メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

Just earで全国を巡る、ジャストサイズな1カ月半【前半編その1:スタイリストさんについて語る】

「また体験記のようなブログ、今回も書くんですか?」との一声をいただきましたので、全国ツアーの前半について、まとめてみることにしました。

「ジャストサイズな日々(2つの意味を込めて…)」

まず今回は、その名の通り「Just fit」という意味のお話。
先週末からスタートした全国5か所にあるソニーストアを巡る、カスタムイヤホン「Just ear」の全国ツアー。先週の会場である札幌を皮切りに、この土日は東京にあるソニーストア銀座でも、販売会を行いました。(初回の札幌は…出張前日になって思いましたが、最後の会場にすべき場所でした…。なぜかと言えば、まだ季節は春が明けたばかりで、とても寒かったから。一年前は最後の会場で、ちょうど暑い中に心地よい気温で、良い締めくくりが出来たのですが、今年はまさかの11度。本番の夏に備えて、最後に取っておくべきオアシス的会場でした…。企画段階で気づかず、残念…。)

札幌はソニーストアのスタイリストさんに、Just earのオーナーさんがいるのが特徴的。一回目の販売会で、ご注文いただきました。遠方であるにもかかわらず、この方がいるから、札幌は一安心。そんな気持ちでいます。
このスタイリストさんにご注文いただいたのは、1年前。ちょうど大幅な納期をいただく時期で、前回の秋の販売会ではタッチの差で、納品が間に合いませんでした。感想を聞けずにこの夏の販売会を迎えることになったため、頼まれもせず、特別にこの方の耳型をメーカーから取り寄せて、持参してみることにしました。休憩時間を見計らって、フィッティング確認させていただこうと…。
その結果、Just earとしては、いい感じのフィット感でした。もし、日によって違和感を感じても、修正をするほどのものではないことが分かりました。引き続き、この方にお任せできれば…そういう安定感を当日の接客でも思いました。若いのに、流石です。

そして、この2日間の、銀座での出来事。
まず、予約状況でいえば、さすが本家本元の「銀座」。追加した2日目も、ほぼ予約満員の状況。特別に更に増枠した来月の枠も、ほぼ満員とのこと。こちらも、札幌に引き続き、流石の一言。流石さすがの「銀座」です。
今まで、銀座では、「受注のみの販売会」で、耳型採取は受注会の前後にお客様に青山店にお越しいただくようにしていました。そのためか、銀座ではあまり根詰めた業務をしていなかったため、スタイリストさんとは少し距離を感じていたのですが、今回はグッと縮まった印象を受けました。

ストア銀座を一言でいえば「総合力」と感じました。2日間メインでJust earの販売会を担当頂いたお二人とは、アイコンタクトとジェスチャーで、「少し待ってください」、「お耳、確認しました」などのやり取りが出来ました。1分1秒を削りたい私としては、とても重要。そして、この二日間にメインの担当ではなかった方からも、「お疲れ様です!」「お客様、お呼びしましょうか?」と、お声がけいただけたこと、とてもありがたく感じました。特に、疲労困憊の時の「お疲れ様です!」と、さらっとした業務用語ではない、相手の気持ちを推し量って声をかけられる気持ち良さとその表情、特に大きなリアクションはしなかったと思いますが、骨身に沁み、癒されました。

そして2日目の最後には、エレベーター前で、5階のスタイリストさん皆さんにお見送りいただくという、手厚いお見送り。中でも、初日にミーティングの進行役をされたスタイリストさんから「一名様、7月にご予約いただきました!」という共有のご連絡、とても嬉しかったです。

メインで担当頂いた方だけではなく、5階フロア皆さんとの連携で成しえた成功。(もちろんプロジェクトリーダーの松尾さんやストア本部の方の事前準備の功績は言うまでもなく…)
全国ツアーの後半戦に繋がる良いイベントとなりました。

次回は「ジャストサイズ」というキーワードを思いついたきっかけを軸に、続きを語りたいと思います。

補聴器からJust earまで、ドラマチックな1週間

先週は前半部分で今年のテーマに合致する解決すべき課題が見えてきた反面、後半は今まで取り組んできたことへの良い効果が感じ取れた、そんな1週間でした。

本当に色々なことが起きましたが、1つ挙げるとすれば、補聴器メーカーを退職された方から、補聴器相談を希望されている方をご紹介いただけたことです。あり得ないこともないお話…かもしれません。しかし、メーカーの方々は、全国の補聴器専門店のことを、良い面も悪い面も理解されています。特に、長年業界にいて、何メーカーもの所属経験があり、上層部にもいた業界の重鎮の方であれば…。今回はそのような「重鎮」の方からのご紹介でした。

現役中であれば、「自社のものを販売してほしいから…」など、ご紹介いただける理由は理解できます。しかし、引退された今であれば、そのような必要はありません。むしろ、以前ブログで書きましたが、紹介する場合は、デメリットも生じます。そのため、「売ってくれるだけの店」にはご自分の信用に傷がついてしまうリスクもあり、安易には紹介はされないと思います。

現役中に深い親交があったのであれば、紹介しやすいという理由で、ご紹介もあり得ると思います。しかし、退職後にお会いする機会はあったものの、現役当時に深い交流があったという間柄ではありませんでした。そのため、カルテに書いていただいたご紹介者名には、驚きを隠せませんでした…。

ご近所のお客様であれば理由は分かるのですが、ご来店には1時間以上もかかる遠方のお客様であったので、こちらも普通ではありません(青山店のお客様という点では、高速道路や新幹線をご利用されるお客様もおり、割と「近距離」のお客様ではありますが…)。お住まいと青山店の間には、いくつもの補聴器専門店がある中、そこを飛び越えて、わざわざご紹介いただいたわけです。

理由がわからなかったので、「ご紹介者の方は当店について何かお話されていましたか?」とお聞きしたところ、「補聴器は調整次第。この店には腕のいい人がいるから。」と紹介理由をお話されたとのことでした。

その一言を聞き、真摯に難聴と補聴器に向き合ってきてよかったなぁ…と思いました。最近はお酒をまた飲むようになりましたが、その日のお酒が格別に美味しかったのは、言うまでもありません。このところ、信頼していた方々が相次いで引退や転職をされてしまったのですが、この方々ともこのような良い再開が出来ればと思いました。

補聴器とJust earとノーマライゼーション

「ヒアラブルからノーマライゼーションの実現へ…」
今回はイヤホンやJust ear、補聴器にまつわるお話です。

このところ、イヤホン周辺で起きている変化について、補聴器屋として感じるところは、イヤホンが段々と「補聴器に近づいている」ということです。
「ケーブルレスの充電式イヤホンを耳に入れるだけ」「イヤホンと同じ形の集音機が大手メーカーから登場」など、行きつく先は、耳に何かを入れている「ヒアラブル社会」ではないかと思っています。
補聴器はかなりの変革を遂げているものの、「障害や老いを認める器具」として見られてしまい、補聴器を必要とする難聴者が使うには、なかなかのハードルがあります。
しかし、音楽用イヤホンの力で「ヒアラブルな時代」に社会が変われば、補聴器を入れることへの抵抗が、ぐんと低くなるのでは…そう思っています。
「イヤホンが補聴器に似た機能を持ってしまったら、菅野さんには脅威では?」と、時々質問されるのですが、むしろ歓迎だと答えるようにしています。
補聴する器具を使う方が増えれば、「医療機器の補聴器」を使う方も必然的に増えていくのですから…。

障害を持つ人と持たない人が平等に生活する社会を実現する「ノーマライゼーション」という考え方が福祉の分野にはあります。
Just ear事業を青山店で始めるにあたり、開発責任者の松尾さんからは「補聴器のお客様に迷惑にならないか」とご心配いただきましたが、私にはこのノーマライゼーションの考えがあったので、むしろ歓迎であることを伝えた経緯があります。実際には色々なハードルがまだあるのですが、解決方法をつかめているので大丈夫だと思っています。

今回のブログは、先日配信のメルマガにて書いたものです。カスタムイヤホン(カスタムIEM)という新しい事業に取り組んでいるのは、ヒアリングケアに関わる事業領域の拡大という側面もありますが、根底にはこの「ノーマライゼーションへの挑戦」という想いがあることを知っていただきたく、ブログにも転載することにしました。「安く販売する」という安直な方法ではなく、どうしたら補聴器をもっと使ってみよう、補聴器の相談に行ってみようと思ってもらえるのか…根本を変えるために、日々試行錯誤をしながら、挑戦し続けています。

Just earイベントMHワンフェスを振り返って

JustearイベントMHワンフェス
試聴開始直前

昨日は、「MHワンフェス」というJust earイベントを青山店で初めて開催しました。青山店では久しぶりの大型イベント。MHワンフェスという名前は、Just earを象徴する究極の一品「音質調整モデルXJE-MH1(通称MH1)」に由来しています。MH1とは開発責任者が自らお客様からの要望を基に、対面で音決めをさせていただく究極のテイラーメイドなイヤホンです。

初開催となった今回のMHワンフェスでは、MH1をお持ちのJust earオーナー7名様にプレゼンターとなっていただき、開発責任者の松尾氏にオーダーした自らの音を、皆さんにも聞いていただこうというイベント。特に第1回となった昨日は、声優さんの声にフォーカスされた方々を中心にプレゼンターとなっていただきました。「この人の声が一番よく聞こえるように!」とオーダーされた、かなりピンポイントに特化したチューニングになっています。(注:MH1のお客様が皆様そのような特殊なオーダーをされているわけではありません)

プレゼンターの方々と試聴のお客様
プレゼンターの方々と試聴のお客様

自らオーダーした際のポイントなどを話していたのか、プレゼンターの皆さんがとても生き生きとしていたのが印象的でした。まるで開発者がイベントでブースに立って、お客様の質問に答えるかのようでした。また、一時は50名を超える人が青山店にいる状況となり、金のプレイヤーが誕生するきっかけとなった、青山店での、あのイベントを思い出しました。「この人のMH1を聴かせてもらって、MH1作りたくなりました。」というお声や、「こんなイベントやってほしい。」とのお声もいただきましたので、2回目のMHワンフェスも開催したいと思います。Twitter上でもプレゼンターの方々がとても喜ばれていたことが改めてよくわかりましたので、開催してとても良かったです。7名のプレゼンターの皆様、お疲れさまでした!

<追伸>
最後に、松尾さんが社内のOutstanding engineer awardという栄誉ある賞を受賞されたことを記念して、トークショーを開催しました。その際にプレゼントを隠しておいたのですが、差し上げたのはテイラーメイドの万年筆インク。先日荷物を整理していたところ、偶然開発当時の松尾さんの耳のシェルが見つかったため、それを持参し、万年筆メーカーであるセーラーのインクブレンダー石丸治氏に特注色をオーダーしました。

Just earのMH1と同じく、対面でお客様の望みにプロが答えるという仕組み。ちょっと薄すぎますね。などやり取りを重ねるのも、MH1らしい。そして、最後に色の名前を付けるのも同じくなので、事前に色々と検討をしました。今回は、桐箱も用意してメッセージの刻印を入れたのですが、なかなか、名前やメッセージを考えるのは大変。以前行っていましたJust earの刻印サービスにて、皆さんが悩まれていた理由が、とてもよくわかりました。

非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛について

本日より始まりました、「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」というイベントに、補聴器メーカーのオーティコン社と共同にて協賛をしております。

青山店では、補聴器やJust earの展示コーナーに、ポスターの掲示とチラシの設置をしております。品川大井町店でも、ショーウィンドーにポスターを掲示しております。

世界で100万人以上が参加した、日本初開催のイベントです。詳細は、当Webサイトのお知らせページ「非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛のお知らせ」をご覧ください。私が協賛を決めた想いも一部述べています。

店主の休日ブログ(外苑前駅隣の表参道駅周辺を散策「COS~ヨックモック~TOBICHI」)

今日は補聴器業務とJust earのJapanツアーの、束の間の休息日。
休日ですが、南青山のショップ情報を入手したので、青山周辺を散策してきました。場所は青山店の隣駅の表参道駅(東京メトロ銀座線)からすぐ近くの南青山。青山通りを境に、表参道ヒルズ方面が北青山、反対側が南青山になります。

店長休日ブログ_表参道駅周辺1

最初のお店は、まだ日本に進出して数年の「COS」というファッションブランドのショップ。
H&Mグループのハイブランドとのこと。生地が良いという話を聞いていましたが、噂通り、低価格ながら、気持ちの良い肌触り。Just ear開発責任者の松尾さんも好きそうな雰囲気のお店だったので、Just earオーナーには青山店に来たついでに、ぜひお勧めしたいスポットだと思いました。

店長休日ブログ_表参道駅周辺2

特に今は50%OFFのバーゲンセール中。私には袖丈が合わないブランドのようで、気に入ったシャツは買えなかったのは残念。。。「青山でファッションの買い物」と考えると少しハードルが高く感じるかもしれませんが、入りやすい価格なのでお勧めです。若い世代からご年配の方まで幅広いお客様が来場していました。

店長休日ブログ_表参道駅_ヨックモック

休憩をしようと入ったカフェは、COSの向かいにある、有名店「ヨックモック」。
デパートの洋菓子コーナーではおなじみのあのブランドの本店です。青山繋がりで、補聴器のお客様から時々非売品のチョコをいただきます(とても美味)。あいにく、今日は満席のため休憩はできませんでしたが、代わりに食べ歩き用として買ったのは、定番商品「シガール」のアイスタイプ。

表参道駅_ヨックモックのシガールアイス
初めて食べましたが、暑い日には、とても良いお味でした。
息子もアイスを完食。

表参道駅周辺_tobichi

最後に向かったのは、最近スマホを入れ替えた際に、いつの間にかにインストールしていた「ほぼ日」のアプリで存在を知った「ほぼ日」のリアルショップである「TOBICHI」。表参道側を背にして、COSとヨックモックの道をそのまま進み、根津美術館を左折して少し歩くとあります。(ちなみに、左折せずに右折をすると、BLUE NOTE TOKYOがあります。)
事前に知らなければ、素通りしてしまいそうなところにありました。まるで私の店舗である青山店のような。

表参道駅周辺の路地
「TOBICHI」の横にある、路地が、絶妙に良い雰囲気を出しており、何もないかもしれないけれど、歩いてみたいそんな道でした。
そう、青山店も店前の一本道(熊野通り)に何とも言えない良い雰囲気を感じていたため、「マーケティング戦略」などビジネスライクな思想を抜きにして、誘われるように移転を決定した経緯があります。

最後の締めとしては、青山界隈はとても雰囲気が良いことを再認識したということ。
特に何もないかもしれないけれど、散策したい気にさせる路地を歩きに、また散策したいと思います。南青山は青山店最寄りの外苑前駅からでも歩ける距離に色々とショップがありますので、ぜひご来店の際に散策してみてください。

ソニーストア名古屋に、Just earを語れる若きスタイリストを見つけた。

本日はソニーストア名古屋でのJust ear販売会。全国のソニーストアを巡る、夏のツアーが始まりました。

Just ear開発責任者であるソニーの松尾さんはすでに各ストアでのJust ear熱を上げるべく1か月前からトークショーを始めていたので、今回が折り返しになります。(松尾さん、まだまだ折り返し地点ですので、お身体お気をつけて!)

今回は耳型採取で応対させていただいたお客様とのトークにも力を入れることにした甲斐もあってか、特にカスタムIEMをお持ちの方や、知識の豊富なお客様からは、私の耳型採取時の応対について、とてもお喜びいただけた印象を持ちました。

Just earをきっかけに当店のことをお知りになったお客様には、当店は「Just earの販売と耳型採取をしている店」という認識が強いかなと、最近思う時がありました。そこで、本日のお客様には、「実はJust earに関わる前から多くのメーカーの耳型採取を担当していたんですよ…」、「他の国産メーカーの立ち上げにも関わっていたんですよ…」など、Just earが始まる以前の当店に関するお話もしました。この他、「Just earの耳型採取の専用器具の開発話」なども。

そんな中、営業終了後の終礼の際に、名古屋でJust earのことを任せられるJust ear愛にあふれる若きスタイリストさんが見つかりました。今日一日、Just earを担当いただいた、このスタイリストさんから、感動的な一言をいただけたこと、とても嬉しかったです。疲れが吹き飛びました。「松尾さんの音も素晴らしいのですが、実は菅野さんの耳型採取も素晴らしいのです。しかも耳型採取だけでなく…」。Just earの素晴らしさを皆さんに共有するためのリポートも作りたいとまで仰っていました。とてもお若いのに感心です。
なぜこんなにも熱く語れるのかという話は、また別の時にブログに書きます。

色々と関わっている業務があっても、一部の作業のみがクローズアップされてしまうことは、しばしばあります。しかし、きちんと全体を見てくれている人が近くにいると思うと、またやる気がみなぎってきますね。

明日から1週間青山店での業務に戻り、週末は次のツアー先であるソニーストア大阪へ移動します。
高いモチベーションを維持して、ツアーを乗り切りたいと思います。

本日はJust ear記念日

本日はJust earの発売を開始して、2周年の記念日。

「会社の牽引役となるブランドにする」、「そうなれば面白い」という昨日のMH1でのお客様とのやり取りは、今後のJust earを象徴する会話だったなと思いました。

当社が補聴器事業とは別にカスタムイヤホンの事業を始めたのは、青山店開業当時に耳周りのオーダーメイドビジネスとして興味を持ったのが最初ですが、実際に開始したのは、開発者をサポートしてあげたいという想いから。補聴器事業で困っている人を助けたいという想いがあり、その流れで始めました。プロの方々もイヤホンではお困りのことが分かり、そちらにも事業を増やしていき、最終的には松尾さんからオファーをいただき、現在のJust earの全面サポートに至っています。

本日のイベント開始前に、松尾さんから「今日で2周年ですね。」とお声をいただきスタッフ一同2年前を振り返りながら、色々と考えました。2年前は発売開始から8月の夏休みが来るまで、一日も休まずJust earの仕事ばかりしていたなぁ、フジヤエービックさんに賞をいただいた時は、受賞記念イベントとして松尾さんと一緒に店頭に立たせていただいたなぁ…などなど。これもやらねば、あれもやらねば…と、疲労困憊気味であった気がします。

本日は限定モデルのない、2年前の今日と同じ商品ラインナップ。

唯一刻印サービスのみが当時には無かったものです。中々、他のメーカーさんとはアプローチの仕方が違いますが、本日もJust earは長蛇の列が途切れなかったようで、皆さんから今も変わらず注目いただいていることを実感いたしました。まだまだ2年の若いブランドで、伸びしろが沢山あります。

刻印サービスは明日のイベントで終了となります。もし刻印をご希望の場合は、明日もヘッドフォン祭にてお待ちしておりますので、Just earブースでご相談ください。そして、「こういうものがほしいんですよ、松尾さん!」など、青山店の開発者トークショーでお声を出していただいたことで、開発者の商品化への後押しに繋げたように、直接ご意見を伝えていただければと思います。松尾さんも色々と構想を練られていると思います。メーカーの方々が多く参加されているので、その構想実現に繋がるように、ほしいものがございましたら、ぜひお声を!Just earは、ユーザーの声が開発元に届く風通しの良いブランドですから。

本日、青山店は11周年を迎えました。

先週の月曜日に会社創立22周年を迎え、本日は青山店開業11周年を迎えました。

22周年を両手で表現してみたら・・・何だか幸せな気分が増します。11周年を両手の親指で表現すると・・・気分が良いです。縁起の良い日を無事に迎えることができたのは、お客様、医療関係者様、ビジネスパートナーの皆様のご支援ご協力のおかげです。そして、良いスタッフと共に仕事ができているからでもあります。

日々様々なことが変化しておりますが、その変化を受け入れ、取り込み、楽しむようにしています。

今年は変化の年。テイラーメイドのイヤホン事業は、いち早く変化が始まりましたが、補聴器事業も今年は変えていきます。

耳の日つながりの東京ヒアリングケアセンターのお話

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマーク

東京ヒアリングケアセンターのシンボルマークに関するお話。

昨日は3月3日。補聴器業界では耳の日といいます。語呂合わせですね。実は日本だけではなく、海外でも耳の形が数字の3に似ていることから耳の日なのだそうです。WHO(世界保健医療機関)では、3月3日を”World Hearing Day”と制定しているとのこと。

そこで今日は昨日の耳の日にちなんで、東京ヒアリングケアセンターにまつわる、「耳」のお話を書いてみます。東京ヒアリングケアセンターにお越しになったことのあるお客様は、Etというシンボルマークを目にされていますね。「このマークはどういうものなのですか?」と時より質問を受けます。

これは「補聴器」という言葉が好きではない私が、日本を代表する著名なデザイン会社さんに制作いただいた当店を表すシンボルマークになります。かじられたリンゴのマークを見れば何の店かわかるような…というものです。

補聴器は必要ではあっても、なかなか率先してつけようという方は極少数派。それはデザイン云々ではなく、「補聴器を使う人=自分の理想としない高齢者像」というネガティブな印象に紐づけて捉えてしまうことに原因があります。そこで、私は青山店を開業してすぐに、大胆にも新たな試みを行いました。それは「補聴器」というキーワードを可能なまで最小限の使用に留めるという試みです。現在でもそうかもしれませんが、当時は「補・聴・器とおじいちゃん、おばあちゃん」という「The ご老人イメージ」を前面に宣伝活動をすることが日本ではスタンダードで大多数でしたので、補聴器メーカーさんからは、驚きと反発を買いました。

しかし、東京で青山以外に住む者としては、「青山」という地には格別な畏敬の念を抱きます。他の地域で行っている普通のことをやっては「青山」に失礼だなと。もう10年以上も青山にいるため、純粋な外の人の感覚は薄れてきていますが、青山店の開設時には、「あの青山に店を!?」とたじろいだものです。

「当店を必要とする困っている方々を救えるならば、いたずらに数は追わない。」そう切り替えることにしました。とはいえ、「補聴器」というキーワードを前面に出す他店の脅威が迫る中、この決断と継続には相当な覚悟を要します。

その代わりに、当店のことを知っていただいた方とは、きちんとコンタクトをとれるように共通の認識となるマークでコミュニケーションをすることにしました。それがEtというシンボルマークです。これは何かというと「&」のルーツになったラテン語で、人と人をつなぐための記号であったそうです。現在でもフランス語や研究論文などで使われているのを、よく見かけます。

当店が人と人を「つなぐ」ための仕事をしていること、対面で親身にご相談をお受けしていること。そして、Eが耳の形に似ていること、EarのEでもあること、tは活動の拠点となるTOKYOのtであること。さらに、Earにプラスになるものを付けるという意味の「+」が隠れていること。ネガティブな要素は一切排除しつつ、私の思い入れを具現化していただいた、大切なシンボルマークになります。社外から反発は買いましたが、あの時の決断は、今も青山の地で活動を続けていられる原動力になっています。

このブログをお読みいただいたあなたとも、言葉ではなくシンボルマークだけで繋がることができたならば、当初の目的は成就したことになります。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook