メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

海外補聴器メーカー「フォナック」新製品発表会に参加しました

2013年新春モデルがスイスのイヤーサポーター(補聴器)メーカーのフォナック社から発表されました。発表会の模様をレポートいたします。

補聴器の展示
今回はスタンダードモデルからプレミアムモデルまで一斉に登場。イヤーサポーター(補聴器)の要のICチップが新しくなり、新機能も入りました。新機能は「風の中での会話」と「オートステレオズーム」の2点。風の中での会話はゴルフ場など、風通しの良い屋外での使用が想定できます。オートステレオズームとはイヤーサポーター(補聴器)を身に着けた方の正面を聞き取りやすくする機能のこと。騒がしい中での聞き取りが想定されます。

新製品補聴器の体験
体験コーナーでは、実際に参加者もヘッドフォンを付けて新製品の様々な効果を比較しました。

ナノ補聴器
サイズとデザインについては、昨夏に登場したnanoという超小型の耳あな型補聴器が更に小型化して登場しました。耳にかけるタイプの耳かけ型イヤーサポーター(補聴器)のデザインは全般に変更が加えられているものの、今までの流れを踏襲したデザインであることを感じました。

フォナック補聴器の今後のキービジュアル
今回は至る所にこのキービジュアルが登場。これは視覚に訴えるフォナック社の新しいアイデンティティ。この絵の中に、様々な機能の説明が表現されているのだそうです。ネガティブなイメージが無い明るいデザインに、共感を覚えました。

<あとがき>

補聴器発表会の資料一式
発表会では様々な資料をいただきましたが、基本的には従来の製品がベースのバージョンアップという印象があります。このため、お客様へのイヤーサポーター(補聴器)の音合わせや型合わせなど、一連の作業を違和感なくスムーズに行えます。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook