メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

耳鳴りと補聴器、『ためしてガッテン』より

3月4日放送のNHK『ためしてガッテン』では、「耳鳴り」がテーマとして取り上げられました。

ちょうど放送日の午前中、社内で耳鳴りの研修をしていたため、タイムリーで非常に関心を寄せたテーマでした。

番組の「ついに!耳鳴りが治る 原因解明&治療最前線」というタイトルテーマからは、耳鳴りについて画期的な解決方法が見つかったのかと、期待と驚きで見ていましたが、実際は私の予想と違いました。

っというのも、補聴器業界では耳鳴りが補聴器で気にならなくなることは、以前から指摘されていたからです。そのため、補聴器ではない他の治療方法があるのかと期待していたのです。

しかし、耳鳴りについて関心のある視聴者の方々には、補聴器で解決できる可能性があることは、とても有益な情報であったのではないでしょうか。また、耳鳴りについての解説がとても分かりやすい番組構成でした。

耳鳴りの原因はさまざまです。そのため、当店ではお客様との対話、医師との連携を重要視しております。耳鳴りでお困りの方すべてが対象というわけではありませんが、この放送で補聴器をお試しいただく「きっかけ」になればと考えております。

補聴器が健康維持に

今週の「ためしてがってん(NHK総合)」をご覧になりましたか?

今回は風邪やインフルエンザ対策として、水分補給の重要性を取り上げていました。 その中で補聴器や難聴にも関わる気になったことがありました。 「堅いものを食べなくなったり、話す機会が減ると、口の筋肉が衰える」そうです。

最悪なケースとして、番組では口の筋肉の衰えは誤えん性肺炎のリスクを上げることも指摘していました。

対策として番組の中では口のトレーニングを推奨していましたが、難聴の方であれば、補聴器(イヤーサポーター)を使うことも大切です。

難聴になると、聞き返しが増えてしまうことで、「話すのが面倒」 「何度も言い直してもらうのは、相手に悪い」と思い、会話の輪の中に入らなくなります。 集まりや外出自体避ける傾向もあります。 しかし、これでは口の筋肉の衰えをまねき、不健康になるばかり。

どんどん積極的に外出して人とふれあう当たり前のことを出来るようにすることが、結局は健康の維持に繋がるのだと、あらためて認識しました。

難聴で最近疎遠になってしまった方が周りにいらっしゃれば、ぜひ補聴器をお薦めしてあげてください。

東京ヒアリングケアセンター 青山店 菅野 聡

「助け合い」の心

東京写真記者協会による今年の報道写真が発表されました。
今回は「見せましょう!日本の底力を。」と題した
電車を押してホームに転落した女性を救出した報道写真が
グランプリの協会賞を受賞したそうです。

「助け合い」は日本人を象徴する特長かもしれませんね。

イヤーサポーター(補聴器)でも同じことが言えます。
イヤーサポーター(補聴器)をつければ、何でも聞こえるようになると
誤解される方がいます。

イヤーサポーター(補聴器)をお使いになられている方に対しては
遠く離れた場所から急に話かけず、対面して会話をするな
ど周囲の方のサポート(助け)が必要になる場面もあります。

もちろん、出来る限りまで良い状態にイヤーサポーター(補聴器)を
調整する東京ヒアリングケアセンターのサポートも大切です。

今週のお客様の難聴 突発性難聴

先週、お客様からご自身の突発性難聴を自覚した瞬間から補聴器の使用に至るまで、
その経緯についてお話を伺いました。参考までにご紹介いたします。

ある日のこと、耳に違和感を感じ、耳鼻咽喉科を受診。違和感とは耳が詰まった程度の軽い感覚。
病院の待合室に座っていたところ、名前を呼ばれた声が聞こえなかった。
これがこのお客様が難聴を自覚した瞬間。

突発性難聴は突然起こる難聴ですが、処置が早かったため聴力はある程度戻ったそうです。
ただし、年齢を重ねていくうちに難聴の自覚が高まり、いよいよ補聴器の購入を決心。
補聴器の使用を決めるまでの気持ちは簡単ではなく「思い切って」とのこと。

お客様とのお付き合いが始まってもう1年。今も定期的にご来店いただいています。

読売新聞の「難聴」の記事から思うこと

本日の読売新聞朝刊「医療ルネッサンス」はご覧になりましたでしょうか。

ニュース欄にて既報の通り、当店も取材に関わりました。記事を読みましたが、とても良い内容です。同じお悩みをお持ちの方へ勇気を与えるものと思います。

改めて思うことは、必要な方がいるものの、いつになっても強力な負のイメージがお客様の足を止め機会損失を起こしているということです。でもその原因がいまだ消えない理由はお客様ではなく、販売店などお客様に情報を提供する側にあるのではないでしょうか。

少しでもイヤーサポーター(補聴器)を使っていただくことへのハードルが下がるように、自店でも常に見直しを行い、より良い活動ができるよう、これからも精進したいと思います。

 

関連情報

ニュース:読売新聞の取材を受けました     

ニュース:読売新聞医療サイト「yomiDr.ヨミドクター」に掲載されました

補聴器の仕事は、やはりやりがいがある

このところ、補聴器のメンテナンスや新規の補聴器相談等で、通常よりも慌ただしい毎日を送っています。今日も休む暇が殆どない程でした。

初めてで現在試聴中のお客様からは、「患者さんの物を落とした音が聞こえるようになった」、「聴診器との併用も問題なかった」との感想。人命に関わるお仕事に貢献でき何より。

当店で買換えされ初めてのメンテナンスにご来店のお客様からは「やっぱり両耳の方が聞こえやすかった」、「騒音を抑える設定が調子良い」、「ほんとに感謝している」など嬉しいお声も。
私がご希望を曲げて(注:適した良い方向に)したことで、期待以上の良い効果に繋がり、ご夫婦ともに喜ばれている。

ただ補聴器を販売するだけでも、もちろん嬉しい。けれども、やはり自分なりにお客様のために一工夫を添えて完成した補聴器で喜んでいただけた時が一番嬉しい。今日は補聴器技能者としてやりがいのある一日でした。

カルテの山に追われ、気分転換にブログ更新。急いで整理して早く帰ろう。

補聴器を2年使用して、今もご家族ともに満足

久しぶりにメンテナンスにご来店されたお客様とのお話し…。

聴力の観点から補聴器を使用しても来店時は筆談を併用しているのですが、今日は補聴器の感想を一枚の手紙として頂戴しました。その内容からは言葉の聞き取りに限界はあるものの、毎日を積極的に楽しまれていることが伺えました。2年経過した今も、当店でお作りされた補聴器が壊れず活躍している事がわかり一安心。メンテナンスの検査で補聴器に異常がないことも確認できました。

更に…以前の補聴器に比べて格段に生活が変わり、「聞こえに自信が持てるようになりました。」との感想。お母様からも今使っている補聴器はとても良いとのご評価をいただきました。

嬉しいですね。ご購入時と変わらずお客様が喜ばれている場面に立ち会えるということは。

新しい補聴器のご要望を受け、お使いいただけるものをお探しすることに。難易度の高いご要望のため、現在の補聴器業界の技術で対応できるかは検証が必要ですが、久しぶりにお会いし、今も積極的に生活を楽しまれている姿勢には深く感銘を受けました。

補聴器を使うまで40年

補聴器を使うまで40年。

これは私の伯父の話しです。親族が補聴器専門店を経営しているにも関わらずです。聴力を見るからには苦労したんじゃないかと思いました。…妻である伯母さんも。…おそらくお勤め時代の後輩の皆様も(その節はご迷惑をおかけしました)。

ただ、本人曰く「補聴器をつけてみたいという気持ちもあったが、補聴器は”老人のモノ”という強いイメージがあって抵抗があった」とのこと。私も何とかこのイメージを変えなければと思ってますので、この伯父の悩んでいた気持ちはよくわかりました。昔は性能も低く、サイズも大きかったですから、使う決心をするには今よりも更にハードルが高かったことでしょう。

この話、実は私の伯父に限ったことではありません。先日受けた、ある補聴器メーカーの研修では「補聴器を購入するまで平均7年の歳月がかかる」と発表していました。これは聞きにくいと自覚もしくは家族が気付いて、補聴器の情報を収集し、補聴器店に足を運び…。でも、本人が受け入れ出来ないと一旦検討をやめてしまう。この繰り返し…というものです。当店にも相談だけ、試聴までしてそれで終わりという方も時々いらっしゃいます。

口上手く話しをすれば「売る」ことは簡単ですが、使わなくなってしまう方も多くなりますから、俗に言う「セールストーク」は当店ではしません。

補聴器の受け入れが出来ていない方のやる気が少しでも上がるように、接客方法の見直しは常に欠かせませんね。

補聴器相談 良い評判を聞いて…

先日のこと、青山店に一本の電話が入りました。補聴器相談をご希望で、今まで色々と購入したものの、良く聞こえる補聴器が無いとのこと。「良い評判を聞いたので…」とお問い合わせの動機をお話しされました。

このようなお話しをお聞きすると、当店のお客様からのご紹介で「嬉しい」という気持ちと、お困りの状況を「なんとかして差し上げたい」というやる気でみなぎります。補聴器の選定やフィッティングが適していない場合もありますが、色々お使いになっていることを踏まえると、補聴器ではなくお客様の聞き取り能力に限界があるのかもしれません。

今週ご来店の予定。いかような状況であっても、現状よりも少しでもお気持ちが楽になるように応対したい。そう思っています。

補聴器の日の使い方

6月6日は補聴器の日です。

補聴器を永く愛用するためには補聴器の乾燥や耳垢が付いた時のお掃除など、日々のメンテナンスがかかせません。補聴器をお持ちの方でしたらご存知かと思います。ですが、購入した当初はこまめに補聴器を乾燥していた方も、ご使用期間が長くなるにつれ、毎日のケアをおろそかにしてしまいがちです。

6月は梅雨に入り、補聴器の大敵である高温多湿の季節の始まりです。この時期のケアを怠ると、補聴器の故障などのトラブルにつながりかねません。お正月や誕生日など1年の節目となる日があるように、補聴器にも補聴器をきちんとメンテナンスする日が1年に1度は必ずあると便利です。湿気対策や汗対策が必要となる6月こそが補聴器の節目と考えるのにふさわしい月だと思います。

6月を目安にメンテナンスし、心機一転「今の補聴器をまた1年使うぞ!」と心がけてみてはいかがでしょうか。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook