メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器には仕事の現役年数を延ばす役割がある

今日は補聴器のお話。本日応対したお客様のこと。

「補聴器を使っても、どうしても聞き取りにくい場面があり、仕事を引退するか悩んでいる。」とのお話を先日伺いました。お悩みが重大であったため、聴力の測定から見直し、様々な調整を行い、これぐらいで大丈夫という評価をしてから、お帰りいただきました。1週間経過して本日お会いしたところ、かなり改善されたとのこと。音を強くしたことで、ハウリングが起きやすくなってしまったことが分かり、音を下げずに音漏れを抑制する当店独自のフィッティング調整を実施。これで問題が解決するものと確信し、おかえりいただきました。Just earなどにも応用している技術です。

リタイヤされている方々もいらっしゃるご年齢ではあるものの、その道では第一線で活躍されておられる著名な方。もしかするとそんな方だからこそ、引き際をお考えになられたのかもしれません。このような場面に遭遇すると、ただ聞こえにくいということが、どれほど人生に影響を及ぼすのか、毎回考えさせられます。
おこがましく映るかもしれませんが、それらのお悩みに対して、自分の腕でどこまで救うことができるのかと、日々限界を設けず挑戦し続けています。使命感のある重要な仕事です。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook