メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

Just earイベントMHワンフェスを振り返って

JustearイベントMHワンフェス
試聴開始直前

昨日は、「MHワンフェス」というJust earイベントを青山店で初めて開催しました。青山店では久しぶりの大型イベント。MHワンフェスという名前は、Just earを象徴する究極の一品「音質調整モデルXJE-MH1(通称MH1)」に由来しています。MH1とは開発責任者が自らお客様からの要望を基に、対面で音決めをさせていただく究極のテイラーメイドなイヤホンです。

初開催となった今回のMHワンフェスでは、MH1をお持ちのJust earオーナー7名様にプレゼンターとなっていただき、開発責任者の松尾氏にオーダーした自らの音を、皆さんにも聞いていただこうというイベント。特に第1回となった昨日は、声優さんの声にフォーカスされた方々を中心にプレゼンターとなっていただきました。「この人の声が一番よく聞こえるように!」とオーダーされた、かなりピンポイントに特化したチューニングになっています。(注:MH1のお客様が皆様そのような特殊なオーダーをされているわけではありません)

プレゼンターの方々と試聴のお客様
プレゼンターの方々と試聴のお客様

自らオーダーした際のポイントなどを話していたのか、プレゼンターの皆さんがとても生き生きとしていたのが印象的でした。まるで開発者がイベントでブースに立って、お客様の質問に答えるかのようでした。また、一時は50名を超える人が青山店にいる状況となり、金のプレイヤーが誕生するきっかけとなった、青山店での、あのイベントを思い出しました。「この人のMH1を聴かせてもらって、MH1作りたくなりました。」というお声や、「こんなイベントやってほしい。」とのお声もいただきましたので、2回目のMHワンフェスも開催したいと思います。Twitter上でもプレゼンターの方々がとても喜ばれていたことが改めてよくわかりましたので、開催してとても良かったです。7名のプレゼンターの皆様、お疲れさまでした!

<追伸>
最後に、松尾さんが社内のOutstanding engineer awardという栄誉ある賞を受賞されたことを記念して、トークショーを開催しました。その際にプレゼントを隠しておいたのですが、差し上げたのはテイラーメイドの万年筆インク。先日荷物を整理していたところ、偶然開発当時の松尾さんの耳のシェルが見つかったため、それを持参し、万年筆メーカーであるセーラーのインクブレンダー石丸治氏に特注色をオーダーしました。

Just earのMH1と同じく、対面でお客様の望みにプロが答えるという仕組み。ちょっと薄すぎますね。などやり取りを重ねるのも、MH1らしい。そして、最後に色の名前を付けるのも同じくなので、事前に色々と検討をしました。今回は、桐箱も用意してメッセージの刻印を入れたのですが、なかなか、名前やメッセージを考えるのは大変。以前行っていましたJust earの刻印サービスにて、皆さんが悩まれていた理由が、とてもよくわかりました。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook