メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

ちょっとしたコツで聞こえが改善。補聴器は正しい装着が第一

先日イヤーサポーター(補聴器)のメンテナンスに ご来店されたお客様に関するお話です。

15年前からのお客様で、品川大井町店から引き継ぎ 青山店にて現在も補聴器のフォローを担当させていただいています。

一度買い替えをされていますが、今回拝見したところ お耳に補聴器がしっかり入っていないご様子。 補聴器は耳にきちんと収まっていないと音の聞こえ方に 大きな差が生じる特徴があります。 写真ではちょっとした違いに見えますが これだけで聞き取りは変わってしまいます。 この点をしっかりとご説明しました。

補聴器装着不十分

お耳の皮膚が柔らかいため、お耳に補聴器を入れても 皮膚に押し戻されて、なかなかきちんと装着できません。 着けやすくするコツをお話し、数回練習いただいたところ 写真の通り上手に装着いただけるようになりました。

補聴器装着

ご自宅に戻られてもきちんと装着できるように お客様専用の説明書をお作りし、お渡ししました。 写真による細かな説明も付け添えてあります。

お客様専用補聴器説明書

補聴器が健康維持に

今週の「ためしてがってん(NHK総合)」をご覧になりましたか?

今回は風邪やインフルエンザ対策として、水分補給の重要性を取り上げていました。 その中で補聴器や難聴にも関わる気になったことがありました。 「堅いものを食べなくなったり、話す機会が減ると、口の筋肉が衰える」そうです。

最悪なケースとして、番組では口の筋肉の衰えは誤えん性肺炎のリスクを上げることも指摘していました。

対策として番組の中では口のトレーニングを推奨していましたが、難聴の方であれば、補聴器(イヤーサポーター)を使うことも大切です。

難聴になると、聞き返しが増えてしまうことで、「話すのが面倒」 「何度も言い直してもらうのは、相手に悪い」と思い、会話の輪の中に入らなくなります。 集まりや外出自体避ける傾向もあります。 しかし、これでは口の筋肉の衰えをまねき、不健康になるばかり。

どんどん積極的に外出して人とふれあう当たり前のことを出来るようにすることが、結局は健康の維持に繋がるのだと、あらためて認識しました。

難聴で最近疎遠になってしまった方が周りにいらっしゃれば、ぜひ補聴器をお薦めしてあげてください。

東京ヒアリングケアセンター 青山店 菅野 聡

80代男性との補聴器応対日誌を更新

本日ご来店の80代男性との補聴器応対日誌を、フェイスブックに更新いたしました。

目立たない部分に東京ヒアリングケアセンターの一工夫を加えてオーダーした一台。
お客様に喜んでいただけて何よりです。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンターの公式フェイスブックにて

           http://www.facebook.com/tokyohearing

60代女性との補聴器応対日誌を更新

フェイスブックにて、本日ご来店された60代女性との補聴器応対日誌を更新いたしました。

このお客様のイヤーサポーターはオーティコン社(デンマーク)のエポック。
このイヤーサポーターが登場した頃は、補聴器にBluetoothが組み込まれたり、
両耳の補聴器が無線で連動したり、その名の通りエポックメイキングな時期でした。

日々進化を続けるこれら補聴器メーカーの開発力には脱帽します。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンターの公式フェイスブックにて

http://www.facebook.com/tokyohearing

80代男性との補聴器応対日誌を更新

フェイスブックに、本日ご来店された80代男性との補聴器応対日誌を更新しました。

このお客様は私の知人のそのまた知人のお父様という、直接にはご縁の無かったお客様。
イヤーサポーター(補聴器)の仕事が「紹介」という信頼で繋がっていることを感じとることが
できる良い例だと思います。
知人の役に立てることは、とても嬉しいことですよね。頑張ります。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンターの公式フェイスブックにて

http://www.facebook.com/tokyohearing

70代女性との補聴器応対日誌

昨日(29日)のフェイスブックには、当日ご来店された70代女性との応対日誌を更新しました。

午前中にご来店された別のお客様の娘さんともお話したことを、このお客様ともお話しました。
「聞こえない言葉があるのは自然で、全てが完全に聞こえることの方が異常。」ということです。
イヤーサポーター(補聴器)を使う必要の無い聴力の方々は、
聞こえにくい場面や人の声を「聞こえなくても普通」と聞こえないことを自然に受け入れますが、
難聴でお困りの方々は、その聞こえる程度の判断がつきにくい傾向があります。

今回はイヤーサポーターの音のチューニングではなく、このあたりのフォローを重点的に行いました。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンター 公式フェイスブックページにて

http://www.facebook.com/tokyohearing

 

70代男性との補聴器応対日誌

フェイスブックにて、本日ご来店された70代男性との応対日誌を更新しました。

フェイスブックに掲載している写真中央のベージュの製品がお客様のイヤーサポーター(補聴器)。
オーダーメイドで耳の穴に良くフィットする、どなたでもご存知の「補聴器」です。

耳型にただ部品を組み込んでいるのではなく、実はオーダーメイドという良さを活かして、
完成までにはメーカーのノウハウや、当店からの特別なオーダーを仕込んでいただき出来上がっています。

既に一度、快適性を高めるための作り直しをしていますが、
今回は更に音質向上のための修正を依頼したいと思います。
また明日もメーカーのご担当者に連絡し、ご相談に乗ってもらいます。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンター 公式フェイスブックページにて

http://www.facebook.com/tokyohearing

補聴器を使うまで40年

補聴器を使うまで40年。

これは私の伯父の話しです。親族が補聴器専門店を経営しているにも関わらずです。聴力を見るからには苦労したんじゃないかと思いました。…妻である伯母さんも。…おそらくお勤め時代の後輩の皆様も(その節はご迷惑をおかけしました)。

ただ、本人曰く「補聴器をつけてみたいという気持ちもあったが、補聴器は”老人のモノ”という強いイメージがあって抵抗があった」とのこと。私も何とかこのイメージを変えなければと思ってますので、この伯父の悩んでいた気持ちはよくわかりました。昔は性能も低く、サイズも大きかったですから、使う決心をするには今よりも更にハードルが高かったことでしょう。

この話、実は私の伯父に限ったことではありません。先日受けた、ある補聴器メーカーの研修では「補聴器を購入するまで平均7年の歳月がかかる」と発表していました。これは聞きにくいと自覚もしくは家族が気付いて、補聴器の情報を収集し、補聴器店に足を運び…。でも、本人が受け入れ出来ないと一旦検討をやめてしまう。この繰り返し…というものです。当店にも相談だけ、試聴までしてそれで終わりという方も時々いらっしゃいます。

口上手く話しをすれば「売る」ことは簡単ですが、使わなくなってしまう方も多くなりますから、俗に言う「セールストーク」は当店ではしません。

補聴器の受け入れが出来ていない方のやる気が少しでも上がるように、接客方法の見直しは常に欠かせませんね。

                     

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook