メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

「郡上おどりin青山」来年の参考に

郡上おどりin青山入口

2012年6月。今年も無事郡上おどりin青山が終了しました。今回からスタッフとして参加しましたが、色々な方々との交流があり楽しい2日間でした。来年の参考までに会場での遊び方をご紹介します。

郡上おどりは「見るおどりではなく、踊るおどり」。まずは、おどりを楽しむ装いを。

郡上おどり_浴衣とヘアメイクと下駄

まず来場されたら、浴衣を購入し、女性であればヘアメイクをいかがでしょうか。担当は外苑前の呉服「橘屋」さんと南青山のヘアメイク「ピュアアクア」さん。そして、郡上物産展にて扇子や下駄を購入したら準備完了。ちなみに下駄は裏にゴムが張っていないタイプがお薦め。下駄を鳴らしておどる時にゴムがあると雰囲気が出ませんので…(体験談)。

郡上おどり_踊り風景

おどりが始まる前には講習会があります。本番でおどりがうまい方には、あるタイミングで郡上おどりの免許状が進呈されます。簡単に覚えられますので是非ご参加を。疲れたら休憩スペースをご利用ください。青いTシャツの後ろ姿は私です。ゴミの片付中でした。

郡上おどり_ドリンクと焼きそば

のどが乾いたらお酒やソフトドリンクをどうぞ。商店街のお子さんたちもお手伝いに参加。この子たちはこういうところから自然と接客方法を学んでいくんだろうなぁと感じました。おなかが空いたら、秋田のB級グルメ「横田焼きそば」や郡上のフランクフルトがおいしいです。

郡上おどり_ハムと物産展

少量生産のハムで郡上八幡限定だそうです。物産展には駄菓子から日本酒など様々なものがあります。お土産にもいかがでしょうか。

小耳にはさんだ情報では来場者は過去最大の8,000人近くだったとか。
単なる街のお祭りではなく、日本の文化を発信する立派な社会貢献イベントですね。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook