メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

立春の日に想うこと。

今日2月4日は立春。24節気の暦の上で、春が始まる日のこと。「春」繋がりで、東京ヒアリングケアセンターにまつわるお話を一つご紹介します。

東京ヒアリングケアセンターの会社名はヴァーナル・ブラザースといいます。4月に創業したことで、「春の~」という意味のあるVernalという社名にしました。創業当時、私は高校生。もう20年以上も前のことです。社名をどのような名前にしようか、大学生であった姉が、辞書をなめるようにめくり続け見つけた単語でした。「春に咲く」という意味がある…ということでふさわしい名前だねと、家族一同、満場一致で決まったように記憶しています。

春は色々な人の人生が一新する季節。桜も咲き、気温も暖かくなり始め、なんだかウキウキする季節です。「Vernal」の意味を20年ぶりに調べてみたら、「春を思わせる」「青春の」「若々しい」などポジティブワードが多々ありました。今まで、数々の試練を乗り越えて今に至っていますが、帰路に立たされた時、ファミリービジネスである特長を活かし、家族で一致団結し、色々なことに立ち返り、考えて、判断を下してきました。

正直、社名にまでは遡ったことはなかったのですが、「暖かく迎え入れる信頼できる場所を作ること」「新しいことに果敢に挑戦すること」「固執しない。変わるべき時はバッサリと変えること。」など、今振り返ってみると、どれも20年経った今でも続けている姿勢に繋がっていることに驚きました。まさに、「名は体を表す」…ですね。

今の東京ヒアリングケアセンターの在り方について、ある恩師から「この会社は必ず大きくなる。一歩出るだけでは叩かれてしまうから、2歩3歩と進みなさい。」というお言葉をいただいていました。

2017年、久々に大きく「2歩、3歩」進む気持ちでいます。当社にふさわしい「立春」に合わせて、漠然とではありますが、今年の所信表明のようなブログを綴ってみました。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook