メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

デンマーク補聴器関連施設の視察(6/6) 視察を終えて

取締役ソーレン・コールディング氏
※写真:取締役のソーレン・コールディング氏とともに

この視察の中で印象深かったのは、「デンマーク人は心が温かい」ということ。写真の方は現在取締役をされているソーレン・コールディング氏。数年前に、青山店にお越しいただいたことがあったため、思い切って「Do you remember me?」と声をかけてみたところ、なんと店名まで覚えていて、再会を喜んでくださいました。補聴器の音づくりは一筋縄ではいかないもの。そのためにはまず人を大切にしなければいけない。デンマークの人情に触れ、私たちもお客様とのつながりを一層大事にしていきたいと改めて感じました。

デンマーク補聴器関連施設の視察(5/6) デンマークについて

オペラハウス
※写真:最終日、初めての朝日とオペラハウスを背景に

10月下旬でしたが日は短く、寒いのでコペンハーゲンの街は、想像以上に人通りが少なかったです。一方、家々にはセンスの良い照明がロマンチックに点っていて、長い夜を快適に過ごすための家具やインテリアに対するこだわりが垣間見られました。こういった土地だからこそ、見た目が美しく、使い心地の良い補聴器が生まれるのかもしれません。

 

人魚姫の像
※写真左:人魚姫の像
※写真中央:日本でも有名なルイスポールセンの照明
※写真右:子供や荷物をのせることができる、デンマークの珍しい三輪自転車

豆知識:ユトランド半島と400以上の島々からなる人口540万人程の国。アンデルセンの生誕地で有名。写真はアンデルセンの代表作「人魚姫」の像。足は人間の形をしていて、先端に魚のひれがついていました。

デンマーク補聴器関連施設の視察(4/6) ICチップ工場 ダンコテックを訪問

ダンコテック社屋前
※写真:ICチップ工場 ダンコテック社入口

オーティコン本社の近くにあるICチップ工場。補聴器の心臓部分を製作している非常に重要な施設です。工場内は女性のスタッフが多く、談笑しながら生き生きと仕事をされていました。

 

工場内の様子
※写真:工場内の様子と女性スタッフ

静電気防止の白衣に着替え、工場内を見学。たくさんの機械が所狭しと並んでいます。補聴器の心臓部分がどのように組み立てられるのか製造過程を見て回りました。完成品は表面をコーティングされているため、内部がどのようになっているか見えないのですが、製造途中の内部を顕微鏡で確認することができ、とても興味深いものでした。

白衣の着用とチップ観察
※写真左:クリーンルームを前に白衣を着用
※写真右:顕微鏡にて製造途中のアンプを観察

デンマーク補聴器関連施設の視察(3/6) オーティコン本社を訪問

オーティコン本社

※写真:オーティコン本社入口

実際に補聴器を開発するオーティコン社の本拠地。コペンハーゲン郊外の、のどかな田園に建つガラス張りの社屋からは広大な緑の平野が見渡せ、非常に開放感があります。デンマークで働きたい企業の上位三社に選ばれるだけあり、時間や空間の縛りがなく、自分のペースで自由に仕事ができる環境が整っていました。

本社内のオフィスと会議室
※写真左:オフィス
※写真右:会議室

オフィスの内部もガラス張りで、どこに誰がいるのかすぐにわかります。会議室には壁がなく、偶然通りがかった人がアイディアを出すこともあるとのこと。自由で交流しやすい環境からは、優れたアイディアが生まれやすいと考えているそうです。また、本社を世界地図に見立て、各部屋に国名が付けられているのも個性的。当日私達がセミナーを受けた会場はちょうど「JAPAN」でした。

 

 

 

本社内のスタジオ
※写真右:フィッティングルームでの説明
※写真左:サラウンドスタジオ

セミナーでは、無線技術の進化によって、いかに補聴器が人間本来の聞き取りに近づきつつあるか実演を交えた講義を聞きました。デンマークでも一日平均6時間、起きている時間の約3分の1はテレビを見ているというお話があり、テレビを聞きやすくするための開発にも力を入れているそうです。講師の方は、補聴器だけではなく無線技術を使った補聴システムの活用を薦めていました。当店でも試聴いただいたお客様からは非常に好評なのでこのお話には共感できました。

 

 

 

測定と耐久テスト
※写真左:測定の説明
※写真右:補聴器への耐衝撃テストを行う実験室

社内のツアーでは、音の方向感を研究するサウンドスタジオや試作中の補聴器をモニターの方に試し、効果を検証するフィッティングルーム、補聴器がどの程度の衝撃に耐えられるのかを実験する研究室などを視察しました。たくさんの技術者たちの力で、一つ一つの補聴器が制作されていることを改めて実感することができました。

デンマークの視察報告を掲載しました

 デンマークの美術館
※写真:美術館内の庭園にて

視察結果をまとめましたので、研修レポートにて何回かに分けて掲載します。
現在、2つ掲載しています。

「デンマークの補聴器関連視察1」のバックに写っている赤い建物は
アンデルセンが生前暮らしていた家だそうです。
窓の下に白いプレートが付いている、2階の右から3番目がその部屋になります。

デンマーク補聴器関連施設の視察(2/6) 研究所を訪問

デンマークの研究所

※写真:エリクスホルム研究センター入口

 

視察二日目に訪れたのは、補聴器メーカーのオーティコン社と同じグループに所属する研究機関、エリクスホルム研究センター。海外の大学や数百人にもなるボランティアの難聴者と連携しながら、補聴器の仕組みや理論の改良に取り組んでいます。オーティコン社で開発した補聴器の製品化テストも行っていますが、モニターの8割以上の賛同が得られた補聴器のみが製品となる、厳しい品質基準を設けています。
コペンハーゲンから離れた静かな森の中に位置し、研究のしやすい環境が整えられていました。

 

 

補聴器資料ブース※写真左:補聴器資料ブースの一部
※写真右:1939年頃の補聴器

研究所は古いお城を増築したユニークな作りになっていて、デンマークの歴史や自然に溶け込むように建てられています。屋内ツアーでは、まず100年前の創業時から現在に至るまでの補聴器の歴史が分かる資料ブースへ。補聴器はここ数年でデザインがずいぶん良くなり、ほとんど目立たないサイズになりましたが、昔のものはとても大きく、使いにくかっただろうなぁと思いました。
他に、全く音が響かない無響音室や世界中から集められた聴覚や音響、心理学に関する書籍を収容した図書室などを案内してもらいました。

 

 

 

無響音室及び講義風景※写真左:無響音室
※写真右:研究所所長による講義

後半には研究所所長の講義を受けました。その中で特に印象的だったのが、難聴者のニーズを取り入れるために、たくさんの協力者(モニター)がいること。何十年も関わりの深い方は微妙な音の違いを説明する能力が高く、研究センターには貴重な存在だそうです。東京ヒアリングケアセンターでもモニターのご協力をお願いしておりますが、実際の声を生かしていくことの大切さを改めて学びました。
講義の最後に、日頃疑問に思っていた事を質問してみました。日本語と英語では聞こえ方に違いがあるため、それぞれの言語に特化した調整方法や理論が必要ではないかと聞いてみたところ、今後そうした研究も必要になってくるとおっしゃっていました。やはりマニュアル通りでは、お客様おひとりおひとりに合わせた補聴器に仕上げることは難しいため、使われる方の文化やライフスタイル、聞き取りの個人差をきめ細かく把握する当店の音作りの方向性に間違いがないことを再認識しました。

デンマーク補聴器関連施設の視察(1/6)

デンマーク ニューハウン
※写真:港町のニューハウンにて

10月下旬に補聴器関連施設の視察として、青山店から菅野聡と久保貴子がデンマークへ訪れました。今回はタイトなスケジュールのため観光もそこそこに、聴覚の研究所から補聴器メーカー本社、部品製造工場など、補聴器の出来上がりに重要な施設を巡りました。

 

「研修レポート」へ、各施設ごとに掲載していきます。ご覧いただければ幸いです。

オーティコン社国際会議 in メキシコ 青山店店長 菅野聡

1_the-place

2_with-chief

※写真上:専門家による講演風景(国際会議会場)
※写真左:デンマーク本社教育部長のアルボム氏と

Oticon/オーティコン社が主催する国際会議は今回で4回目。
この国際会議には世界各国から補聴器の専門家が招待され、最新の補聴器技術、業界の動向、専門家による講演など様々なプログラムが用意されています。個人のスキルアップはもとより海外の専門家とのコミュニケーションの場としてもなっています。

7月に日本でも発売が開始になったオーティコン社の最新補聴器Epoq/エポックはこの時に発表され、エポックメイキング(時代を変える)という言葉の通り、新しい時代の幕開けの到来を感じました。日本を出国する直前に諦めていただいたお客様からの要望がこのエポックで解決できるとわかり、展示機器を触りながら一人胸いっぱいに感動していました。

東京ヒアリングケアセンターでは品川大井町店・青山店どちらでもこの補聴器をお聞きいただけるようにデモ機を一早く導入しましたので気になるお客様はどうぞご来店下さい。

3_Chichen-Itza

さて、会議の合間に観光もしてきましたので1つご紹介します。

古代マヤ文明の遺跡、チェチェン・イッツァ遺跡を訪れました。マヤ文明とは文字や数学の「0」の概念を開発した文明です。
写真のピラミッドは年に2回太陽をある角度から浴びることで階段の斜面に神である蛇が天から降臨するかのごとく見えるように設計されているのです。毎年この光景を見に多くの観光客が訪れるようです。

車輪がない時代にこんなにも大きな建造物を正確に作ったのは当時の技術レベルの高さを窺えます。

メキシコの豆知識

4_ceremony

国土は日本の約5倍。もともと原住民がモンゴリアン系のためか日本に好意的。

首が太く短い、蒙古班があるなど日本人との共通点がある。日本と同じく母音中心の言語国。

                      新しい記事 »

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook