メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

今年一番の小型補聴器が完成

本日最後のお客様は超小型の耳穴型補聴器のフィッティング。結果は想定通りの仕上がりで今年一番の小型補聴器になりました。
このお客様には一度補聴器を納品済みでしたが、気になる点が数点あり、作り直しをさせていただくこととしました。「この機能を省くことで、もっと小型にしてほしい。」、「取っ手の位置は目立たないように、こちらの場所に…。」

メーカーの製作担当者には、きちんと状況を伝え、改善してほしいポイントを伝える。当たり前のことですが、修理依頼書という「一枚の紙」だけでは、お客様と接する技能者が感じとる「肌感覚」を製作担当者に伝えることはできません。特にギリギリの限界まで追い込んだものを作らなければならない時は…。

結果はこれ以上は不可能と断言できる、目立たなさに補聴器が仕上がりました。最後に店舗ならではの、私のフィッティングノウハウで二つの手間をかけ、更に完成度を高めて、納品完了。

なぜここまで手間暇をかけたかと言いますと、撮影にご使用されるお客様のため、目立つことはNGだからです。著名人を担当させていただく場合は、納品後はテレビ越しに見えるお耳を、ついつい観察してしまいます。今回は、全く撮影に影響が出ない仕上がりになっていると、確信できる補聴器になりました。お客様には営業時間外に、長時間お付き合いいただくことになりましたが、私個人としては大満足の結果となりました。

お客様に笑顔で喜んでもらえると、とても励みになります。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook