メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器のプロフェッショナルとして

今夜は久しぶりに映画を観た。とても良いプロフェッショナルな仕事に、感動した。

なぜ久しぶりに映画を観たのかと言えば、今日の仕事の出来がとても良い…といえる結果にはならなかったから。そんな日には、プロとしての自分を見つめ直すために、プロの技を感じるようにしている。いつも間違いのない仕事をし続ける料理人の仕事を見る、食す。前例のないことにチャレンジしている事業家の本を読む…など。これらは、今日満足できなかった仕事に対して(もちろん満足できた仕事に対しても)もっと更に良いことができたのではと、思索する手助けになってくれる。
もちろん、今日もできうる限りのことを行い、最善は尽くした。しかし、結果としては大きく満足のいく効果を出すことはできなかった。なぜかと言えば、補聴器は万能ではないため、その効果はお客様ご本人の聞き取る能力に大きく依存するから。お客様の能力に大きな限界が生じている場合、どうしようもないのが現実。
でも補聴器をお客様のお耳に的確にフィッティングするのは天職であり、使命であると考えているため、明日もまた更に良いプロフェッショナルの仕事をしたいと思う。
ここ最近は特に、多くの方を救うことができていると大きな実感を感じているため、更なる技能の研究に邁進したい。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook