専務 菅野聡のブログ

専務 菅野聡のブログ

雑誌MONOQLOでのイヤホン批評について(後編:実際の評価内容)

装着感においては「高価格=高性能」とは限らなかった

今回は、5,000円台から2万円台までの24製品を評価。高価格であれば、全てを満足できるものになっていると思いましたが、結果は、装着感の点では必ずしもそうではなく、かえって、安価な製品の方が、良い場合もありました。耳の形状によっては、落下を考慮する必要のある製品まであり、悪い評価になってしまった製品は「要精密検査」行き製品としてリストアップし、先に進みました。

とんとん拍子には進まず、10時間以上をかけて採点

製品テストに6時間。事前準備と事後調整に4時間。合計10時間を要して評価しました。悪い評価になってしまった製品には、きっと何か理由があるはずと思い、プラスアルファの評価が可能か、更に多角的に検証を行い、再評価しました。その結果、そのイヤホンの想定している使用方法が評価基準と合致していないのだとわかった製品は再評価し、どのように再検証しても、理由が見当たらない製品はそのままとしました。

一例としては、フィットしにくいイヤホンを、なぜフィットしにくいのか考察したものがあります。価格帯やデザイン性そして構造設計の観点から評価した結果、製品のコンセプトが遮音よりも簡単に取り外しができた方が良いと思われる製品だと理解できました。外音を常時取り入れるイヤホンなどは、そもそも遮音しないため、採点項目を除外し評価するなどアレンジしました。

評価の中で見えてきた、本体形状とイヤーピースの理想形

<イヤーピースには、柔らかさと適度なコシが欲しい>
イヤーピースの形には大きく分けて、「お椀型」「寸胴鍋型」「気球型」の3タイプ(勝手に命名)がありました。各機種毎に、薄い柔らかなものから、肉厚の硬いものまで様々。気球型のドームは遮音という点においては理にかなっており、密着具合は良好でした。イヤーピースのみでフィットさせるタイプのイヤホンでは、適切な形状と思いました。

<同一形状のサイズ展開以外に、形状のバリエーションも欲しい>
正円の耳、楕円の耳、縦長の偏平耳など、耳の形は左右でも違うくらい、大きな個人差があるので、縦長なタイプもバリエーションにあると良いです。もしくは、このような形状のお耳の方は、自分に合うイヤーピースを先に用意してからそれに合うイヤホンを探す…という選択方法が適切かもしれません。

<装着感としては、できるだけ耳の中に入る部品は小型であってほしい>
今回のポイントとしては、音を出すドライバー以外のパーツが邪魔をして、しっかりフィットしないことが多々ありました。耳の形は複雑なため、最低限、耳の中に入る部分は、可能な限りシンプルかつ小型であってほしいと思います。もちろん良い音を実現するために必要不可欠な場合には、大きくても致し方ないですが。

<安定性の面では、イヤーピースを支えるパーツがほしい>
安定性を高めるためには、イヤーピースをしっかりと耳に押し込む必要がありますが、雑誌では「ウィング」という言葉で紹介したグリップ力を高める部品もあると、イヤーピースを押し込みすぎなくても安定するので、安定感が悪いと思う方は、「ウィング」のあるタイプがお薦めです。「ウィング」にも、厚み、柔らかさ、形状など、色々な特徴がありますので、ご自身の耳に適したタイプを見つけてください。

<密着性能の高いユニバーサルで気を付けること>
あまりに密着性が高いものは鼓膜への圧が強いようにも感じたため、着けはずしの頻度が多い人には、耳への負担も考慮して選定することを、お薦めしたく感じました。

左右独立型のワイヤレスイヤホンは、これからに期待

<左右独立型のワイヤレスイヤホンは「安定性」が一番重要>
万が一イヤホンが耳から外れた場合、コード付きであれば肩で止まりますが、完全ワイヤレスでは…。このため、「安定性」に優れていることが、大前提であると評価しました。今回批評した中では、ほとんどのイヤホンが、理由があってのものなのか、ビー玉のような丸い形状に全てのパーツが含まれているイヤホンでした。このため、ある程度の大きさの耳であれば良いですが、小さめのお耳の方にはフィットしない懸念を感じました。

<左右独立型ワイヤレスイヤホンは「充電端子周り」の処理もポイント>
充電端子や、その周りの処理は、大半の製品が同じような状況で、装着感よりも充電の安定性が重要視された形状。充電端子の配置場所によっては擦れてヒリヒリするものがありました。全体に改善してもらいたいポイントです。

<総合的に良かったのは2メーカーのみ>
装着感へのアプローチはどちらも異なりましたが、総合的に評価したところ、これならばと思うものは2つのメーカーのみでした。今回、コードありとコード無しのワイヤレスイヤホンを試しましたが、やはりコード無しの方が明らかに利便性は高いので、今後様々な改良が加えられていくことは確実。買い替えていく度に、音だけでなく装着感も性能が上がっていくと感じていただけるものと思います。これからに期待のジャンルであることは間違いありません。

雑誌MONOQLOでのイヤホン批評について(前編:評価方法)

雑誌モノクロ10月号表紙

評論家デビュー作への意気込み…

今回、「テストするモノ批評誌 MONOQLO(モノクロ)10月号 10周年記念号」の巻頭特集ページにて、ユニバーサルイヤホンに対して批評するという初めてのお仕事をいただき、さてさて「装着感」の評価とは、どのように行うべきであろうかとなり、評価方法を検討する事前準備から始めることにしました。

一応「評論家」デビュー作となるだけに、自分で納得のいくものにしたい。そして、この批評の精度が、現在の補聴器やJust earの事業に悪い影響があってもいけません。更に、各メーカーが商品化するまでに、(おそらく)試行錯誤を相当されて出来上がっていると思うだけに、勝手気ままにフィーリングで評価するものでもない…とも考えました。

各製品に敬意をもって評価するために、多角的に「装着感」を批評し、理由ある点数付けを行うことに決めました。

良いイヤホンとは何か

良いイヤホンとは、どのようなものでしょう。イヤホンの装着感については、遮音性能をまず初めに思い浮かべましたが、使用目的は人それぞれであり、小さな音の聴き取りから重低音を望む方、外の音も入りつつBGM代わりに使いたい方まで、個人にとって「良いイヤホンの定義」は必ずしも一致しないため、そのための「装着感」も一様ではないという考えに至りました。

快適性、安定性、遮音性、イヤピースバリエーションで評価

そこで、今回は「装着感」を支える詳細評価として、「快適性」「安定性」「遮音性」の3点に絞ることにしました。そして、様々な耳の形状に合わせられる確率の評価として、「イヤーピースのバリエーション」も加え、合計4項目で評価することに決めました。

そして、補聴器とテイラーメイドイヤホンの両方のフィッティングに精通するイヤーフィッティングのプロとして、耳型採取からフィッティング調整を通して、数多くのイヤホン使用者のお耳に触れてきた経験もフル活用し、自分の耳だけではなく、様々な耳への展開を加味して批評しました。

実際の評価については、「後編」に続きます。

補聴器技術を高めさせてもらった、あなたとの出会い。そして別れ…。

一般的には、補聴器は買い替えを続けて、長いお付き合いになるのですが、その期間は短くあるべきというのが、補聴器業界のごく当たり前の常識。「どんどん買い替えを提案していかないと」と良く勧められるのですが、性格上、そういうことはできず、一度お作りさせていただいた補聴器を長く大切に使っていただきたい、そう思っています。

補聴器技能者という仕事の宿命、それはご高齢の方が、主なお客様のため、年単位でお付き合いを重ねる中で、良い関係を築けて良かったと思っていた矢先に、その方の天命が来てしまい、突然の別れを迎えるというもの。すごく、辛いです。

昨日も、突然の訃報に、肩を落としました。何となくお元気が無いように見えてはいたものの、まさかと…。

このお客様はかなり特別な方。聴力データやお耳の状態、客観的に考えれば、この一択。そういう選択肢しかないお耳でした。しかし、それを選んだ場合、その方のお仕事でその補聴器は使えないことを意味しており、総合的に考えれば、何とか別の方法を模索したいというものでした。そんな中、当店のお客様からのご紹介で来店されました。

医療機関から紹介された補聴器専門店での試聴結果や提案された補聴器は、特におかしくはありませんでした。前述の通り、客観的に考えれば、適切。でも・・・その方のお仕事を考えれば、私としては「あり得ない」選択でした。

とはいえ、他の提案を模索できるほど、選択肢のあるお耳でもなく…。

今になって思えば、良くひらめいたなと思いますが、「この手法を実現すれば、不可能を可能にできる。」ピーンと、アイデアが頭に浮かんだのですね。通常の補聴器技能者ではありえない方法を編み出して、補聴器を製作しました。かなりトリッキーな作り方になるため、ご本人に説明し製作意図へ同意いただき、メーカーの設計者にも頼み込み製作に漕ぎ着けました(一度は跳ね返された記憶がありますが…)。

どうして、あんなトリッキーな手法を思いついたのだろうと、想いを巡らせてみると、それは、私が補聴器だけでなく、テイラーメイドのイヤホンの仕事に、かなり、のめり込んでいたからだと思います。一般のお客様から、著名アーティストまで、年間最高1,000人の耳型を採取したりして、耳の特徴が嫌でも体に刻み込まれました。たった一度の結果のみが求められる言い訳が通用しない現場も経験しました。そんな経験が活かされ、「この方法を使えば、いいんじゃないか」と、後にも先にも、このお客様のために考案した技法を実施しました。

「小さい耳に小さな耳あな型補聴器を作る。」これは、かなり非現実的ですね。でも、それをこのお客様では実現できた。私の経験を総動員したからこそ、できた。そして、喜んでいただけた。一般的な医療機関を通したルートでは解決できなかった課題を、プライベートで紹介を受けて、対応できた。…痛快でした。

後にも先にも、この方だけのために行った技法により、出来上がった世界に一つの目立たない補聴器。広告宣伝で活用される「小型」や「目立たない補聴器」などが一蹴できるほどの、完成度。自分にとっては「作品」と呼んでも過言ではない出来上がりであったため、もっと使っていただきたかった…。でも天命には抗えませんね。

故人には…、どうぞ安らかに…、そして、私に技術を高める機会を与えてくださったことに感謝し、今夜のお酒は、献杯です。