メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器で困っている方を、ゼロにしたい。

東急プラザ渋谷店
画像:東急プラザ渋谷店外観写真(手前が展示フロア、奥が防音室2部屋)

新年あけましておめでとうございます。過ごしやすい陽気が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

2年の準備期間をかけて先月グランドオープンしました東急プラザ渋谷店が、現在私の中心的な活動拠点となっています。渋谷の店舗は一早く本日からオープンしています。ぜひお休みの間に渋谷付近にお出かけの際には、当店にもお立ち寄りください。

渋谷は広く情報を発信するショールーム機能も兼ね備えた発信拠点。青山はクローズドで落ち着いた対応が必要なお客様向けの完全予約制、大井町は地元のお客様をケアする曜日指定の店舗。各店舗が機能を分けて活動しています。

東急プラザ渋谷店は日本初のオープンスタイルの補聴器専門店です。店舗区画の約半分をオープンの展示フロアとして、ご来館のお客様に開放しております。ご相談をご希望のお客様には、補聴器のご相談から、フィッティング評価まで全て行うことが可能なバリアフリーの大型防音室も完備しています。補聴器の情報を今まで手に入れられる場所としては、補聴器業界や医療及び福祉関係のイベント等がメインであったと思いますが、目的をもって来場する限られた方が対象者でした。これに対し、東急プラザ渋谷店は全くの別目的で来館された方にも、広くオープンに展示を行っているところが、今までになかったところです。年中無休で、夜9時まで開いていますので、いつでも気軽に補聴器の情報に触れられる珍しい情報発信拠点になったと思います。

昨年はまず、東京ヒアリングケアセンターの世界観を知っていただくことを中心に展示をしました。今年からは更に補聴器や難聴、音など広く耳に関わる題材もテーマに取り上げて発信していきます。

渋谷で私たちが行っているのは、ほぼ大半が補聴器の啓蒙活動です。その一部のご相談者様への補聴器販売で経費を賄っています。啓蒙活動が大半であることから、私達が本来こうあるべきではないかと想ってきたことの全てを発信するようにしています。補聴器に対するイメージは、私見では、20年近く時が止まったままと思っています。補聴器の誤解を解くこと、補聴器専門店と補聴器技能者の地位向上、医療機関との連携の必要性など、全てを発信しています。ご来館のお客様から応援のお声や握手を求められたり、記念写真を撮られる方もいらっしゃることから、私達が販売目的の店舗と一線異なる活動を行っていることを、感じていただけたものと確信しています。

このブログでも長く発信し続けていますが、営利を第一にしてしまうと、あらぬ販売方向に舵が動きます。それは、お客様より私達の方が補聴器の知識が豊富なため、本来すべきことをしない方向にも誘導できてしまうからです。このため、営利企業ではあるものの、社会貢献を第一とし、その先に利益があるという思想をもって活動しています。安易な乱売はNGとしつつ、サービスの価値に見合わない廉価な販売もNGとし、社会性と営利企業としての活動性のバランスがもう一つのテーマとしています。

今の私を例えると「水を得た魚」。青山を立ち上げた14年前からしたかったことが、やっとできるようになりました。「補聴器で困っている人をゼロにしたい。」この想い一つで活動を続けてきました。

2020年は創業25年の節目の年。一人でも多くの方が、素晴らしい人生を過ごせるように、その懸け橋になれるよう、全速力で駆け抜けます。

東急プラザ渋谷
東急プラザ渋谷外観イメージ

営業方針変更の経緯

超高齢化社会に突入した現在、高齢者の健康寿命を伸ばすことが、社会の喫緊の課題です。

中でも誰もが気になる「認知症」は、その最大要因として「難聴」が挙げられていることをご存知でしょうか。難聴をケアする一つの解決策は「補聴器」の使用。そして補聴器を使用することで、海外では認知機能低下の加速を遅らせることが分かってきているものの、日本では肝心の補聴器普及率が想定使用者の14%程度であることも分かってきました。そして、その低い使用率の中で、38%程度の方しか満足していないことも、大規模な調査結果で明らかになっています。待ったなしの状況です。

当店は今一度「ヒアリングケアセンター」と命名した自店の役割に立ち返り、日本の補聴器業界が抱え続けている「低普及率、低満足度、低認知度」の「三低問題」を解決することを、活動の中心にシフトします。

そのような中、約2年前に老舗商業施設より出店オファーがあり、全く新しい店舗を作ることで、この社会問題の解決を目指すことに決意いたしました。成熟した大人をメインターゲットとした日本で最初の商業施設となる「東急プラザ渋谷(12月5日グランドオープン)」に新たな店舗を開設します。補聴器専門店では珍しいオープンフロアと、プライベートな防音空間も兼ね備えた、全く新しい補聴器専門店です。今まで身近な存在ではなかった「難聴」や「補聴器」について考えていただく場とし、社会性ある活動を行ってまいります。

これに伴いまして、現在の2店舗の営業方針を11月より順次変更してまいります。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

1.青山本店 (11月5日(火)より変更いたします。青山店は本店として、高度なサービスを提供してまいります。)
営業:  午前10時~午後5時【完全予約制】、定休日: 金・日・祝日
電話番号: 03-3423-4133、ファックス番号:  03-3423-1991
取扱業務:補聴器・Just ear
※Just earは立上げ当初よりご予約不要にて続けてまいりましたが、11月からはJust earも含めまして、従来通りの「完全予約制」に戻ります。

2.品川大井町店 (11月11日(月)より変更いたします)
営業: 木曜日(祝日は除く) 午前10時~午後5時【完全予約制】
取扱業務:補聴器
◎ご予約が無い場合は休業の為、事前にご予約をお願いいたします。
※連絡先電話番号: 11月11日(火)より「青山本店(03-3423-4133)」へご連絡ください。
ご予約の際は「ご希望店舗名」もお伝えください。

3.東急プラザ渋谷店 (12月5日グランドオープン)
営業:午前10時~午後9時
年中無休(館指定日を除く)
取扱業務:補聴器
JR渋谷駅西口駅前
(東急プラザ渋谷店の詳細情報は改めてご案内いたします)

※11月2日(土)は、イベント出展のため、全店臨時休業いたします。
青山本店は11月5日(火)より、品川大井町店は11月6日(水)より通常通り営業いたします。

きこえることに、うれし涙。

本日ご来店になられたお客様は、すでに補聴器を使用されている方。新たな聴き取りのために、補聴器の新調をご希望になり、青山店にお越しいただきました。

つい最近のこと、社長と話した話題に「涙」があります。10年以上前は補聴器で聴こえるようになるだけで、涙を流す方もたくさんいらっしゃって、こちらも良い仕事をさせてもらったなと思ったものです。最近はめっきり涙を流すお客様がいらっしゃらず、時代が変わってきましたねと社長と話していました。

本日お越しの若いお客様から、「涙が出そうです…。」と一言。それはスマホの音楽を補聴器で聴けるようになったことによる感動から。難聴になることで、音楽から遠ざかってしまう人は多いですが、補聴器できちんと補正した状態で、補聴器をワイヤレスイヤホン代わりに使うことで、スマホの音楽がダイレクトに聴こえる。一見、補聴器が不要の人には当たり前に見えることが、実は難聴の方には難しいことがあります。2週間後、またお会いするので、その時も本日のような柔らかな笑顔をまた見ることが出来ればよいです。

ワイヤレス技術は以前からあったわけではあるものの、やはり認知度は低い。でもその前に、「補聴器」そのものの認知度が低すぎるのが日本の現状。これは何十年と変わらないことで、何とかしなければならない。

「使命感をもって、伝えていかなければならない。」

私達の店は非常に小さい店ですが、志は、かなり高いと自負しています。2019年の最初のブログで申し上げた「石の上に10年座り続けた東京ヒアリングケアセンターが、2019年にどうなっていくのか…」、本日その答えが一部公開されました。明日以降に、正式にご案内させていただきます。

補聴器技術を高めさせてもらった、あなたとの出会い。そして別れ…。

一般的には、補聴器は買い替えを続けて、長いお付き合いになるのですが、その期間は短くあるべきというのが、補聴器業界のごく当たり前の常識。「どんどん買い替えを提案していかないと」と良く勧められるのですが、性格上、そういうことはできず、一度お作りさせていただいた補聴器を長く大切に使っていただきたい、そう思っています。

補聴器技能者という仕事の宿命、それはご高齢の方が、主なお客様のため、年単位でお付き合いを重ねる中で、良い関係を築けて良かったと思っていた矢先に、その方の天命が来てしまい、突然の別れを迎えるというもの。すごく、辛いです。

昨日も、突然の訃報に、肩を落としました。何となくお元気が無いように見えてはいたものの、まさかと…。

このお客様はかなり特別な方。聴力データやお耳の状態、客観的に考えれば、この一択。そういう選択肢しかないお耳でした。しかし、それを選んだ場合、その方のお仕事でその補聴器は使えないことを意味しており、総合的に考えれば、何とか別の方法を模索したいというものでした。そんな中、当店のお客様からのご紹介で来店されました。

医療機関から紹介された補聴器専門店での試聴結果や提案された補聴器は、特におかしくはありませんでした。前述の通り、客観的に考えれば、適切。でも・・・その方のお仕事を考えれば、私としては「あり得ない」選択でした。

とはいえ、他の提案を模索できるほど、選択肢のあるお耳でもなく…。

今になって思えば、良くひらめいたなと思いますが、「この手法を実現すれば、不可能を可能にできる。」ピーンと、アイデアが頭に浮かんだのですね。通常の補聴器技能者ではありえない方法を編み出して、補聴器を製作しました。かなりトリッキーな作り方になるため、ご本人に説明し製作意図へ同意いただき、メーカーの設計者にも頼み込み製作に漕ぎ着けました(一度は跳ね返された記憶がありますが…)。

どうして、あんなトリッキーな手法を思いついたのだろうと、想いを巡らせてみると、それは、私が補聴器だけでなく、テイラーメイドのイヤホンの仕事に、かなり、のめり込んでいたからだと思います。一般のお客様から、著名アーティストまで、年間最高1,000人の耳型を採取したりして、耳の特徴が嫌でも体に刻み込まれました。たった一度の結果のみが求められる言い訳が通用しない現場も経験しました。そんな経験が活かされ、「この方法を使えば、いいんじゃないか」と、後にも先にも、このお客様のために考案した技法を実施しました。

「小さい耳に小さな耳あな型補聴器を作る。」これは、かなり非現実的ですね。でも、それをこのお客様では実現できた。私の経験を総動員したからこそ、できた。そして、喜んでいただけた。一般的な医療機関を通したルートでは解決できなかった課題を、プライベートで紹介を受けて、対応できた。…痛快でした。

後にも先にも、この方だけのために行った技法により、出来上がった世界に一つの目立たない補聴器。広告宣伝で活用される「小型」や「目立たない補聴器」などが一蹴できるほどの、完成度。自分にとっては「作品」と呼んでも過言ではない出来上がりであったため、もっと使っていただきたかった…。でも天命には抗えませんね。

故人には…、どうぞ安らかに…、そして、私に技術を高める機会を与えてくださったことに感謝し、今夜のお酒は、献杯です。

非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛について

本日より始まりました、「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」というイベントに、補聴器メーカーのオーティコン社と共同にて協賛をしております。

青山店では、補聴器やJust earの展示コーナーに、ポスターの掲示とチラシの設置をしております。品川大井町店でも、ショーウィンドーにポスターを掲示しております。

世界で100万人以上が参加した、日本初開催のイベントです。詳細は、当Webサイトのお知らせページ「非言語コミュニケーションイベント「ダイアログ・イン・サイレンス(Dialog in Silence)」への共同協賛のお知らせ」をご覧ください。私が協賛を決めた想いも一部述べています。

夏の外苑前といえば「高校野球東京大会」と「神宮外苑花火大会」。

外苑前駅最寄りにある神宮球場

外苑前の夏の風物詩といえば、神宮球場で行われる「高校野球東京大会」や「神宮外苑花火大会」。高校野球西東京大会は昨日決勝が神宮球場で行われ、早稲田実業の清宮選手が注目されていましたね。敗れはしたものの、清々しく、スポーツマンとして好印象でした。まだまだ続くこれからの活躍に期待したいですね。

8月のメインイベントは「神宮花火大会」。例年土曜日開催が多かったため、補聴器相談はきちんと定時で終了し、花火の帰宅ラッシュに巻き込まれないように帰宅しないと…と、いつも思っていましたが、ここ最近は日曜日に開催している気がします。今回も日曜日(8月20日)とのこと。

今年は国立競技場が建て替えのため、いつもよりは来場者が少ないのでしょうが、とても混雑すると思います。遊びに行かれる際には、お気を付けください。

工事中の国立競技場

工事中の国立競技場。いつも青山店から車で移動する際に、神宮球場の前から国立競技場の跡地を見ると、この工事現場になぜか大きな建物が見えます。「もう何かできたの?」と、遠目では錯覚してしまうのですが、実は国立競技場の奥にある前回の東京オリンピックで使用された「東京体育館」が見えているだけなのです。時々しか通らないため、毎回ドキッとしてしまいます。どのような建物になるのか、完成が待ち遠しいですね。

「難聴と音楽」をテーマとした番組のご紹介

補聴器のことでお一つご紹介したい情報を入手しましたので、お知らせいたします。まず、お知らせの前置きとして一言、「イヤーサポーター」という名称のお話を。。。

当店では補聴器のことを「イヤーサポーター」と呼んでいます。難聴になっていても、「補聴器」を使うことに躊躇されている方はとても多くいらっしゃいますが、その原因の一つにネーミングもあるのではないかと以前から思っていました。そんな中、音楽家の宇崎竜童さんと知り合ったのが5年ほど前だったかと思います。無謀にも「補聴器のイメージを変えたいのですが、補聴器に変わる何かいい名前はないでしょうか…」と無茶なお願いをし、色々と考えていただいた後、「イヤーサポーター」という名称をいただきました。しかも、楽譜用の五線紙に筆でロゴもしたためていただきました。

宇崎竜童さんとは、ご自身の母校であり、総合プロデュースをされている明治大学の音楽祭「お茶の水JAZZ祭」に毎年協賛させていただくなど、今も親交があります。なぜ、イヤーサポーターや宇崎竜童さんのことをブログに書いているのかと言いますと、そんな宇崎さんが、「難聴」をテーマにしたテレビ番組に出演されることが分かったからです。本日18日(土)の夜です。

もしご自宅にいらっしゃれば、ぜひご視聴いただければと思います。30代からずっと難聴ととも生きてこられた宇崎さんのお話はきっと皆さんにも何かの参考になるかと思います。ちなみに、イヤーサポーターについてはこちらで写真付きでご紹介しています。

~以下、NHK ONLINE番組ホームページより抜粋~

  • 放送日時:3月18日(土)午後8時45分~9時 NHK Eテレ
  • 番組名:ろうを生きる 難聴を生きる
  • 今回の放送:僕の音楽は難聴とともに 宇崎竜童

歌詞が流行語になるほどのヒットをとばした宇崎竜童さん。妻の作詞家・阿木燿子さんとのコンビで数多くの歌手に楽曲を提供してきた。実は30代のころから両耳の難聴に悩んできた。テレビの生放送で司会者の質問が 聞き取れなかったり、俳優の仕事で相手のセリフが聞こえづらくなったりした。そのため、30代から補聴器を使い始めた。宇崎さんに難聴と長年つきあいながらも音楽とともに生きてきたその思いを聞く。

青山店開業10周年を迎えて

「悩みを打ち明けられる場所を作りたかった」という想いからでした。

カウンセリングを重視した補聴器専門店を、業界の先駆けとして情報発信地「青山」に開業したのが2006年。その全ては、補聴器に抵抗をお持ちになる方々が、悩みを打ち明けられる場所を作りたかったという想いからでした。

そのためには、デザインはもとより、補聴器を取り巻く課題克服の研究と実践を行う機関として青山店の活動方針を決め「臨床心理士の採用」、「相談時間を一回平均3時間に設定(開業当時)」、「予約制」等、業界基準とは異なる独自に考案したサービスを存分に取り入れ、この10年間活動してまいりました。

その結果、10周年を迎えた今日、青山店は本当にお悩みを抱えたお客様からご相談いただける専門店となり、遠方からも多くお越しいただいています。

お困りの方がいらっしゃいましたら、私共が何かのお役に立てるかもしれません。

創業20周年を迎えて

1995年の創業から、本日20周年の記念すべき日を迎えました。
今日まで、数多の荒波をよく乗り越えてきたものだと、感慨深いものがあります。

お客様、ドクター、メーカーの方々、協力会社様など
様々な方々との出会いの1つひとつから、多くの刺激を受け
成長の糧としてきたことが、その要因と考えます。

つねに現状に満足せず、ちょっとずつでも背伸びを繰り返しながら
上を向いてきたスタッフの気持ちが土台にあったからこそ
様々な問題も力に変えることができたのだと思います。

そして20周年を向かえた本年、挑戦のスピリットを具現化し
新たな取り組みを始めます。

耳に関するプロフェッショナルとして更なる飛躍を目指す当店を
引き続き応援していただければ幸いです。

ヴァーナル・ブラザース株式会社
東京ヒアリングケアセンター 青山店
取締役 菅野 聡

ご来店は事前にご予約ください

当店では、ご予約のお客様を優先的にご案内しております。そのため、スタッフが接客中の場合、 突然のご来店に応対できない場合がございます。遠方より当店までお越しいただく場合、事前に各店舗までご予約ください。

青山店
営業時間:10:00~19:00、水・土曜日の午後は完全予約制
電話:03-3423-4133
ファックス:03-3423-1991

品川大井町店
営業時間:10:00~18:00、土曜日は正午まで
電話:03-5718-4133
ファックス:03-5709-0657

【 年末年始の休業期間 12月30日(木)~1月4日(土)】

12月29日は午前中までの営業となります。

寒さが日ごと増してきました。
店内も、スタッフの気持ちも、暖めてお待ちしております。

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook