メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器からJust earまで、ドラマチックな1週間

先週は前半部分で今年のテーマに合致する解決すべき課題が見えてきた反面、後半は今まで取り組んできたことへの良い効果が感じ取れた、そんな1週間でした。

本当に色々なことが起きましたが、1つ挙げるとすれば、補聴器メーカーを退職された方から、補聴器相談を希望されている方をご紹介いただけたことです。あり得ないこともないお話…かもしれません。しかし、メーカーの方々は、全国の補聴器専門店のことを、良い面も悪い面も理解されています。特に、長年業界にいて、何メーカーもの所属経験があり、上層部にもいた業界の重鎮の方であれば…。今回はそのような「重鎮」の方からのご紹介でした。

現役中であれば、「自社のものを販売してほしいから…」など、ご紹介いただける理由は理解できます。しかし、引退された今であれば、そのような必要はありません。むしろ、以前ブログで書きましたが、紹介する場合は、デメリットも生じます。そのため、「売ってくれるだけの店」にはご自分の信用に傷がついてしまうリスクもあり、安易には紹介はされないと思います。

現役中に深い親交があったのであれば、紹介しやすいという理由で、ご紹介もあり得ると思います。しかし、退職後にお会いする機会はあったものの、現役当時に深い交流があったという間柄ではありませんでした。そのため、カルテに書いていただいたご紹介者名には、驚きを隠せませんでした…。

ご近所のお客様であれば理由は分かるのですが、ご来店には1時間以上もかかる遠方のお客様であったので、こちらも普通ではありません(青山店のお客様という点では、高速道路や新幹線をご利用されるお客様もおり、割と「近距離」のお客様ではありますが…)。お住まいと青山店の間には、いくつもの補聴器専門店がある中、そこを飛び越えて、わざわざご紹介いただいたわけです。

理由がわからなかったので、「ご紹介者の方は当店について何かお話されていましたか?」とお聞きしたところ、「補聴器は調整次第。この店には腕のいい人がいるから。」と紹介理由をお話されたとのことでした。

その一言を聞き、真摯に難聴と補聴器に向き合ってきてよかったなぁ…と思いました。最近はお酒をまた飲むようになりましたが、その日のお酒が格別に美味しかったのは、言うまでもありません。このところ、信頼していた方々が相次いで引退や転職をされてしまったのですが、この方々ともこのような良い再開が出来ればと思いました。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook