メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ
サブページビジュアル

あなたの耳をサポートする新しい補聴器。
Ear Supporter(イヤーサポーター)

私たちはたくさんの音に囲まれて暮らしています。
難聴により聴力が衰えるということは、身のまわりの音が少しずつ失われていくことでもあります。
たとえほんのささいな音であってもそれは、私たちの心を浮き立たせたり楽しませたりするだけでなく、さまざまな状況や危険を知らせてくれる重要な情報にもなります。
会話やテレビそして周りの音を聞きやすくし、外出中はもちろん、家の中でもあなたを支える大切なパートナー― 補聴器のことをもっと真剣に考えてみませんか。

こんなお悩みございませんか?

ケース1

「目立たない補聴器がいい」

大きな補聴器を想像されているお客様が多くいらっしゃいますが、実はかなり小型な補聴器が今は主流です。

当店では耳かけ型と耳あな型のどちらのタイプにも、小型の補聴器をご用意しており、可能な限り小型に作成するために、耳型採取の方法から製作に至るまで、独自の研究はもとより、メーカーとも研究を行っています。

ケース2

「補聴器はまだ不要かな?」

テレビの音量が大きい、後ろからの声に気づいていない…など、ご家族から指摘を受けていませんか?

少し聞こえにくくなり始めた方々は、自覚がないのにご家族から指摘を受けることが多くあります。このようなケースでは会議で離れた人の声が聞こえにくいことことは自覚されている場合がありますが、いかがでしょうか。

ケース3

「居酒屋で聞こえにくい」

居酒屋は難聴ではない方でも、とても聞こえにくい場所です。補聴器で効果を出すには非常にハードルの高い場所になります。

補聴器の騒音抑制を使用しつつ、聞き取りたい声に集中して聞き取ろうとする意識も大切です。そして、それをサポートするために、当店では居酒屋向けの音質調整プログラムをご用意しています。

ケース4

「テレビが聞こえにくい」

テレビは補聴器をつけても聞こえにくい場合があります。

例えば、ドラマの場合、テレビのスピーカーからは、聞き取りたい俳優の声とともに、肝心なシーンで盛大なバックミュージックが流れてしまうことで、声がかき消されてしまうことがあります。また、スピーカーの位置が適切ではない場合もあります。このような時には、テレビの音を直接補聴器に届けるシステムを活用することがお薦めです。

悩んでいる方、ご家族の方、いつでもご相談ください。共にその悩みを解決する方法を探しましょう。
「案外使えそうだ。」相談にいらっしゃると、こんな感想もよくあることなのです。

イヤーサポーターとは
イヤーサポーターとは
ご相談~ご注文の流れ
ご相談~ご注文の流れ
ご購入者からのメッセージ
ご購入者からのメッセージ

補聴器に関するご相談、資料請求はお気軽にお問合せください。

新規のお客様専用電話

0120-28-4133

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook