メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

ドライケースの乾燥剤交換の目安と確認方法

皆さま、覚えていらっしゃますか?

ドライケースの中に入っている乾燥剤の交換目安は、ケースをひっくり返すと四角いシールが貼ってあり、この色が購入時は青色で、交換時期になると薄いピンク色にかわってきます。冬場は、外と室内の温度差で耳かけ型補聴器のチューブに、結露による水滴がたまりやすくなります。水滴は補聴器の故障原因や、十分な聞こえの効果が発揮されません。

ぜひ、お手持ちの乾燥剤の底シールをご確認ください。写真は左が新品の青色シール。右にいくほど日数が経過し、色が薄くなります。

乾燥剤の交換目安

補聴器の調整は音だけではない。自声のくぐもり感を解消した耳栓の修正とは。

本日ご来店されたこのお客様はオーダーメイドの耳栓を耳かけ型のイヤーサポーター(補聴器)に取り付けてご使用されています。

耳かけ型のイヤーサポーター(補聴器)には、既製品の丸い耳栓の他、オーダーメイドの耳栓もあります。オーダーメイドの耳栓はシリコン材を耳に流し込んで、耳の型を採取して製作します。もちろん危なくないように、しっかり鼓膜を保護してから歯形を取るような感覚で耳の型を採ります。

この耳型から耳のサイズに合ったオーダーメイド耳栓を専門のメーカーで製作します。出来上がった耳栓をイヤーサポーター(補聴器)に取り付ければ完成。

本来であれば、ぴったりしたものが出来上がると思われますが、実は完成までに修正を加えるため実際に出来上がった時には、きつさ、緩さなどの違和感が起きることがあります。

今回のお客様の場合は左耳のみ、自声のくぐもりを感じられていました。耳のフィット感を拝見したところ、第一印象はジャストフィット。しかし、お客様の感覚ではちょうど良い位置は少し手前に引いた状態とのこと。お耳を注意深く拝見したところ、もう少しオーダーメイド耳栓の形を修正したほうがよいことが分かりました。

「この辺があたっている。」など、気になる部分を伺いながら、徐々にサイズ調整。何度か修正をしたところ、症状は大幅に改善しました。

「こんなもんかなと思っていた。連絡をもらって良かった。」との嬉しいお声をいただきました。現状でも上手にご使用されていましたが、専門店として更なるフィット感の追求を実現。
笑顔でお見送りできました。

もし補聴器で同じようなお悩みをお持ちでありましたら、是非ご相談ください。

補聴器の故障判断! 新品電池なのに音が出ない!?・・・・その前に!

イヤーサポーター(補聴器)は空気電池という電池で動いています。この電池は空気を吸って発電します。
新しく使用する時は空気の取り込み口に貼ってあるシールを剥がし使用します。

先日、ご来店されたお客様でこんなハプニングがありました。
修理品の受け取りにご来店されたお客様。お持ちの電池パックから1粒電池を出して早速シールを剥がして使用されました。
でも、修理から戻ってきたイヤーサポーター(補聴器)なのに、音が出ません。

皆さん、同じようなご経験ありませんか?
「はい。」とお答えの方は、電池からシールを剥がしたら1分程度使用せず、電池をそっとしておいてください。

実は空気電池が安定して発電するためには、シールを剥がした初回だけ十分に空気に触れさせてから、使用する必要があるのです。すぐに使用しても使えることもありますが、もし、新品の電池にしてもイヤーサポーター(補聴器)から音が出ない時は、このワンポイントアドバイスを思い出してください。

補聴器を更にジャストフィットします

hochouki-kogata

こちらは耳の形に合わせて製作した小型耳あな型補聴器です。
赤い部分が耳の奥に入り、ベージュの面が表面になります。

hochouki

次にこちら、これはお客様のお耳に合わせて製作した補聴器です。
こちらも入れ方は上の補聴器と同じですが、2つを比べると
異様に長さの異なる部分がありますね。
それは取っ手です。耳から補聴器を取り外す時に使用します。
通常は一番上の補聴器のように持ちやすさを考慮した適切な
長さでメーカーから納品されます。

hochouki-hikaku

しかし、右側の補聴器の取っ手はなぜ長いのか。
それは私が担当させていただくお客様の補聴器の取っ手は
一般的な長さよりも更にジャストフィットを追求しているためです。
必要な場合には、このように長めに出した状態でメーカーから
納品してもらっています。メーカーで調整された長さでは、
外から目立ちやすい長さになってしまうことが多いためです。

hochouki-justfit

ジャストフィットした補聴器が入った左耳です。
納品の際に、直接お耳に入れながら取っ手の長さを私が調整します。
ジャストフィットとは、お客様のご要望としっかり使い続けられる
バランスのとれた状態と考えます。
一見この角度では全く見えませんが、しっかり取っ手をつかんで
取り外すことができる長さに調整してあります。

Ear Supporter(補聴器)のバリ修正

補聴器用耳栓の修正

耳にかけるタイプのEar Supporter(補聴器)には、耳穴にフィットさせるための耳栓が必要です。耳栓の種類は既製品とカスタムメイドの2種類あります。必ずしもカスタムメイドの耳栓が良いわけではありません。聴力やお耳の状態に合わせて適した耳栓をご提案しています。

本日お客様へお渡しさせていただいたEar Supporter(補聴器)は耳にかけるタイプ。メーカーから入荷後にカスタムメイドで製作した耳栓を検査したところ、肌触りの悪いザラザラした「ばり」を確認。時々発見するため、おそらくメーカーでは問題のない基準内なのだと思います。

補聴器用耳栓の修正1
※Ear Supporter(補聴器)のカスタムメイドの耳栓
 青い丸印の中、光の反射が途切れている部分が問題の個所

肌に触れる部分の表面処理が甘すぎると皮膚を痛めるリスクがあるため、当店では入荷基準を高く設定しています。修正作業は研磨機器にてトリミング作業を行い、滑らかになるまで磨き上げます。

補聴器用耳栓の修正2
※作業BOX内で磨きます

「ばり」が取れると、気持ちの良い肌触りに変わりました。細かいことですが、快適性を高めるにはこのような点も大切と考えています。常日頃、気になったことは逐一メーカーの担当者へ改善要求をしているため、「またか…」と思われそうで嫌ですが、またお話ししてみたいと思います。

補聴器用耳栓の修正3

「これで生きられる。」補聴器点検にて。

先日、出勤途中に世田谷のお客様宅に訪問。補聴器を壊してしまったと連絡があり、翌日の早朝対応として。部品が外れかかっていただけで、故障ではないことがわかり互いに一安心。クリーニングまで一通り終えて、別れ際にお客様から一言。

「これで生きられる。」

感慨深いお言葉をいただきました。お役に立てて光栄です。

明日の新製品発表会は新しい形の小型耳あな型補聴器。外から見えないほど耳の奥深くに入れる補聴器の様子。この補聴器が登場すれば、きっと今までよりも多くのお客様と出会え、このお客様のように、お喜びいただける方も増えるはず。明日の発表会が楽しみです。

祖父母の補聴器メンテナンス

補聴器適合のための聴力測定
※画像:補聴器を適合するために、祖母の聴力を測定

先日、敬老の日に祖父母を訪ねたところ、いつもより愛想笑いが多いように感じたため、急遽補聴器の点検をすることに。祖父愛用の年季の入ったルーペでの点検では限界があり、「移転後の青山店を見せよう」と、昨日お彼岸のお墓参りを済ませた後に、青山店へ向かいました。

できるだけのことはしてあげたいと思い、祖父母の体調を確認しながら、補聴器の点検、クリーニング、聴力測定、補聴器の調整…など、様々な作業を細かに行い、効果を検証しながら微調整。最後に祖母に祖父と話す時のワンポイントアドバイスを話し終了しました。

祖母は反応が格段に速くなり、効果が上がったことが直ぐにわかりました。一方の祖父は様々な調整手法を試みた結果、補聴器以外にも必要なサポート方法が見つかり、父にバトンタッチし別の日に自宅で検証することに(良い効果が出るといいな)。

補聴器の調整で同席した私の娘
※画像:曾おじいちゃんと曾おばあちゃんに囲まれて、ご満悦の私の娘

「良いお店だね~」「精密な検査ありがとね~」と祖父母とも終始喜んでいたので、孝行ができたかなと家族一同良い気持ちで帰宅の途につきました。曾孫の顔を見れたことにとても喜んでもらえたので、また時間を作って補聴器の調整と合わせて遊びに行きたいと思います。

補聴器の調整について頂いた、お客様からの嬉しい一言

このところご購入後の定期メンテナンスのため、連日多数のお客様にご来店いただきました。ブログの更新も後回しせざるを得ない程、大忙しの毎日でした。

そんな中、先日あるお客様からこんな嬉しい一言をいただいたのです。
「以前では全然聞きとれなかったものが、ここで調整してもらってからはとても聞きやすくなっています。とても嬉しい。」・・・というお言葉。

他店で補聴器をご購入され都内に転居後、調整などアフターフォローのみを私が担当しているお客様からの一言です。
古い表現かもしれませんが、”補聴器屋冥利に尽きる”嬉しい一言でした。

電池は交換されましたか?

前回のブログにて当店では補聴器をお求めいただいたお客様へ、アフターサポートを行っていることについてご紹介いたしました。今回は一例を取り上げて、もう少しサービス内容をご案内いたします。

例えば、「補聴器から音が聞こえない」という問題、実は電池切れが原因になって起きていることがあります。補聴器の音を作り直す必要がある時はお手数ですがお店までご足労いただきますが、口頭で解決できるこのような問題についてはその場でお電話にてサポートさせていただいています。

最近の補聴器には電池が完全に消耗する前に、電池の消耗が近づいていることを教えてくれる機能などもあります。事前に案内が流れることで急に音が出なくなることが防げるため、この機能はとても便利です。

ちょっとしたことでも何か気になっていることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

                     

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook