メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

フォナック スイス本社からお越しいただきました

記念撮影

東京ヒアリングケアセンターでは、メーカーとの意見交換会を定期的に行っています。

今月はスイスの補聴器メーカー「フォナック」の本社から、2名青山店にお越しになりました。スイスのフォナック社の製品はプロの要求に対応する細かな調整ができる点、とても信頼し気に入っています。フォナックの補聴器は熟知していますので、様々な形状の補聴器をお客様にご提案しています。

当日は日頃の現場の実情についてお話ししました。今後の開発の参考になることを願っています。

余談ですが、スイスと言えば私は直ぐに精巧な時計をイメージしますが、お二人曰く、 銀行も、チョコも…と、確かに色々とありました。どれも一級品で、ブランド力がありますね。

耳型の研究と補聴器

歯に銀歯などの詰め物をするとき、歯型を採りますよね。
補聴器(イヤーサポーター)も同じです。
補聴器を製作する時には 耳にしっかりフィットするように耳型を採ります。
この耳型の技術は奥が深く、ただ補聴器のフィット感を良くするだけでなく
形を作り変えることによって、聞こえ方まで変化させる効果もあります。

そんなことから、時々休日を合わせて行っている社長との「研究会」ですが
昨日は「耳型採取」を取り上げることにしました。

まずはシリコン材を適度に混ぜ合わせます。

hochouki-mimigata.1

このシリコン材を注入器で耳の中に流し込みます。
シリコン材が固まるまで数分ですので素早い作業が必要となります。

hochouki-mimigata.2

シリコン材が固まるまで数分お待ちください。

hochouki-mimigata.3

数分後シリコン材が固まったあと耳から取り出して完了です。

下の写真は耳からシリコン材を取り外したところを撮影したものです。
白いスポンジはシリコンの浸入から鼓膜を保護するために事前に耳に詰めておきま す。

hochouki-mimigata.4

補聴器のお客様と応対する中で発生する日頃の問題を出しあいながら、検証を重ねました。
この型取りは音でいうところの「hi-fi(ハイファイ)」のように、
忠実に耳の形を 採取することが目的です。

とても繊細な作業のため細心の注意が必要とされますので、
是非熟練した技術をもつ 当店にお任せください。

製作する製品に合わせて微妙に採取する方法が異なり、声のひびき感こもり感など
しっかりと耳にフィットしていないと不具合が起きます。
補聴器を使用して耳が痛い、入れにくいなどの問題を抱えていらっしゃる
補聴器ユーザーの方々には、耳の型を採り直すことをお薦めします。

補聴器講習会のアシスタントは無事終了

  補聴器講習会の耳型採取キット

昨日の補聴器講習会での耳型採取アシスタントは事故無く、安全に終了しました。

採取方法や使用する機材、そして材料は人それぞれ異なるため、学科担当の講師(医師)のお考えと
、実技担当の私たち技能者のやり方は異なることがあります。
この差に配慮しつつ、安全かつ正確にこの危険な作業をサポートすることは社員教育とは異なり、
一段と緊張感が高まります。

今回は前回までの反省点を活かすことができましたので、
担当させていただいた3名の先生方は非常に綺麗な耳型を採取されていました。
講習に間に合うように初めての方でも採取しやすい機材を2セット用意できたことも、
きれいに採取できた要因だと思います。

次回はまた1年後。今回の反省点を踏まえ、更なる教育技術の向上に努めます。

補聴器相談医の講習会に参加します

耳型採取インプレッション

今日はこれから耳鼻咽喉科の先生方の講習会に参加してきます。

耳鼻咽喉科医師の中には補聴器相談医という資格を取得されている先生がおられることを
ご存知でしょうか。
補聴器の相談に乗ってもらえる先生方がお持ちの資格です。
本日は東京でその講習会があり、耳型採取の実技サポート要員として当店からは
今年も社長と私の2名が参加いたします。

補聴器に前向きに接していただける先生方が増えることは補聴器業界にも、
補聴器を必要とするお客様にも非常に嬉しいことだと思います。

初めて採取される先生もいらっしゃるはずですので、事故の無いように安全管理に努めます。

画像は耳の型を採取するための機材一式です。

関連情報

過去ブログ:ドクターへの耳型実技サポート 2012年1月25日

補聴器の品質向上のために

昨日はイヤーサポーター(補聴器)の更なる品質向上のために、海外メーカーの国内本社を訪問しました。

イヤーサポーター補聴器のモデリング風景

様々な事例を基に、お客様の満足度を更に上げるためにメーカーの方々と意見交換を実施。写真は製作途中の風景です(企業秘密もありモザイク加工をしています)。店舗でお客様のお耳から採取したシリコン素材の耳型を、メーカーにて3Dスキャナーで読み込みます。その後、コンピューターにて厚みを持たせる部分、削る部分を決め、形状のデザインが完成します。写真はその作業最中に撮影しました。

ちょうどイヤーサポーター(補聴器)の製造依頼をしていた当店のお客様の耳型があり、様々なデザインを話合いました。

今後も、気になることはメーカーと協議を重ね、お客様の満足度を上げるための品質向上に努めます。

海外補聴器メーカー「フォナック」新製品発表会に参加しました

2013年新春モデルがスイスのイヤーサポーター(補聴器)メーカーのフォナック社から発表されました。発表会の模様をレポートいたします。

補聴器の展示
今回はスタンダードモデルからプレミアムモデルまで一斉に登場。イヤーサポーター(補聴器)の要のICチップが新しくなり、新機能も入りました。新機能は「風の中での会話」と「オートステレオズーム」の2点。風の中での会話はゴルフ場など、風通しの良い屋外での使用が想定できます。オートステレオズームとはイヤーサポーター(補聴器)を身に着けた方の正面を聞き取りやすくする機能のこと。騒がしい中での聞き取りが想定されます。

新製品補聴器の体験
体験コーナーでは、実際に参加者もヘッドフォンを付けて新製品の様々な効果を比較しました。

ナノ補聴器
サイズとデザインについては、昨夏に登場したnanoという超小型の耳あな型補聴器が更に小型化して登場しました。耳にかけるタイプの耳かけ型イヤーサポーター(補聴器)のデザインは全般に変更が加えられているものの、今までの流れを踏襲したデザインであることを感じました。

フォナック補聴器の今後のキービジュアル
今回は至る所にこのキービジュアルが登場。これは視覚に訴えるフォナック社の新しいアイデンティティ。この絵の中に、様々な機能の説明が表現されているのだそうです。ネガティブなイメージが無い明るいデザインに、共感を覚えました。

<あとがき>

補聴器発表会の資料一式
発表会では様々な資料をいただきましたが、基本的には従来の製品がベースのバージョンアップという印象があります。このため、お客様へのイヤーサポーター(補聴器)の音合わせや型合わせなど、一連の作業を違和感なくスムーズに行えます。

フォナック 新製品発表会。超小型耳穴型補聴器が登場。


フォナック新製品発表会_フォナックナノ_展示台
8月11日(土)午後にPhonak社の新製品発表会に参加いたしました。終了後はメーカーの関係者や同業の諸先輩方とお酒をかわし情報交換。有意義な会合となりました。

フォナック発表会_フォナックナノ装着例 フォナック発表会_フォナックナノ
今回の注目は新製品のPhonak nano(ナノ)。春にオーティコンから日本での発売が開始された超小型耳穴型補聴器と同じサイズのカテゴリー。今後補聴器業界のスタンダードになると思います。

  フォナック発表会_ワークショップ1
選択制のワークショップでは、まずはアップグレードした補聴器調整ソフトの操作体験セミナーを受講しました。大きな変更点は無かったため、既に慣れたソフトでありスムーズに操作できました。

フォナック発表会_Naida S CRT装着例
補聴器調整ソフトの練習用に使用した補聴器、Phonak Naida S CRT。撮影の角度が若干2名で異なりますが、装着する人の耳によって納まり具合が異なることはお分かりいただけると思います。私の耳では横からでしたら全く目立ちません。

  フォナック発表会_カスタマージャーニー資料
選択制のワークショップとして、2つ目は顧客心理のコースを選択しました。お客様が聞き取りにくい状態の受け入れから補聴器を使用するまでの過程を、補聴器業界では○○ジャーニーと呼んでいます。フォナックでは「カスタマージャーニー」と呼んでいるようです。 すぐに自らの状況を受け入れて、補聴器を使用する行動に移れる方もいれば、そうでない方もいます。どちらかと言えば後者の方が多いと感じます。ではどのように我々がサポートに立ち会い、励まし、お客様の力になることが良いのか、そのヒントが○○ジャーニーにあります。普段の現場経験にて感じることを、このような座学にて整理することで、新たに発見することがあります。   <あとがき> ○○ジャーニーは以前からオーティコン社にて「エンドユーザージャーニー」という用語で、よく話を聞いてきました。先日同社にて開催された臨床心理士による講演や、今回のフォナック社のワークショップと合わせて、「心理」が補聴器業界で注目を浴びてきていることを感じました。 どうやったら「売れるか」ではなく、「お客様のことをまず考える→結果として補聴器の販売に至る」この流れが補聴器には大切だと私は考えます。当社に臨床心理士が在籍し、日頃からお客様との応対について根幹の部分から話合いを重ねていることも全てはこのためです。

リサウンド 補聴器新製品発表会。シンプルなモデル。

リサウンド・ベア発表会

※写真左:上段がリサウンド・ベア、下段がリサウンド・アレラ
※写真右:リサウンド社の補聴器の比較表

昨日、ジーエヌリサウンドジャパン株式会社による新製品「リサウンド・ベア発表会」に参加いたしました。今回の補聴器は価格と性能を抑えたモデル。上位モデルのリサウンド・アレラに用意されている小型の耳かけ型(RIE)や小型耳あな型の設定は無く、シンプルなラインアップ。

後半はリサウンド社の製品を使用した症例報告と、外部講師による特別セミナーを聴講。講師は博報堂 エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所 前所長の阪本節郎氏。

人生の捉え方が昔と今では異なるとのこと。昔は人生50年の時代。従って残りの人生は「余生」。しかし、今の50代には一花咲かせようという思いが強く「これから」という人生概念がある。これは有史始まって以来のことであり、団塊世代に向けたサービスが存在しない理由もこれに当てはまるというもの。今の50代は「成熟」ではなく、「センス」を喜びとする時代とのことでした。

<あとがき>
新製品の対象顧客は上位モデルのリサウンド・アレラとは異なることが、展示を撮影した左の写真からも、うかがえました。後半の阪本氏の講演を聞きながら感じたことは、どれも当店で理解して実際に活動していることということ。当店の行動指針に間違いが無いことを確認でき良かったと思いました。

オーティコン 補聴器新製品発表会。今年は「見えない」がテーマ。

オーティコン補聴器発表会インティガミニCIC

 

オーティコン補聴器発表会会場
※写真:会場の東京国際フォーラム あいにくの雨の中、全国から多数の関係者が参加

本日は午前の営業を終え、有楽町の東京国際フォーラムにて開催されたオーティコン(デンマーク)の新製品発表会に出席いたしました。概要をレポートします。

オーティコンの今年のテーマは「見えない」。耳あな型補聴器から耳かけ型補聴器、そしてパーツに至るまで可能の限りを尽くして小型化を実施。

オーティコン補聴器発表会のテーマ
※写真:オーティコンから発表された今年のテーマ

特に小型耳あな型のインティガミニCICは今まで一枚の平らな板だったアンプを、折り曲げてまで小型化を実現した程の力の入れよう。


oticon_seminer_intiga_minicic_ha-thumb-570x160-231
※写真:写真をクリックすると、拡大サイズでご覧いただけます
※写真左:小型に再開発されたマイク
※写真右:小型化のために折り曲げられたアンプ

 

インティガミニCICは今までの小型耳あな型補聴器を一新する驚きのサイズ。スライドを撮影した、下の写真でもお分かりの通り、目立ちやすい角度から撮影しても補聴器をつけていることが全く見えません。

 


oticon_seminer_intiga_minicic_fitting-thumb-570x160-233

※写真:写真をクリックすると、拡大サイズでご覧いただけます
※写真左:小型耳あな型補聴器のインティガミニCICの装着例
※写真右:装着例を拡大 補聴器を全く目視できない程、耳の奥にフィット

ただし、耳の奥の小さなスペースに収めるため、実際に製作が出来るのは、10人に2~3人程度の狭き門。製作可否の判断が重要になるため、ワークショップでは、耳のサイズ、採取後の耳型の計測、パスできる規定値の目盛りやその角度など、キーポイントを重点的に確認しました。

オーティコン補聴器発表会_ワークショップ
※写真左:製作可否の第1確認 耳の大きさを計測
※写真右:製作可否の第2確認 採取した耳型の寸法を細かに計測
オーティコン補聴器発表会_社長との談話
※写真:休憩中に、オーティコン木下社長(中央左)と弊社の代表(中央右)が談話

<あとがき>
補聴器の種類が年々増え続けていることで、解決できなかった症例を克服することが出来てきています。今回の「見えない」補聴器も必ずや多くのお客様のお悩みを解消出来る頼もしいバリエーションの1つになってくれるものと確信しました。しかし、どれほど良い製品をメーカーが用意してくれたとしても、最後にはお客様に応対する私たちが何を提案しどのように合わせていくのか、この技術が肝要であることに変わりはありません。

「小型=良い」と安易に考えず、大きい補聴器には大きい補聴器なりの理由があることも忘れないように、スタッフに新製品の技術訓練をする際には伝えたいと思いました。
(菅野 聡)

ドクターへの耳型採取の実技サポート

耳型比較画像:補聴器の製作過程で、耳の型を採取したもの。

先日の日曜日、休日返上で耳鼻咽喉科医師の講習会にサポート要員として参加しました。補聴器販売店協会の仕事でこの時期の年中行事の1つになっています。耳型採取の実習にて数名の先生方を担当させていただき、耳の型取り点検とアドバイスをする役割。

今回担当させていただいたのは初体験の先生方であったため、まず事故を起こさないことが第一。年中行事ではありますが、何度担当しても社員教育とは違う緊張感があります。

写真の2個の耳型は左右別々のお客様のもの。若干撮影した角度は異なりましたが、耳のサイズに大きな個人差があることが分かると思います。

既成品のイヤホンが耳にピッタリしないのは、耳の大きさに個人差があるからです。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook