メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

「難聴と音楽」をテーマとした番組のご紹介

補聴器のことでお一つご紹介したい情報を入手しましたので、お知らせいたします。まず、お知らせの前置きとして一言、「イヤーサポーター」という名称のお話を。。。

当店では補聴器のことを「イヤーサポーター」と呼んでいます。難聴になっていても、「補聴器」を使うことに躊躇されている方はとても多くいらっしゃいますが、その原因の一つにネーミングもあるのではないかと以前から思っていました。そんな中、音楽家の宇崎竜童さんと知り合ったのが5年ほど前だったかと思います。無謀にも「補聴器のイメージを変えたいのですが、補聴器に変わる何かいい名前はないでしょうか…」と無茶なお願いをし、色々と考えていただいた後、「イヤーサポーター」という名称をいただきました。しかも、楽譜用の五線紙に筆でロゴもしたためていただきました。

宇崎竜童さんとは、ご自身の母校であり、総合プロデュースをされている明治大学の音楽祭「お茶の水JAZZ祭」に毎年協賛させていただくなど、今も親交があります。なぜ、イヤーサポーターや宇崎竜童さんのことをブログに書いているのかと言いますと、そんな宇崎さんが、「難聴」をテーマにしたテレビ番組に出演されることが分かったからです。本日18日(土)の夜です。

もしご自宅にいらっしゃれば、ぜひご視聴いただければと思います。30代からずっと難聴ととも生きてこられた宇崎さんのお話はきっと皆さんにも何かの参考になるかと思います。ちなみに、イヤーサポーターについてはこちらで写真付きでご紹介しています。

~以下、NHK ONLINE番組ホームページより抜粋~

  • 放送日時:3月18日(土)午後8時45分~9時 NHK Eテレ
  • 番組名:ろうを生きる 難聴を生きる
  • 今回の放送:僕の音楽は難聴とともに 宇崎竜童

歌詞が流行語になるほどのヒットをとばした宇崎竜童さん。妻の作詞家・阿木燿子さんとのコンビで数多くの歌手に楽曲を提供してきた。実は30代のころから両耳の難聴に悩んできた。テレビの生放送で司会者の質問が 聞き取れなかったり、俳優の仕事で相手のセリフが聞こえづらくなったりした。そのため、30代から補聴器を使い始めた。宇崎さんに難聴と長年つきあいながらも音楽とともに生きてきたその思いを聞く。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook