メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

「難聴と音楽」をテーマとした番組のご紹介

補聴器のことでお一つご紹介したい情報を入手しましたので、お知らせいたします。まず、お知らせの前置きとして一言、「イヤーサポーター」という名称のお話を。。。

当店では補聴器のことを「イヤーサポーター」と呼んでいます。難聴になっていても、「補聴器」を使うことに躊躇されている方はとても多くいらっしゃいますが、その原因の一つにネーミングもあるのではないかと以前から思っていました。そんな中、音楽家の宇崎竜童さんと知り合ったのが5年ほど前だったかと思います。無謀にも「補聴器のイメージを変えたいのですが、補聴器に変わる何かいい名前はないでしょうか…」と無茶なお願いをし、色々と考えていただいた後、「イヤーサポーター」という名称をいただきました。しかも、楽譜用の五線紙に筆でロゴもしたためていただきました。

宇崎竜童さんとは、ご自身の母校であり、総合プロデュースをされている明治大学の音楽祭「お茶の水JAZZ祭」に毎年協賛させていただくなど、今も親交があります。なぜ、イヤーサポーターや宇崎竜童さんのことをブログに書いているのかと言いますと、そんな宇崎さんが、「難聴」をテーマにしたテレビ番組に出演されることが分かったからです。本日18日(土)の夜です。

もしご自宅にいらっしゃれば、ぜひご視聴いただければと思います。30代からずっと難聴ととも生きてこられた宇崎さんのお話はきっと皆さんにも何かの参考になるかと思います。ちなみに、イヤーサポーターについてはこちらで写真付きでご紹介しています。

~以下、NHK ONLINE番組ホームページより抜粋~

  • 放送日時:3月18日(土)午後8時45分~9時 NHK Eテレ
  • 番組名:ろうを生きる 難聴を生きる
  • 今回の放送:僕の音楽は難聴とともに 宇崎竜童

歌詞が流行語になるほどのヒットをとばした宇崎竜童さん。妻の作詞家・阿木燿子さんとのコンビで数多くの歌手に楽曲を提供してきた。実は30代のころから両耳の難聴に悩んできた。テレビの生放送で司会者の質問が 聞き取れなかったり、俳優の仕事で相手のセリフが聞こえづらくなったりした。そのため、30代から補聴器を使い始めた。宇崎さんに難聴と長年つきあいながらも音楽とともに生きてきたその思いを聞く。

青山店開業10周年を迎えて

「悩みを打ち明けられる場所を作りたかった」という想いからでした。

カウンセリングを重視した補聴器専門店を、業界の先駆けとして情報発信地「青山」に開業したのが2006年。その全ては、補聴器に抵抗をお持ちになる方々が、悩みを打ち明けられる場所を作りたかったという想いからでした。

そのためには、デザインはもとより、補聴器を取り巻く課題克服の研究と実践を行う機関として青山店の活動方針を決め「臨床心理士の採用」、「相談時間を一回平均3時間に設定(開業当時)」、「予約制」等、業界基準とは異なる独自に考案したサービスを存分に取り入れ、この10年間活動してまいりました。

その結果、10周年を迎えた今日、青山店は本当にお悩みを抱えたお客様からご相談いただける専門店となり、遠方からも多くお越しいただいています。

お困りの方がいらっしゃいましたら、私共が何かのお役に立てるかもしれません。

創業20周年を迎えて

1995年の創業から、本日20周年の記念すべき日を迎えました。
今日まで、数多の荒波をよく乗り越えてきたものだと、感慨深いものがあります。

お客様、ドクター、メーカーの方々、協力会社様など
様々な方々との出会いの1つひとつから、多くの刺激を受け
成長の糧としてきたことが、その要因と考えます。

つねに現状に満足せず、ちょっとずつでも背伸びを繰り返しながら
上を向いてきたスタッフの気持ちが土台にあったからこそ
様々な問題も力に変えることができたのだと思います。

そして20周年を向かえた本年、挑戦のスピリットを具現化し
新たな取り組みを始めます。

耳に関するプロフェッショナルとして更なる飛躍を目指す当店を
引き続き応援していただければ幸いです。

ヴァーナル・ブラザース株式会社
東京ヒアリングケアセンター 青山店
取締役 菅野 聡

ご来店は事前にご予約ください

当店では、ご予約のお客様を優先的にご案内しております。そのため、スタッフが接客中の場合、 突然のご来店に応対できない場合がございます。遠方より当店までお越しいただく場合、事前に各店舗までご予約ください。

青山店
営業時間:10:00~19:00、水・土曜日の午後は完全予約制
電話:03-3423-4133
ファックス:03-3423-1991

品川大井町店
営業時間:10:00~18:00、土曜日は正午まで
電話:03-5718-4133
ファックス:03-5709-0657

【 年末年始の休業期間 12月30日(木)~1月4日(土)】

12月29日は午前中までの営業となります。

寒さが日ごと増してきました。
店内も、スタッフの気持ちも、暖めてお待ちしております。

10月11日開催『お茶の水JAZZ祭2014』に参加

10月は芸術の秋です。

東京ヒアリングケアセンターでは、毎年10月に2つの音楽イベントに参加しています。
明日、10月11日にお茶の水の明治大学アカデミーホールで開催される『お茶の水JAZZ祭2014』がそのひとつです。

お茶の水JAZZ祭は“母校の町への恩返し”と“お茶の水の町おこし”をコンセプトに明治大学出身である音楽家の宇崎竜童さんが総合プロデュースをされています。東京ヒアリングケアセンターは音楽の力で補聴器の価値を伝えていく活動をしており3年前に宇崎さんからお声がけをいただき、現在に至ります。

昨年からは会場ロビーにブースを出展し、イヤーサポーター(補聴器)に触れていただける場を設けました。普段、補聴器に触れる機会のない方々にも、イヤーサポーターを知っていただきたく、このイベントに協賛しています。

補聴器のネガティブなイメージを底辺から変えていくための草の根運動として今年で3回目を迎えます。

チケットは好評発売中です。お時間がございましたら、是非ご来場ください。

『お茶の水JAZZ祭2014』

http://www.jazzsai.com/

御茶ノ水JAZZ祭

創業記念日

本日4月17日に、創業記念日を迎えました。
今年は20年目になります。
皆様方のお引き立ての賜と心より感謝いたしております。
来年の20周年に向けて、今年は補聴器について
色々とチャレンジしていきたいと思っています。

ご意見やご要望などございましたら
何なりとお声をお寄せ下さい。
よろしくお願いいたします。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

東京ヒアリングケアセンターは本日より新年の営業を開始いたしました。

昨年は様々なお悩みに対して当店の新しいイヤーサポーター(補聴器)にてお応えいたしました。

本年は補聴器のラインナップも増える予定があります。さらに多くのお悩みにお応えできるように精進いたします。

2014年もよろしくお願い申し上げます。

東京ヒアリングケアセンター 青山店
菅野 聡

10代~20代の学生向けページの文章を一部修正しました。

リニューアル後のWebサイトでは、世代別に専用ページを用意しています。

今日は学生さん向けページの最初の文章を一部修正。

補聴器に対してなかなかネガティブな過去の体験や印象を拭えない若い世代に対して、
現代の新しい補聴器(イヤーサポーター)をスマホのアプリのような感覚で理解してもらえればと、
表現を変えてみました。

Webサイトをリニューアルいたしました。

Webサイトをリニューアルいたしました。

今回から世代別ページを新たにご用意しましたが、これは様々な世代のお客様がお越しになる、
東京ヒアリングケアセンターならではの取り組みです。

数多ある補聴器関連Webサイトの中から、当店にお立ち寄りいただいたお客様に、
共感いただけるサイトへ作り上げていきたいと思います。

80代男性との補聴器応対日誌を更新

本日ご来店の80代男性との補聴器応対日誌を、フェイスブックに更新いたしました。

目立たない部分に東京ヒアリングケアセンターの一工夫を加えてオーダーした一台。
お客様に喜んでいただけて何よりです。

  • 応対日誌の詳細は東京ヒアリングケアセンターの公式フェイスブックにて

           http://www.facebook.com/tokyohearing

« 古い記事                      

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook