メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

老舗書店「有隣堂」が進める大改革から自社を熟考する

10月8日夜、母からの電話で、テレビ番組「ガイアの夜明け」を見る。

取り上げられていたのは、有隣堂。神奈川県民だった自分には、なじみ深い書店。そして、現在副社長のご子息が型破りな方法で、ネット販売が主流になりつつある難しい書店経営に活路を見出そうとしている特徴ある企業。

誠品生活という台湾の書店の日本での販売権を獲得し、日本の第一号店を日本橋に出店した。社員から「書店のノウハウを持っている自分たちが、海外の書店のブランドを扱うことに対して、モチベーションの維持が難しい」との声に、「残念ながら、「有隣堂」を出店してほしいという言葉はなかった。一切。みじんもなく。これが有隣堂の現状だ。」と、社員に危機意識を伝えていたところがとても参考になった。

ある程度の地位を確立すると、ノウハウもあり、プライドもある。現状を変えたくないバイアスも働く。変えたくないと思いやすいところは、私も同じ。ある程度確立してきたかなというものを変えるのはとても負荷がかかるし、開拓する道が目的地に向かっているかは、進んでみなければ分からないから、大きな不安が付きまとう。

変わらないことは簡単。ある程度は、変わらない方が、安定できる。「変化」を求めると、それが自分たちにきちんと適合するまでは、お客様から本来の変えたい目的とは別の姿に受け止められてしまうことさえもある。でも、新しいことに挑戦をしないと、気づいたら、社会に求められていない会社になってしまう。

そんな会社の未来を、私は望んでいない。安住してよいほど、日本の補聴器市場では、必要となる人たちの声に応えきれていないのは、客観的調査結果からも明らかだから。極々小さな家族経営の小さな企業であっても、「困っている人の助けになりたい」という気持ちが一番。不安は大きくても、あるべき姿を夢みて、道を拓く。

でも、皆がその想いについてきてくれるのか…おそらく、それはなかなか難しいこと。かなりの危機感がなければ、それは難しいことだから。一時代を築いた有隣堂でも、自店での出店を全く求められていないという現状。話す副社長も、聞く社員も、とても辛いことだったと思う。

そんな中、我々は大きなオファーを得た。大いなる名誉あることと思わなければいけない。とある方からお祝いのお言葉をいただいたのは、「誰でも関わりたいプロジェクト。だからといっても、決して入れるものではないこと。オファーが入ったということは、それだけとても名誉あることですよ。」と。

いただいたそのお言葉を、素直に私は受け止めたい。これからしなければいけないことは、賛同して同じ方向を向いてくれる人を、もっと増やしていくこと。色々と模索を始めました。とても前向きな悩みです。

(記憶を基にこのブログを書いたため、番組に関する詳細表現は、少し意訳があるかもしれません。ご容赦ください。)

(お客様と自分の)満足度を高めるための「三方よし」

ブログを更新しようと準備をしていたところ、公開を忘れたままの6月の下書き原稿が残っていることがわかりました。1カ月も前のことで少し記憶が曖昧ですが、文章としては、伝えたいことがまとまっており、ちょうど一カ月前の6月18日に作成したものであったこともあり、公開することにしました。型どり業者、型どり屋さん、フィッティングのプロ…フィッティングを主業務として行う者への評価は人それぞれ。このブログから、私の仕事について何らか感じていただけるものがあれば嬉しいです。

===(6月18日に、当日の出来事についてまとめたブログ)===

今日、とある仕事のことでスタッフに対して、先日読んだ雑誌に出てきた近江商人の「三方よし」について、話をしました。先週起きたJust earの耳型採取での出来事もまた、「三方よし」の考えから発生したものかなと思い、今日のブログはそのことに関するお話です。

先日ご紹介した「わたしのオト」の特集でも書かれていますが、Just earの耳型採取は他のそれとは大きく異なります。耳型採取時にセッティングする特殊なヘッドゲージを用いるJust earの耳型採取。耳型採取とは耳の型を採取するという行為が本来は基本の仕事ですが、Just ear用の耳型採取では大きなダイナミックドライバーやその他の部品を適切に耳に収めるために、特殊な器具を用いて、設計者やデザイナーの視点も併せ持ち、採取しています。「よい音のために」できるだけよいフィット感になるような採取法をベースに、さらに、大きな部品をできるだけ美しく収めるために、そして、部品が適切に組み込まれるように現実性も考慮して、コンマミリ単位又は、それ以下で、セッティングを行います。

先日のTwitterにて「120%の力を込めて耳型採取をしている」とツイートしましたが、先週は200%の力を込めて採取するケースが多々続きました。120%という言葉には、毎回全てのお客様に100%全力投球しているという意味を込めました。200%とは、100%の全力投球だけでは全く歯が立たない難しい耳だったという意味です。お一人に対して200%の集中力を注ぐのは、その字の通り「心血を注ぐ」行為で、大きな疲労を伴うもので、とてつもなく疲れました。何も考えずに採取すればすぐに採取できますが、できるだけ良いフィット感に、そして完成品が美しく、製作者にとっても作りやすく…言い換えれば今日スタッフに話した「三方よし」に通じる考えで耳型採取をしているのだなと感じました。

本日はJust earの音質調整モデル(XJE-MH1)の納品日。XJE-MH1のお客様の楽しみは、音質コンサルタント(メーカーエンジニア)に対して、完成品でも音質のリクエストをできること。私にとって興味あるところは、フィッティングの完成度を対面で確認できること。特に、装着感とともに突き詰めた中で完成した、イヤホン装着後の美しさの出来栄えを見ること。おそらく日本で、いや世界でここまで、たったイヤホンの耳型採取のために、心血を注ぐ技能者はいないだろうなと思いつつ、テキストだけでは伝わりませんが、今日納品させていただいたお客様のJust earは、とてもきれいで、苦労が報われた瞬間でした。

夏の外苑前といえば「高校野球東京大会」と「神宮外苑花火大会」。

外苑前駅最寄りにある神宮球場

外苑前の夏の風物詩といえば、神宮球場で行われる「高校野球東京大会」や「神宮外苑花火大会」。高校野球西東京大会は昨日決勝が神宮球場で行われ、早稲田実業の清宮選手が注目されていましたね。敗れはしたものの、清々しく、スポーツマンとして好印象でした。まだまだ続くこれからの活躍に期待したいですね。

8月のメインイベントは「神宮花火大会」。例年土曜日開催が多かったため、補聴器相談はきちんと定時で終了し、花火の帰宅ラッシュに巻き込まれないように帰宅しないと…と、いつも思っていましたが、ここ最近は日曜日に開催している気がします。今回も日曜日(8月20日)とのこと。

今年は国立競技場が建て替えのため、いつもよりは来場者が少ないのでしょうが、とても混雑すると思います。遊びに行かれる際には、お気を付けください。

工事中の国立競技場

工事中の国立競技場。いつも青山店から車で移動する際に、神宮球場の前から国立競技場の跡地を見ると、この工事現場になぜか大きな建物が見えます。「もう何かできたの?」と、遠目では錯覚してしまうのですが、実は国立競技場の奥にある前回の東京オリンピックで使用された「東京体育館」が見えているだけなのです。時々しか通らないため、毎回ドキッとしてしまいます。どのような建物になるのか、完成が待ち遠しいですね。

店主の休日ブログ(外苑前駅隣の表参道駅周辺を散策「COS~ヨックモック~TOBICHI」)

今日は補聴器業務とJust earのJapanツアーの、束の間の休息日。
休日ですが、南青山のショップ情報を入手したので、青山周辺を散策してきました。場所は青山店の隣駅の表参道駅(東京メトロ銀座線)からすぐ近くの南青山。青山通りを境に、表参道ヒルズ方面が北青山、反対側が南青山になります。

店長休日ブログ_表参道駅周辺1

最初のお店は、まだ日本に進出して数年の「COS」というファッションブランドのショップ。
H&Mグループのハイブランドとのこと。生地が良いという話を聞いていましたが、噂通り、低価格ながら、気持ちの良い肌触り。Just ear開発責任者の松尾さんも好きそうな雰囲気のお店だったので、Just earオーナーには青山店に来たついでに、ぜひお勧めしたいスポットだと思いました。

店長休日ブログ_表参道駅周辺2

特に今は50%OFFのバーゲンセール中。私には袖丈が合わないブランドのようで、気に入ったシャツは買えなかったのは残念。。。「青山でファッションの買い物」と考えると少しハードルが高く感じるかもしれませんが、入りやすい価格なのでお勧めです。若い世代からご年配の方まで幅広いお客様が来場していました。

店長休日ブログ_表参道駅_ヨックモック

休憩をしようと入ったカフェは、COSの向かいにある、有名店「ヨックモック」。
デパートの洋菓子コーナーではおなじみのあのブランドの本店です。青山繋がりで、補聴器のお客様から時々非売品のチョコをいただきます(とても美味)。あいにく、今日は満席のため休憩はできませんでしたが、代わりに食べ歩き用として買ったのは、定番商品「シガール」のアイスタイプ。

表参道駅_ヨックモックのシガールアイス
初めて食べましたが、暑い日には、とても良いお味でした。
息子もアイスを完食。

表参道駅周辺_tobichi

最後に向かったのは、最近スマホを入れ替えた際に、いつの間にかにインストールしていた「ほぼ日」のアプリで存在を知った「ほぼ日」のリアルショップである「TOBICHI」。表参道側を背にして、COSとヨックモックの道をそのまま進み、根津美術館を左折して少し歩くとあります。(ちなみに、左折せずに右折をすると、BLUE NOTE TOKYOがあります。)
事前に知らなければ、素通りしてしまいそうなところにありました。まるで私の店舗である青山店のような。

表参道駅周辺の路地
「TOBICHI」の横にある、路地が、絶妙に良い雰囲気を出しており、何もないかもしれないけれど、歩いてみたいそんな道でした。
そう、青山店も店前の一本道(熊野通り)に何とも言えない良い雰囲気を感じていたため、「マーケティング戦略」などビジネスライクな思想を抜きにして、誘われるように移転を決定した経緯があります。

最後の締めとしては、青山界隈はとても雰囲気が良いことを再認識したということ。
特に何もないかもしれないけれど、散策したい気にさせる路地を歩きに、また散策したいと思います。南青山は青山店最寄りの外苑前駅からでも歩ける距離に色々とショップがありますので、ぜひご来店の際に散策してみてください。

生演奏で心に響いた一フレーズの言葉

昨夜、宇崎竜童さんのLIVEに行ってきました。
会場はご自身のLiveBistro「November Eleventh1111」。通常は様々なアーティストが出演していて、年に数回宇崎さんのLIVEもあるそうです。

November Eleventhのロゴ

店内はお聞きしていた通り、40数名の来店者とバンドとの距離が直近のコンパクトなお店でした。大きなジャズクラブでの経験から、爆音になるのかなと少し不安もありましたが、実際にLIVEが始まってからはそんな心配も払しょく。専門のミキサーの方がいるため、様々的確に調整されているのだと思います。

定番メニューのキャベツステーキ

食事は各自1品オーダーし、飲み物は生ビールからスタート。
ネットでお薦めされていたキャベツステーキはチーズのソースが格別でした。パンが必須です。

ほおずきの店内照明

※写真:ほおずきの店内照明

懐かしの歌から新曲までとても楽しい時間を過ごすことができ、飾らないカッコよさを感じました。わかりやすく直球で胸に響くような、これが「ブルース」なのですね。

ライブステージ

一番心に響いたのは「生きてるうちが花なんだぜ」という一フレーズ。
そうだよな、と。難聴になると、集まりから遠ざかったり、どうしてもネガティブになりがち。ましてやご高齢の方の新規補聴器相談ともなると「もう長くないから…」とご購入を躊躇されることが少なくありません。年齢を問わず、全力で生きること、楽しむことに妥協しないこと、これが人生の醍醐味なんだなと受け取りました。この言葉をハートに入れて、日頃の接客に全力で臨み、お客様へも補聴器をつけることによる”楽しみ”をもっと伝えよう、そう思いました。

気分一新、やはり音楽の力は絶大。素晴らしいです。

補聴器相談の合間に植栽メンテナンス

一昨日、青山店に2鉢ある「ねむの木」の剪定をしました。すくすくと、どんどん伸びるので、定期的なメンテナンスが欠かせません。今年は日が強いのかショーウィンドー側の「ねむの木」は葉がボロボロ落ちてしまい、大変な事態に…。

青山店ねむの木の剪定前

ちょうど店の前を通りがかった植木屋さんへ相談。

青山店ねむの木の日焼けの状態

診断結果は…「日焼け」だそうです。表情が豊かな植物で愛情もって育ててきましたので、まずは大丈夫そうで一安心。葉っぱが日焼けするとは初耳でしたが。

青山店ねむの木の剪定後

猛暑続きで、疲れてしまったのかな。
一先ず長く伸びすぎた部分と枯れた部分をカット。まだ中途半端な長さですが、成長の様子をみながら、きれいに剪定していきたいと思います。

今年の夏は少し手前に下げて、日よけをして静養させることにしました。

「郡上おどりin青山」来年の参考に

郡上おどりin青山入口

2012年6月。今年も無事郡上おどりin青山が終了しました。今回からスタッフとして参加しましたが、色々な方々との交流があり楽しい2日間でした。来年の参考までに会場での遊び方をご紹介します。

郡上おどりは「見るおどりではなく、踊るおどり」。まずは、おどりを楽しむ装いを。

郡上おどり_浴衣とヘアメイクと下駄

まず来場されたら、浴衣を購入し、女性であればヘアメイクをいかがでしょうか。担当は外苑前の呉服「橘屋」さんと南青山のヘアメイク「ピュアアクア」さん。そして、郡上物産展にて扇子や下駄を購入したら準備完了。ちなみに下駄は裏にゴムが張っていないタイプがお薦め。下駄を鳴らしておどる時にゴムがあると雰囲気が出ませんので…(体験談)。

郡上おどり_踊り風景

おどりが始まる前には講習会があります。本番でおどりがうまい方には、あるタイミングで郡上おどりの免許状が進呈されます。簡単に覚えられますので是非ご参加を。疲れたら休憩スペースをご利用ください。青いTシャツの後ろ姿は私です。ゴミの片付中でした。

郡上おどり_ドリンクと焼きそば

のどが乾いたらお酒やソフトドリンクをどうぞ。商店街のお子さんたちもお手伝いに参加。この子たちはこういうところから自然と接客方法を学んでいくんだろうなぁと感じました。おなかが空いたら、秋田のB級グルメ「横田焼きそば」や郡上のフランクフルトがおいしいです。

郡上おどり_ハムと物産展

少量生産のハムで郡上八幡限定だそうです。物産展には駄菓子から日本酒など様々なものがあります。お土産にもいかがでしょうか。

小耳にはさんだ情報では来場者は過去最大の8,000人近くだったとか。
単なる街のお祭りではなく、日本の文化を発信する立派な社会貢献イベントですね。

補聴器相談を終え、天ぷら屋さんでランチ

今日は午後の予約が延期となり、久しぶりに午前で補聴器相談を終了。午後からの事務仕事を前に、昼食は外苑前駅前の天ぷら屋さん「磯美屋 本店」さんに入りました。

外苑前駅前の天ぷら磯美屋さん本店
※写真:磯美屋 本店(青山外苑前商店街のWebサイトより抜粋)

独身の頃は時々伺ってましたが、最近はすっかりご無沙汰してしまい、しばらくぶりの来店。しっかりと味のついた私好みの天丼を堪能しました。

補聴器相談後のランチや夕食などに、ぜひご利用ください。

郡上おどりin青山、開催します!

「郡上の八幡出てゆく時は、雨も降らぬに袖しぼる~♪」

 

本日30日(土)と7月1日(日)、青山の外苑前で郡上おどりin青山があります。

一昨年より会場を梅窓院から秩父宮ラグビー場駐車場に移転。今年も郡上八幡から郡上おどり保存会の方々がお越しになるので、本場さながらの歌とおどりが楽しめることでしょう。

郡上八幡の郡上おどりは33夜にわたって踊る、日本一ロングランの盆踊り。400年続く、国指定重要無形民俗文化財でもあります。

 

gujou_odori_aoyama2012.jpg
※写真:青山外苑前商店街振興組合Webサイトより

今回、私はスタッフとして物販や清掃など、会場内をうろうろしていると思います。見かけましたらお声掛けください。

30日(土)の青山店の営業時間は通常通り午前までとなります。会場へのご来場をお待ちしております。

タイムスケジュール
午後1時 郡上物産展 販売開始
午後3時30分 踊り講習会
午後4時 郡上おどり開始
午後5時45分 お楽しみ抽選会
午後7時30分 おどり終了(7月1日は午後7時でおどり終了)
(タイムスケジュールは変更になる場合があります)

神宮球場で金環日食を観察

金環日食観察場所_神宮球場内

金環日食、観察できましたか。私は家族を連れて、同じ商店街の東京ヤクルトスワローズさんのご厚意で球場内で観察することができました。地元青山小学校の生徒さん御一行と一緒に。 

金環日食_専門家の解説

専門家による解説があり、 家で観るのとは違う楽しさがありました。NHKなどのTVも来ていました。

 

太陽観察専用サングラスで娘と観察

娘と観察。グラスをかけて撮影すると面白い顔になってますね。 

 

金環日食1

 出来るかなとビデオカメラで撮影してみたところ、成功。綺麗ですね。

 

金環日食2

 グラスを外して撮影してみたら、こんな感じに。

 

金環日食_日食の種類

日食について不勉強で、皆既日食のようになるのかなと思っていましたが、違いました。 

 

金環日食_ベイリービーズ

曇っていたため、「このベイリービーズは観れないですね」との解説のお姉さんの声。ビデオカメラでは観れたように思ったので、帰宅後に確認してみます。 

 

金環日食_次回6月6日_金星の日面経過

何と6月6日に今度は金星の日面通過が観れるそうです。またこのグラスを使ってくださいと言われました。 

 

金環日食_つば九郎と

 

最後につば九郎と撮影。
楽しいイベントでした。さすが地元密着の球団。東京ヤクルトスワローズ様、そして企画いただいた商店街のスタッフの方々、ご招待いただきありがとうございました。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook