メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

補聴器の電源について顧客と語り合う

補聴器は電池で動いています。基本的に使い捨ての電池を使用します。バッテリー内蔵タイプの補聴器もありますが、まだまだ少数派。本日、補聴器の音の調整を行っている最中に、補聴器は電源によって聞き取りにわずかな違いが起きることが分かりました。様々な角度から検証をした結果、確かに違うかも…という事実に行きついたのです。

マニアックなオーディオの世界に関わる前であったら「そんなことはない。」と思っていたかもしれない。でも今は、オーディオの電源は、乾電池が良い人、ソーラーが良い人、My電柱を建てる人…など、とてもこだわりのあるオーディオマニアがJust earの周りにはたくさんいらっしゃる。そんな方々と密に触れ合っているため、「確かにあり得る。」「難聴の補正がしにくくなるため作業は面倒になるけれど、ありえたら楽しいかもしれない。」とまで、思ってしまうようになってしまっている自分に気づきました。

困難なことに可能性を追い求める性分。ワークライフバランスを考えねばと思いながらも、根っからの探求心に火が付くテーマを見つけてしまい…、また研究課題が増えてしまいました。今夜も終電になってしまいそうです。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook