メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

一人ではない

先週末、数カ月ぶりにお会いしたのは突発性難聴で担当させていただいていたお客様。片耳のみ、聞こえにくくなり、その支えとなる補聴器の作成を担当しました。

使い始めは、仕事の間に使用していると、疲れてしまい、夜はバタンキューになっていたとのこと。音が入ってくることに脳が慣れるまで、時間がかかったのかもしれません。今では、突発性難聴になる前と同じくらいの感覚になったとお聞きできたこと、とても嬉しかったです。なぜかと言えば、私も突発性難聴の経験者だから。同じ境遇の人を救えてよかったなと。

私の場合は2度、突発性難聴になりましたが、幸いなことに、どちらの時も元通りに近い状態に戻ることが出来ました。私の突発性難聴では、片耳から入る全ての音が、扇風機の前で声を発した時のような、震える音に聞こえてしまう症状でした。この仕事をしていたからこそ、初期症状に、とっさに気づいたのかもしれません。なんとも言えない状態でした。
一度目は翌日すぐに耳鼻科の先生に診てもらったので、すぐに復活しましたが、二度目は新規事業の立上げ等も重なり全く自分を優先することが出来ず、治療を開始出来たのは少し時間が経ってからでした。
その結果、一度目のようにすぐに治ることは無く、時間を要しました。耳鳴りは残ってしまいましたが、何とか聴力は元通りに戻りました。この時も、耳鼻科の先生が支えとなってくれました。

治るのが一番ですが、そうならない方が多いのかもしれません。私の所にいらっしゃるのは治らなかった方だけなので正確な数値は分かりませんが。そういう時に一番に頼りになるのは、私達、補聴器技能者。そう胸を張って言いたいところですが、なかなか補聴器では救えないことも多いのが現状です。悪くなりすぎては補聴器では意味を成さないこともあるからです。

しかし、先週末のお客様は救うことができた。しかも、突発性難聴になる前と遜色ない状態に。彼にとっては、きっと私達のの存在が大きな支えになったのではないかと、もしくは、そうであればよいなと、そう思いました。

困ったときは相談してほしい。万が一かもしれないけれど、私たちがあなたの助けになることができるかもしれないから。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook