メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器「フォナック オーデオV」のご紹介

フォナック独自の技術を集結した、最新チップ搭載の新製品(1月発売開始)を当店にてご相談・お試しいただけます。ご希望の方は、下記店舗までお電話でご予約ください。

青山店:03-3422-4133
品川大井町店:03-5718-4133

【商品の説明】

新製品「フォナック オーデオ V」は、比類なき進化を遂げたデジタルチップの 「ベンチャー チップ」を搭載し、騒がしい環境下での聞き取りをさらに強力にサポートできる機能が加わりました。今まで以上に補聴器を安心して使用いただける環境が増えました。

基本的な音質も改良され、また、価格ラインナップもプレミアムクラスからエッセンシャルクラスまでの4クラスをご用意しておりますので、多くの方にベンチャーシリーズの高音質を体感いただけます。

(フォナックWebサイト「ニュースリリース」より引用)

フォナックオーデオV
フォナックオーデオV

隠れる補聴器(IIC)アルタプロ、ネラプロ、リアプロ

IICブラッククリア

隠れて外からは目立たないように、外した時も美しい造形で愛着がもてる補聴器、それがオーティコンの隠れる補聴器(IIC)アルタプロ・ネラプロ・リアプロです。

デンマークのオーティコン社から、目立たない耳穴型補聴器インティガミニCICが始めて発売されたのは、約2年半前のことです。

目立たないIIC

耳の穴からは黒いものが見えるだけ

(上画像:装着した耳とブラックのフェースプレート)。
外からは影のように見えるため、目立たないように耳に着けるには適切な補聴器でした。 写真は実際に装用したお客様の一例です。理想的なサイズに収まりました。ここまで間近で確認しても、隠れてますので補聴器を着けていることが全く分かりません。

ただし、発売当初は耳の穴のサイズに制限があり、お断りすることも。デモ用の製作を考えていた私も、「菅野さんの耳では残念ながら作れません」と、断られたほどです。

モデリング

この二年間、私たちはメーカーに様々なデータを提供し、要望や改善をしてきました。(上画像:モデリング、画像はモザイクをかけています)
その甲斐もあり、今では柔軟に製作の相談ができるようになり、お客様からも大変喜ばれています。

そのインティガミニCICは今年の春に新しくなり性能がアップ。アルタプロ・ネラプロ・リアプロと、3種類にバリエーションも増えて、新しくできたIICという非常に小さいサイズに分類されています。

補聴器を隠したい、目立たせたくないというご要望にお応えする、オーティコン社のアルタプロ、ネラプロ、リアプロ。
私のお薦めの1つです。

フォナックから、目立たない小型補聴器がリニューアル登場

フォナック補聴器 オーデオ
※写真左手前:全ての機能を搭載したオーデオスマート
※写真右奥:小型を追求したモデル オーデオミニ
※注:使用時は細いチューブの先端に耳栓が取り付けられます。画像はサンプルを撮影したものです。

前回のお知らせの通り、先月下旬フォナック社の補聴器発表会に出席してきました。

今回のフォナックの補聴器”オーデオ スマート&ミニ”は「小さい」をコンセプトとしているので、”目立ちやすい耳”をしている私が実際に装着したり、色々と試してみました。
研修レポートにて詳しく報告してますので、どうぞご覧ください。

オーティコン社のアジャイルもそうですが、本当に目立たない補聴器の開発が進んでいるので、初めて補聴器を使ってみようとお思いの方には、着けやすい良い時代になりましたね。

余談ですが…
<フォナック補聴器発表会「オーデオ」1_目立たない補聴器>に掲載した、接写された自分の顔写真を見て現実を目の当たりにしました。同じ「研修レポート」のメキシコの国際会議の時や、昨年のデンマーク視察と比べても明らかに違いがあります。太り気味で気になっていたところに、休日の朝から開催の講習が追い打ちをかけ(関係ないかもしれません)、顔がしっかりとむくんでいるのです。このような写真を公に披露するのは抵抗がありましたが、このカットは1枚しか撮影しなかったので、悔みつつ掲載しました。
昨今の補聴器のフォルムを参考に、自分の体形も無駄を削らなければと、別の意味でも良い刺激を得た発表会になりました。

フォナック補聴器発表会「オーデオ」1_目立たない補聴器

フォナック補聴器発表会_オーデオ
※写真:フォナック社の目立たない補聴器オーデオと青山店の菅野

今回フォナックがリニューアルしたオーデオは丸みを帯びた前作の形から一変、角のあるシャープなデザインに変更されました。無駄が省かれたデザインから思うのか、一目見てこの補聴器に魅了されました。使用後に外して、ふとその形を見た時にも、ネガティブな気持ちにならない良いデザインの補聴器に仕上がったなと思いました。補聴器を使うことに抵抗のあるお客様にも嫌われない、良き相棒になることが期待できます。

 

フォナックオーデオ発表会
※写真左:代表取締役から過去5年間の業績の紹介
※写真右:拡大写真。右肩上がりにグループの業績が上がっていることがわかる

 

当日の発表会では代表取締役から業績紹介、各部門の責任者から新しい補聴器に関する発表、間にワークショップを挟み、最後に補聴器の補修方法など収穫の多い良い会になりました。

補聴器オーダーメイドの加工技術
写真左:特殊な耳型へデジタル製造による耳栓のメリット紹介
※写真右:オーダーメイドによる耳穴型補聴器の様々な形

中でも私が注目したのは、オーダーメイドで製作する耳栓の製作技術に関する発表についてです。
フォナック社の膨大な症例を基に様々な形状から使いやすい形を作る自動技術が登場します。今まで難しい耳型のお客様には経験則で特殊形状の補聴器をオーダーしていました。今後はこの技術により、お客様に合わせる精度が高まります。
耳の形状や聴力は一人ひとり違うため、補聴器の技術向上だけでなく加工技術の向上は、当店のコンセプト”お客様の「個性」に合わせた補聴器を作る”ことに大いに貢献いただく技術革新です。
補聴器の製作が難しいお客様には積極的にご紹介していきたいと思いました。

 

フォナック補聴器発表会「オーデオ」2_装着してみました

オーデオスマート
※写真:AUDEO Smart(オーデオスマート)を手に持った状態

「小さい」をコンセプトとしているので、”目立ちやすい耳”をしている私が実際に装着してみることにしました。
様々な角度から撮影し、どのように見えるか確認しました。

オーデオ補聴器装着例1
※写真左:真横からの全体像
※写真右:真横からの拡大写真

真横から近付くと、見えるのは耳の上から耳の中までのチューブ。そして耳栓の位置を保持するためのストッパーのみ。どちらもとても細い線でできていて、しかも耳の形状にピッタリと密着しているためほとんど目立っていません。耳の裏に隠れている補聴器の本体はこの角度では全く見えません。

オーデオ補聴器装着例2
※写真左:斜め前から撮影
※写真右:斜め後ろから撮影

続いて左の写真は、斜め前から撮影したもの。これも真横と同じように見えるのは細いチューブのみ。
最後に一番目立ちやすい斜め後方から撮影。この角度ではさすがに「見えない」とは言えないものの、全11色あるカラーから髪や肌に合う色を選択することでもっと「目立たない」補聴器に仕上げることもできます(当日装着したサンプルはオリーブグリーン)。
試聴用の補聴器は青山店、品川大井町店ともにご用意が出来ていますので、ご試聴やご試着いただけます。ご興味ありましたら、どうぞ各店までお問い合わせください。

新しい補聴器の登場

 
補聴器オーティコン_アジャイル
4月の青山店移転と時同じくして、デンマークのオーティコン社より新しく補聴器(Agil-アジャイル-)が登場いたしました。この補聴器はオーティコン社が誇る全ての技術(2010年5月現在)を搭載した、補聴器になります。
今回の優れた点は従来の同格ラインの補聴器「エポック」から始まった、両耳の補聴器が無線通信をすることで会話を聞きやすくする機能の性能アップを図ったことと、補聴器が周囲にある音を分析し、綺麗に音を出す今までのデジタル補聴器には難しかった「音質の向上(音の出し方)」を実現したことなどが挙げられます。約4年ほど前の補聴器(補聴器名:Safran)をお使いのお客様からは、この補聴器を使って「自分の声が昔の声に近づいた」との評価をいただいています。お客様の反応から見ても、色々な補聴器を試しても満足な聞き取りができないというお客様には、ご試聴いただく価値のある補聴器と考えています。このアジャイル補聴器は性能がアップしつつ、耳掛け型補聴器のサイズは大幅に小さくなっています。詳しくは「取り扱い補聴器」ページで改めてご紹介したいと思います。

今週末にはスイスのフォナック社から小型補聴器(耳掛け型)が登場する予定です。週末には休みを利用してフォナック社の発表会に参加してきますので、こちらも改めてご紹介したいと思います。
「補聴器をしていることを見られたくない」「気づかれたくない」という、補聴器への見た目の問題を解決するために、各補聴器メーカーは止まることなく”どんどん”小型化に励んでいます。

補聴器のサポート機器(テレビ用)追加情報

前回ご紹介した補聴器のテレビ用サポート機器についてお知らせがあります。どのような方にお薦めのサポート機器なのか、その理由はなぜなのか。取扱い補聴器のページにて情報を公開いたしました。
青山店、品川大井町店どちらにも、試聴用のデモ機器を完備いたしました。
ご興味をお持ちになられましたら、各店までご来店ください。

テレビが聞きやすくなる補聴器のサポート機器が登場

デンマークの補聴器メーカーオーティコン社から、テレビが聞きやすくなるサポート機器「コネクトライン(テレビ用)」が発売されました。
このシステムにはBluetoothというデジタルの無線技術を用いることで、テレビを高音質にて聞きやすくする効果があります。今までは他社の機器を代用して、補聴器だけではテレビの音を聞き取りにくいお客様に店内でお試しいただいておりました。ご利用になられたほとんどのお客様から「はっきり聞きとれる」との評価をいただいております。今回待望のメーカー純正製品が登場したことで、より簡単にそして聞きやすくなりました。
取り扱い補聴器のページでも近日中にご紹介いたしますので、ご覧いただければ幸いです。
尚、青山店には試聴用のデモ機器をご用意しています。ご興味がありましたらお気軽にご来店ください。

テレビ用補聴器サポート機器

                     

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook