その他

コロナ禍に思うこと

不安や不満そして疑問など、なかなかもどかしい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。高齢期のお客様が中心となる補聴器業務を生業とする専門店を運営する者として、なかなか色々と考えることが多い日々を過ごしております。

今年の大河ドラマの主人公は渋沢栄一。当社の渋谷の店舗がある商業施設は東急プラザになりますが、その東急の祖となる会社の創立に関わっていたのも、この渋沢栄一。明治期に数百もの企業の立上げに関わった渋沢は著書の中で「社会とは、そもそも矛盾しているものであり、正論を主張しすぎると、簡単に壊れてしまう」ということを述べているそうです。今のコロナ禍では、正論を主張したくなることばかりですが、渋沢のこの言葉に当てはめれば、それはそれで社会を壊しかねない…本日から一部の百貨店や商業施設が営業拡大に動かざるを得なかったことは、まさにこのようなことが当てはまるのかもしれません。個人個人のレベルで、どうすべきなのかを真剣に考えて行動することが、必要ですね。

青山本店は路面店であるため、本日より営業を再開いたしましたが、今現在の私個人の行動指針としては、無理をしすぎず、考えすぎず、余力をもつこと。その余力を研究の時間や次の準備に当てる。悲観も楽観もせず、立場の異なる人とは議論はしても対立はせず、コロナの先にある社会のみを、ただ見据えて、実直に行動する。自分には、これしかないかなと思っています。

外出の自粛はとても大切なことですが、しすぎてしまうと精神的にも認知機能にも、影響があります。コロナのことも考えつつ、適度な運動やコミュニケーションの時間もとるようにしてください。日光浴をして、体内でビタミンDを生成することも、実はとても大切。窓辺で5~15分程度でも日光浴をされることでもよいそうです(今お世話になっている医学研究者のお医者さんより教わりました)。

最後に1つだけ、このブログを読んでいただいた方へのプレゼントがあります。
この休業期間中に、散歩をしていたところ、公園で四つ葉のクローバーを見つけました。四つ葉のクローバー、見たことがありますか。私は初めてでした。良かったら、下の中から、探してみてください。

「補聴器とマスク」、「渋谷で手作りマスク」

補聴器をしたままマスクを外す方法

補聴器とマスクを併用している状態

この時期、耳かけ型補聴器で気を付けなければいけないことは、マスクの正しい取り外し方をマスターすること。

補聴器をしたままマスクの下側のゴムを掴んだ状態

通常、マスクのゴムは耳の下から外します。

マスクのゴムが補聴器に引っかかってしまった状態

しかし、この外し方では、耳かけ型の補聴器では、マスクのゴムが補聴器に絡みます。

補聴器をしたままマスクを外すための正しい持ち方

補聴器を耳に掛けたまま、マスクのみ外す時は、通常とは逆の位置(上側)のゴムを掴んでください。

補聴器をしたままマスクを外すための正しい持ち方2

そのまま、マスクのゴムを上方向に引っ張って外すと、補聴器にマスクのゴムを引っかけずにマスクを外すことが出来ます。最初は違和感があるかもしれませんが、慣れると簡単にできますので、気を付けてみてください。音楽を聴くために使用する耳かけ型のワイヤレスイヤホンなども同様と思います。

渋谷で手作りマスクを

shibuya-sanで手作りマスク

今年は、新型コロナウィルス感染症の対策として、多くの方がマスクを使用しているため、マスクが不足しています。昨日の読売新聞の記事にマスクの自作記事がありましたが、読んでみると、東京ヒアリングケアセンター東急プラザ渋谷店が入っているビルのテナントが自作マスクを配布しているという記事でした。場所は東急プラザが入っている渋谷フクラス1階の「shibuya-san」というお店です。海外からの旅行者向けのお店です。早速本日伺ってみたところ、マスクの自作のためのワークショップも開催されているとお聞きしました。

shibuya-sanのマスクを装着した状態

装着してみたところ、肌あたりに少し硬さは感じるものの、サイズの合わない市販のマスクをするよりも良いのではないのか…と思う程に隙間の無い密着感がありました。おそらく生地はキッチンペーパーを代用されているのかなと思いましたが、中々の出来上がりで驚きました。生地も変えて自作してみても面白そうです。自宅で暇を持て余している子供たちに、教えてみようかなと思いました。皆さんも試してみてください。

老舗書店「有隣堂」が進める大改革から自社を熟考する

10月8日夜、母からの電話で、テレビ番組「ガイアの夜明け」を見る。

取り上げられていたのは、有隣堂。神奈川県民だった自分には、なじみ深い書店。そして、現在副社長のご子息が型破りな方法で、ネット販売が主流になりつつある難しい書店経営に活路を見出そうとしている特徴ある企業。

誠品生活という台湾の書店の日本での販売権を獲得し、日本の第一号店を日本橋に出店した。社員から「書店のノウハウを持っている自分たちが、海外の書店のブランドを扱うことに対して、モチベーションの維持が難しい」との声に、「残念ながら、「有隣堂」を出店してほしいという言葉はなかった。一切。みじんもなく。これが有隣堂の現状だ。」と、社員に危機意識を伝えていたところがとても参考になった。

ある程度の地位を確立すると、ノウハウもあり、プライドもある。現状を変えたくないバイアスも働く。変えたくないと思いやすいところは、私も同じ。ある程度確立してきたかなというものを変えるのはとても負荷がかかるし、開拓する道が目的地に向かっているかは、進んでみなければ分からないから、大きな不安が付きまとう。

変わらないことは簡単。ある程度は、変わらない方が、安定できる。「変化」を求めると、それが自分たちにきちんと適合するまでは、お客様から本来の変えたい目的とは別の姿に受け止められてしまうことさえもある。でも、新しいことに挑戦をしないと、気づいたら、社会に求められていない会社になってしまう。

そんな会社の未来を、私は望んでいない。安住してよいほど、日本の補聴器市場では、必要となる人たちの声に応えきれていないのは、客観的調査結果からも明らかだから。極々小さな家族経営の小さな企業であっても、「困っている人の助けになりたい」という気持ちが一番。不安は大きくても、あるべき姿を夢みて、道を拓く。

でも、皆がその想いについてきてくれるのか…おそらく、それはなかなか難しいこと。かなりの危機感がなければ、それは難しいことだから。一時代を築いた有隣堂でも、自店での出店を全く求められていないという現状。話す副社長も、聞く社員も、とても辛いことだったと思う。

そんな中、我々は大きなオファーを得た。大いなる名誉あることと思わなければいけない。とある方からお祝いのお言葉をいただいたのは、「誰でも関わりたいプロジェクト。だからといっても、決して入れるものではないこと。オファーが入ったということは、それだけとても名誉あることですよ。」と。

いただいたそのお言葉を、素直に私は受け止めたい。これからしなければいけないことは、賛同して同じ方向を向いてくれる人を、もっと増やしていくこと。色々と模索を始めました。とても前向きな悩みです。

(記憶を基にこのブログを書いたため、番組に関する詳細表現は、少し意訳があるかもしれません。ご容赦ください。)