メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

「装着感」について全国で私が熱く語る、トークショー&体験会が始まっています

雑誌にて装着感批評を行ったことをきっかけに、Just earの秋冬のジャパンツアーの一環として、札幌を皮切りに、全国5都市を回りイヤホンの装着感について私が語るイベントが10月からスタートしています。

私がジャパンツアーを含めJust earに関することを公の場で広くお話するのは初めてのことですが、「音質」ではなく「装着感」ということにフォーカスしたイベント自体が、おそらく一般的にも初めのことかと思います。本日は2会場目となる「ソニーストア名古屋」に行きました。

1会場目の札幌(10月23日)では、ご来場される方のイヤホン知識や目的、お困り度合いなど、初めての場になるため、準備段階では全体像がつかめず色々とコンテンツを用意しすぎた結果、伝えたいことが伝えきれずに終わってしまったかもしれない…そんな結果と共に、全国ツアーが始まりました。

札幌のイヤホンマニアの方から、「こんなことが知りたい」「これはどうなっているのか」など、トークショーが終わった後の立ち話で、様々知りたい内容をお聞きできたのは、とても幸いでした。「いつか菅野さんに話を聞きたいと思っていた」とのことでしたので、双方に良い場となりました。このイヤホンマニアの方の意見を参考に、ただの再構成ではなくゼロベースでトークショーの内容を作り直し、名古屋入りしました。

札幌での経験から大幅に再構成し、ほぼ作り直しを行った結果、本日の名古屋はお客様と良い感じに繋がりを持てた、そんな印象を受けました。札幌でも機会があれば、再構成したものでもう一度、10月にお越しいただいたお客様にお話できればよいなと思っています。

札幌用の準備は最後の追い込みとして、営業時間終了後から数日間夜中の3時まで資料作りをしていました。札幌以降は日常業務も特殊対応が増える中でもあったため、2週間、毎日3時まで修正作業を行うという異例の時間の使い方をしたため、体の限界との闘いでした。今日の成功で少し肩の荷が下りたかなと思っています。

3会場目となる福岡は、今度の日曜日の11月11日。その後、大阪、銀座と、毎週末続きます。この残りの3会場は本日の名古屋でのお話を持っていきたいと思います。どういうお話をするのかは、改めてご紹介させていただきます。

札幌、名古屋のお客様、ご来場いただきありがとうございました。そして、私のコンサルティングを基に、トークショー後にユニバーサルイヤホンをご購入されたお客様、ご使用された感想をまたどこかで伺えれば幸いです。今まで何個もフィットしないイヤホンを購入されていたとのことでしたので、きっと良い買い物をされたと思います。ありがとうございました。

10/26(日)青山祭 BOSSA AOYAMAのイベント開催

本日、BOSSA AOYAMAのライブイベントの二日目でした。
本日の出演者はメヲコラソンのお二人と露木達也さんです。

ライブイベントの様子_メヲコラソン

ライブイベント_露木達也さん

地元の青山高校の生徒さん達にもお手伝いいただき、無事に二日間を終えることができました。
皆様、お疲れさまでした!

投稿者:スタッフ高橋

10/25(土)青山祭 BOSSA AOYAMAのイベント開催

当店にてBOSSA AOYAMAのライブイベントがありました。
素敵な歌声と演奏に、癒された一日でした。

本日の出演者は、吉野幸子さんとSaúde Auditivaの皆さまです。

吉野さんライブの様子

Saúde Auditivaライブの様子

多いときで70名ほどのお客様が集まり、大盛況でした。
明日はまた別の出演者の方がいらっしゃいます。

タイムテーブル・出演者情報は公式サイトでご確認ください。

http://www.bossa-aoyama.jp/

また、ご希望の方には補聴器のパンフレットお渡しやカスタムIEMの耳型(インプレッション)採取のご予約も承っております。詳しくはスタッフまでどうぞ。

ライブイベントはどなたでも無料でご参加いただけます。お時間がございましたら、どうぞお気軽にお寄りください。

投稿者:スタッフ高橋

10月11日開催『お茶の水JAZZ祭2014』に参加

10月は芸術の秋です。

東京ヒアリングケアセンターでは、毎年10月に2つの音楽イベントに参加しています。
明日、10月11日にお茶の水の明治大学アカデミーホールで開催される『お茶の水JAZZ祭2014』がそのひとつです。

お茶の水JAZZ祭は“母校の町への恩返し”と“お茶の水の町おこし”をコンセプトに明治大学出身である音楽家の宇崎竜童さんが総合プロデュースをされています。東京ヒアリングケアセンターは音楽の力で補聴器の価値を伝えていく活動をしており3年前に宇崎さんからお声がけをいただき、現在に至ります。

昨年からは会場ロビーにブースを出展し、イヤーサポーター(補聴器)に触れていただける場を設けました。普段、補聴器に触れる機会のない方々にも、イヤーサポーターを知っていただきたく、このイベントに協賛しています。

補聴器のネガティブなイメージを底辺から変えていくための草の根運動として今年で3回目を迎えます。

チケットは好評発売中です。お時間がございましたら、是非ご来場ください。

『お茶の水JAZZ祭2014』

http://www.jazzsai.com/

御茶ノ水JAZZ祭

週末は補聴器無料相談会へ

当日は簡単に聴力を測定し、聴力に適した補聴器(イヤーサポーター)をご試聴いただきます。 補聴器には、大きく分けて3つのクラスがあります。今回はその中でも、一番ベーシックなスタンダードクラスの補聴器を中心に試聴器をご用意しています。 先月末に発売開始されたばかりの最新式の補聴器です。

フリーダイヤル又はお問い合わせフォームへお気軽にご連絡ください。

事前に予約を頂ければ今の聴力を更に詳しく測定して、ご試聴いただけます。

補聴器相談会へのリンク

補聴器体験会のコンセプト

3月の補聴器体験無料相談会のご案内を「お知らせページ」に公開いたしました。

お一人様30分で、ご相談から測定そして補聴器の試聴まで体験いただけます。
是非この機会に各店へご来場ください。

ある研究結果によると、補聴器を購入するまでには、7年もの歳月が必要になるといいます。ご存じでしたか?

なぜこんなにも時間が必要なのでしょう。それは、補聴器は高齢者の道具、補聴器はうるさいという噂を聞く、など補聴器にまつわるネガティブな情報が蔓延しているからです。だから、自分が納得するまでの時間がかかるのです。

1つのきっかけから、補聴器が役に立つことを体感していただくこと、これがこの体験会のコンセプトです。

  1. 自分の難聴に誰かが気付く
  2. 難聴の指摘を受ける
  3. 補聴器を薦められる
  4. 補聴器店に行く
  5. 買わずにしばらく考える
  6. 聞こえにくさを自覚する場面が増える
  7. やっぱり補聴器を買おうと決意する

今のあなたは、どの辺りですか?

見て、聞いて、触って、つけて、あなたの価値観が変わるきっかけになることを願って、ご来場をお待ちしております。

補聴器相談会へのリンク

BOSSA AOYAMA2013タイムテーブル

BOSSA AOYAMA2013、各会場のタイムテーブルにつきましては
BOSSA AOYAMA2013公式ホームページにてご確認ください。

http://www.bossa-aoyama.jp/

ボッサ青山2013タイムテーブル

【 会場 】
・外苑前:原宿教会、オラクルスカイロビー、LOUNGE by FrancFranc、
  東京ヒアリングケアセンター、ふらんぼう(ワークショップ)
・表参道:Ao
・青山一丁目:Hondaウエルカムプラザ青山

音楽の祭典BOSSA AOYAMA2013開催

10月26~27日の2日間、表参道から外苑前そして青山一丁目まで、
青山のいたるところでボサノヴァを楽しむことができます。

ぜひお時間ありましたら各会場へご来場ください。

ボッサ青山2013

本日は悪天候のため店内はゆとりがありましたが、
だんだんとお客様が増えてきまして最後には満席になりました。

 

補聴器の普及啓発のためにイベントへ参加します

お茶の水クリスマス&チャリティーライブイベント「フィンランドからサンタクロースがやってくる!」開催がいよいよ明日となりました。明日は青山店はお休みにし、スタッフ一同で参加いたします。補聴器の普及啓発活動に励みます。

東京ヒアリングケアセンターから出演するダンスチーム「Dandelion」のプロデューサーから以下のコメントが届いています。お近くお越しになりましたら是非お立ち寄りください。午後からはサンタクロースもやってきます!

『「Dandelion」とは、タンポポという意味の英語で、踏まれても踏まれてもくじけずに花をつけるタンポポのように強くなろうといった意味を持っています。そして、耳が聞こえなくても踊ることの楽しさを知っているメンバーの集まりであり、一人一人がバトルイベントで入賞したり、DVDや単独公演にゲスト出演するなど、様々な場で活動しています。今回は3人のみでショーを行いますが、私たちの踊ることの楽しさが少しでも伝われればと思います。楽しみつつ、見てくださ~い!』

Bossa Aoyama 2012 出演アーティスト

青山地域の秋の祭典「Bossa Aoyama 2012」の開催まで、数日となりました。東京ヒアリングケアセンター青山店にてご出演いただくアーティストの方々をご紹介いたします。

10月27日(土) 15:00 start

BossaAoyama2012_TonyFreitas.jpgTony Freitas

トニー・フレイタスは長年日本で生活するブラジル人男性歌手。生まれ故郷のサンパウロでは80年代に伝説のアヴァンギャルド・ロックバンド、”リングア・ ヂ・トラッポ”に籍を置いていたこともある。日本で初めてのソロ・アルバムを2011年にリリース。ボサノヴァの真の父とも称される孤高の音楽家、ジョ ニー・アルフ作品を軸に、全編弾き語りで録音された。

  

 

10月27日(土) 17:00 start

BossaAoyama2012_mizuGuccie.jpgmizuGuccie + 島田愛加

幼少よりピアノ・ファゴットを演奏し、様々なジャンルの音楽を歌うvo、pみづほ(2007年~Wilma de Oliveiraに師事)と独特なコードワークとリズム感が魅力の、おのぐちつよし(g)のデュオユニット。ボサ・ノヴァの名曲を中心に、ジャズやオー ルディーズ・ソウルミュージックまで幅広い音楽をカバーしている。ブラジル音楽を中心に活動するサックス奏者、島田愛加(アイカロリーナ)が加わり、 2012年9月アルバム”Vece e eu”をリリース。
写真はmizuGuccieのお二人。

 

10月28日(日) 14:00 start

BossaAoyama2012_yoshinosachiko.jpg吉野 幸子

2004年初めてブラジルを旅行したことをきっかけに、演奏活動を開始する。2007年ファーストアルバム 「Estrada Branca」リリース。2011年セカンドアルバム「Joao e Maria」リリース。また「すぐに歌えるボサノヴァ」「ボサノヴァ・ハンドブック」「サンバ・ソングブック」などの教則本・譜面集の執筆・出版にも携わ る。やわらかい歌声とリズミカルなギターで演奏するボサノヴァは、聞き手に安らぎを与えると定評がある。

  

 

10月28日(日) 16:00 start

BossaAoyama2012_SabrinaHellsh.jpgSabrina Hellsh

サンパウロ生まれの日系ブラジル人シンガー。06年より東京に居を構え、08年、浅草サンバカーニバル 「仲見世バルバロス」のリードボーカルをつとめ、優勝に導いた。’10年にはSSWアルトゥール・ヴィタルとともにデュオArthur&Sabrinaを結成、ランブリング・レコーズより「バラとひまわり」をリリース。ドイツのアーティスト・グループ「リミニ・プロ トコル」の日本公演「Cargo Tokyo-Yokohama」の演劇舞台で美空ひばりの「港町13番地」を歌ってから、日本の歌謡曲に魅せられ、弾き語りをはじめる。

 

(プロフィールのテキスト及び画像はBossa Aoyama 2012公式Webサイトより転載)

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook