メニュー
お問い合わせ
お問い合わせ

リサウンド 補聴器新製品発表会。シンプルなモデル。

リサウンド・ベア発表会

※写真左:上段がリサウンド・ベア、下段がリサウンド・アレラ
※写真右:リサウンド社の補聴器の比較表

昨日、ジーエヌリサウンドジャパン株式会社による新製品「リサウンド・ベア発表会」に参加いたしました。今回の補聴器は価格と性能を抑えたモデル。上位モデルのリサウンド・アレラに用意されている小型の耳かけ型(RIE)や小型耳あな型の設定は無く、シンプルなラインアップ。

後半はリサウンド社の製品を使用した症例報告と、外部講師による特別セミナーを聴講。講師は博報堂 エルダーナレッジ開発 新しい大人文化研究所 前所長の阪本節郎氏。

人生の捉え方が昔と今では異なるとのこと。昔は人生50年の時代。従って残りの人生は「余生」。しかし、今の50代には一花咲かせようという思いが強く「これから」という人生概念がある。これは有史始まって以来のことであり、団塊世代に向けたサービスが存在しない理由もこれに当てはまるというもの。今の50代は「成熟」ではなく、「センス」を喜びとする時代とのことでした。

<あとがき>
新製品の対象顧客は上位モデルのリサウンド・アレラとは異なることが、展示を撮影した左の写真からも、うかがえました。後半の阪本氏の講演を聞きながら感じたことは、どれも当店で理解して実際に活動していることということ。当店の行動指針に間違いが無いことを確認でき良かったと思いました。

    

イヤーサポーター・テイラーメイドイヤホン・Just ear共通 お問い合わせはこちら
twitter facebook