっときちんと知ってもらうために、「本当であれば必要なのに存在しないもの」にフォーカスを当てて行動し続けてきたため、一歩下がって見てみると、いつも補聴器業界の動きとは違う方向にアプローチすることとなり、果たして社会に必要とされる取り組みが出来ているのだろうかと、集大成となる東急プラザ渋谷店の開設時に思いました。

「補聴器のような存在のリブランディングは、一見地味で目立ちにくい。」と、下記の審査委員の評価コメントにもある通り、一般にもメディアにも、あまり注目をされる分野ではありません。しかし、認知症の最大要因の一つが難聴でもあり、補聴器について放っておいてよいものでもありません。「注目される情報」であるかは別として、社会に意義ある活動ができているのか、それを問うてみたい。それがグッドデザイン賞の審査を申し込んだ理由です。

自画自賛ではあるものの、とても良い店を作ったと思っています。東急プラザ渋谷店は開業から10カ月となりますが、その間には新型コロナウィルス感染症による社会変化も重なり、様々な行動変容が求められ、店舗もまだまだ見直しをしていきたい段階にあります。

今回のグッドデザイン賞によって、あまり日の目を見なかった私たちの取り組みは社会に必要とされるものであることがわかり、自信に繋がりました。これから、益々多くの方々に難聴や補聴器について知っていただける場になるように、取り組んでいきたいと思います。ぜひ渋谷付近にお越しの際は、東急プラザ渋谷店へお立ち寄りください。

グッドデザイン賞・審査委員のコメント
整理整頓された美しいビジュアルデザインとロゴマーク。オープンで入りやすい店舗。補聴器をネガティブな補助装置ではなく「使ってみたい」というポジティブなコミュニケーションデバイスとして捉えられるような工夫が随所に施されている点が評価された。補聴器のような存在のリブランディングは、一見地味で目立ちにくい。しかし補聴器ユーザーが増え、より良い社会参加を実現することを考慮すると、これからの高齢化社会において、社会的意義のある重要なデザインプロジェクトであろう。

▼グッドデザイン賞公式Webサイト 当社受賞ページ
https://www.g-mark.org/award/describe/51062

補聴器専門店[東急プラザ渋谷店を中心とするコミュニケーションデザイン]プロジェクト