メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

遺伝性難聴に対する補聴器フィッティングの検証

耳鼻咽喉科の先生からのご紹介で、現在、遺伝性難聴の患者様に対して、補聴器の装用効果を検証しています。

当初、聴力からは補聴器で効果を出すには、難しいとの見立てもありました。しかしながら、実際に補聴器を装用し、青山店の測定室にて詳細に分析をしてみたところ、聞き取りやすくなる可能性はあることが分かりました。

先日は補聴器をお貸出しし、本日はその補聴器の貸出し効果を確認するために、再度ご来店いただきました。長期間聞こえていなかったため、違和感はまだあるご様子。でも、補聴器の効果も感じていらっしゃるとのこと。補聴器の音の調整方法を見直しましたので、きっと上手く使いこなせるのではないかと思っています。

補聴器は購入するまでに、7年程度の期間を要するとも言われています。ご自分の難聴を受け入れることから始まり、補聴器を使うことを受け入れ、その補聴された音も受け入れる…いろいろなことを受け入れるまでには、どうしても時間がかかります。この方も、最初のきっかけからは、かなりの年数を要していました。

今回はお仕事のために至急、補聴器を必要とされているため、この患者様に「よし、使ってみよう!」と思ってもらえるように、サポートをさせていただきたいと思っています。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook