専務 菅野聡のブログ

専務 菅野聡のブログ

営業再開から2週間が経ちました

東急プラザ渋谷店に合わせて、全店の営業を再開をしたのが6月1日。本日で2週間になります。色々な想いが皆さんにあると思いますが、いかがお過ごしでしょうか。当店のスタッフは皆元気に仕事に励んでいます。

この長期の休業期間では、基本的に店舗は臨時休業としていました。しかし、休業前日にご案内しました通り、補聴器の故障等、生活に大きく支障の出てしまうご相談もいただき、何度か応対いたしました。電話は転送にしていましたので、緊急の方とそうではない方を、いただいたお電話口にて分けさせていただき、後者の方は営業再開後の只今対応させていただいています。

まだ終わったわけではないものの、既に社会は大きく変わってしまいました。補聴器関係では医療機関の対応が気がかりです。先日、お客様のご自宅周辺の耳鼻咽喉科をご紹介したところ、「勝手に紹介しないでほしい」と医療機関よりクレームのお電話をいただいてしまいました。Withコロナの中では、突発性難聴などの緊急性の高い患者以外の聴力検査はしていないとのことでした。今までは、このようなケースは無く、他の医療機関がどのように診療しているのか、確認が必要な状況にあると思いました。

「補聴器はできれば使いたくない」そう思う方は多くいらっしゃいます。ご家族が何とかやる気になってもらうようにお話して、お連れになるケースが多々あります。そのような中で、「耳鼻咽喉科を受診してから来店してください」としてしまっては、重い腰がまた上がらなくなってしまうかもしれません。当店が対象としているお客様はそのような「無関心期」の方々です。このため、一旦は来店いただき、お会いしてお話をするところから始めることを基本方針にしています。その上で、受診いただくようにしています。

Withコロナの中では、この医療機関との連携方針も含め、色々と見直しが必要なことがあります。しかし変えてはいけないことは「補聴器で困っている方をゼロにする」というずっと続けてきた信念。東急プラザ渋谷店を作ったのも、新たな角度からその問題にアプローチするためです。

いい意味の方向にも変えることが出来る。そう思って、毎日課題の解決に取り組んでいます。一人ひとり、新たな日常の在り方を考えていきましょう。補聴器で困ったことがあれば、是非お声がけください。

25周年のご挨拶と、臨時休業の今、そして動画公開について

緊急事態宣言が発令されてから、10日となりました。皆様、どのような気持ちでお過ごでしょうか。

本日4月17日は当社の創立25周年の記念日。私の両親が自宅の一室から始めて四半世紀の時が経過した記念すべき日です。記念すべき節目となるこの日に、店舗でお客様をお迎え出来なかったことは非常に残念です。ですが、今は「Stay home」。家にいましょう。

今回の緊急事態宣言の発令を受けて、補聴器専門店がどのように行動すべきなのか、悩みました。簡単に決めてしまえば「一斉臨時休業」ですが、難聴でお困りの方にとっては私達は必要です。とはいえ、通常通りにどなたでも受け入れてしまう営業をしてしまっては、私達にもお客様にも感染リスクが高まります。このため熟考した結果、店舗は全店臨時休業。補聴器の故障等「生活に著しく問題が生じる場合」に限り、修理受付のご対応のみ受付。対応するスタッフは私のみ。それ以外の音質調整などは一旦受付を見合わせ、外出自粛を図っていただくことに決めました。今回のような事態では、100%正解の行動は無いと思います。緊急事態宣言の初期段階においては「Stay home」をまずは第一に行動する。なんとか早く終息してほしいものです。

ちょうど当社の25周年の記念日である本日、Just earの公式動画も公開されました。私、菅野聡も出演しています。ご自宅で一息入れる際にでもご覧いただき、私が開発段階から関わり続けている「Just ear」について理解を深めていただければ幸いです。

「補聴器とマスク」、「渋谷で手作りマスク」

補聴器をしたままマスクを外す方法

補聴器とマスクを併用している状態

この時期、耳かけ型補聴器で気を付けなければいけないことは、マスクの正しい取り外し方をマスターすること。

補聴器をしたままマスクの下側のゴムを掴んだ状態

通常、マスクのゴムは耳の下から外します。

マスクのゴムが補聴器に引っかかってしまった状態

しかし、この外し方では、耳かけ型の補聴器では、マスクのゴムが補聴器に絡みます。

補聴器をしたままマスクを外すための正しい持ち方

補聴器を耳に掛けたまま、マスクのみ外す時は、通常とは逆の位置(上側)のゴムを掴んでください。

補聴器をしたままマスクを外すための正しい持ち方2

そのまま、マスクのゴムを上方向に引っ張って外すと、補聴器にマスクのゴムを引っかけずにマスクを外すことが出来ます。最初は違和感があるかもしれませんが、慣れると簡単にできますので、気を付けてみてください。音楽を聴くために使用する耳かけ型のワイヤレスイヤホンなども同様と思います。

渋谷で手作りマスクを

shibuya-sanで手作りマスク

今年は、新型コロナウィルス感染症の対策として、多くの方がマスクを使用しているため、マスクが不足しています。昨日の読売新聞の記事にマスクの自作記事がありましたが、読んでみると、東京ヒアリングケアセンター東急プラザ渋谷店が入っているビルのテナントが自作マスクを配布しているという記事でした。場所は東急プラザが入っている渋谷フクラス1階の「shibuya-san」というお店です。海外からの旅行者向けのお店です。早速本日伺ってみたところ、マスクの自作のためのワークショップも開催されているとお聞きしました。

shibuya-sanのマスクを装着した状態

装着してみたところ、肌あたりに少し硬さは感じるものの、サイズの合わない市販のマスクをするよりも良いのではないのか…と思う程に隙間の無い密着感がありました。おそらく生地はキッチンペーパーを代用されているのかなと思いましたが、中々の出来上がりで驚きました。生地も変えて自作してみても面白そうです。自宅で暇を持て余している子供たちに、教えてみようかなと思いました。皆さんも試してみてください。